「ITRAナショナルリーグ」が来年スタート、各国のローカルイベントを盛り上げる新しい試み

UTMBに対するアンチテーゼなのかも。

国際トレイルランニング協会(ITRA)は2023年1月から、世界の各国・各地域について、その地で開催されるトレイルランニングレースの結果に基づく年間ランキングとなる「ITRAナショナルリーグ」(ITRA National League)を開始することを発表しました。対象となるレースはITRAのポイントが認められているレース全て。当該国の対象レースを完走した記録が3回以上あれば、国籍を問わずその選手はランキングの対象となります。

link


ITRAのプレスリリースでは新たに立ち上げる「ITRAナショナルリーグ」の目的として、ローカルレースを支援し、それぞれの国や地域のトレイルランニングを盛り上げることに加えて、「自然環境を保護すること」を挙げています。危機に瀕する自然環境を守りながらトレイルランニングを楽しむためには、トレイルランニングを楽しむことで生じる二酸化炭素排出量を減らす行動を起こす必要がある、としています。

飛行機に乗って遠く海外のトレイルランニングイベントに参加することを減らして、地元のローカルなイベントで走ろう。ITRAの会員となっているポイントを認められているレースをそれぞれの国ごとに繋げよう。誰もが参加できる健全な競争を設けることで、各地のローカルイベントを支援しよう。そうした目的がITRAのプレスリリースには綴られています。

「ITRAナショナルリーグ」のランキングは各国ごとのナショナルランキングと各国ごとの年代別カテゴリーから構成されます。ランキングの対象となるのはその国の対象レース(ITRAポイントが認められるレース)を3回以上完走した全ての人で国籍などは問いません。それぞれのレースの完走タイムについてITRAが算出する「ITRAスコア」(パフォーマンスインデックスの素となる各レース毎のスコア)を加算して、その数字の大小で順位をつけることになります完走の記録が3つ以上ある場合は最も好成績の三つが集計の対象となります。

「ITRAナショナルリーグ」の初年度は来年2023年1月1日にスタートして12月31日に終了。この1年間のレースの結果に基づいて、ランキングの結果は決まります。

ITRAナショナルリーグの詳細についてはITRAのウェブサイトで見ることができます。

Sponsored link