DC Weekly 2023年3月13日 Pierra Menta、神宮外苑、小江戸大江戸、球磨川、蔵王スカイスノー、大山登山マラソン

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

(写真・Pierra Mentaに参加した日本の選手の皆さん。 by Pierra Menta)

Sponsored link


【お知らせ】ポッドキャスト「Run the World, by DogsorCaravan」はAnchor.fmで公開し、Apple PodcastやSpotifyなどの各種プラットフォームで配信しています。ポッドキャストへのメッセージ、感想、リクエストをお待ちしています。エピソードやウェブサイトの中でご紹介します。投稿フォームはこちらのライブ配信イベントの予定はGoogleカレンダーで公開しています。登録すると見逃しを防げます。

先週末開催のイベント

3月8日水曜日 – 11日土曜日

Pierra Menta

フランス・ボーフォールで毎年開催されるスキーマウンテニアリング(スキーモー)の伝統ある人気大会。二人一組のチームが参加する4日間のステージレースですが、今年は3日目のレースが荒天のために中止に。4日目のレースもコースを短縮しての開催となりました。天候のためにレースが中止となったのは大会史上初めてのことです。3つのステージを通したリザルトは男子および混合チームではミケーレ・ボスカッチ Michele BOSCACCIダビデ・マニーニ Davide Magnini(ともにイタリア)が優勝。女子チームはアクセレ・モラーレ Axelles MOLLARETエミリー・アロ Emily HARROP(ともにフランス)が優勝。モラーレは前週にスペイン・カタルーニャで開催されたISMFスキーマウンテニアリング世界選手権のインディビデュアルに続いての優勝となりました。日本から参加したチームは藤川健松澤幸靖が男子および混合で129位、遠藤健太松本良輔が同147位、星野和昭上田絢加が177位でした。リザルト速報はこちら

Pierra Mentaに参加した上田絢加(右)と星野和昭。Photo by Kazuaki Hoshino

Pierra Mentaに参加した上田絢加(右)と星野和昭。Photo by Kazuaki Hoshino

3月11日土曜日 – 12日日曜日

神宮外苑ウルトラマラソン(12h, 24h)

東京・神宮外苑の周回コースで開催されました。女子のレースは兼松藍子が247.070 kmの好記録で優勝。昨年記録した自己ベスト(245.678km、台湾・東呉大学ウルトラ)を更新しています。楠瀬祐子が221.131kmで2位、廣瀬志保が217.802kmで3位でした。男子は石川佳彦が258.602 kmで優勝、小野喜之が254.690 kmで2位、曽宮道が253.009kmで3位でした。今年12月2日に台北で開催予定のIAU24時間走世界選手権の代表選考レースとなっており、今回の結果により兼松、石川、小野は代表内定となっています。上位選手のリザルトはJUAのウェブサイトに掲載されています。

小江戸大江戸200k

埼玉県川越市の蓮馨(れんけい)寺をメイン会場にして開催される人気のロードのウルトラマラソン。約400人がエントリーした200km(リザルト速報)は吉村克(23時間14分)、伊藤理恵子(26時間36分)がそれぞれ男女トップで完走。このほか、230km(リザルト速報)は水野倫太郎(27時間4分)と中野渡早苗(34時間54分)、90km (リザルト速報)は越井大志(8時間18分)と堤智美(9時間12分)、115km (リザルト速報)のナイトランは河崎鷹丸(11時間9分)と秦智子(12時間59分)がそれぞれ男女の優勝者になっています。6人が完走した260km (リザルト速報)は男性のみの参加で吉田幸徳が29時間53分でチャンピオンとなっています。

これも読む
DC Weekly 2022年5月30日 Zegama-Aizkorri、Mt. Awa Skyrace、Madeira Skyrace、たかやしろ

球磨川リバイバルトレイル(167km, 102km)

熊本県の八代市・五木村・山江村・水上村。昨年に続いて2回目の開催でした。167kmの球磨川コースの男性では判田誠太 Seita HANDAが24時間53分で優勝。昨年秋のOSJ KAMI 100優勝、広島湾岸トレイル 108kmに続く優勝で、100マイルは初めての挑戦でした。2位には三浦裕一 Yuichi MIURA(26時間16分)、3位に前田皓大 Akihiro MAEDA(26時間21分)という結果に。女性は尾藤朋美 Tomomi BITOHが32時間25分で優勝、矢野淳子 Junko YANOが34時間1分、井筒智子 Tomoko IZUTSUが36時間9分でトップ3に入りました。102kmの川辺川コースは女性のレースで松尾和美 Kazumi MATSUO(17時間46分)、隈美千子 Michiko KUMA(19時間38分)、松本由衣 Yui MATSUMOTO(20時間3分)がトップ3。男性は西村広和 Hirokazu NISHIMURAが12時間8分で首位、2位にこと Hiroki KAIが12時間50分、土井陵 が13時間40分で3位でした。リザルトはこちら(167km, 102km

Trail du Ventoux (72k, 46k, 29k, 15k)

フランス南部のベドアンを拠点にバントゥー山で開催される大会でフランスのGolden Trail National Seriesの開幕戦でした。46kmのレースではアンドレア・ロタ Andrea Rota (ITA)が3時間48分で男子優勝。50秒差でテイボー・ガリビエ Thibaut Garrivierが2位。女子はオードレー・タンギー Audrey Tanguyが4時間25分で優勝、カミーユ・ブリュイアス Camille Bruyasが2分半の差で続いて2位でした。リザルトはこちら(公開され次第リンクします。)。

3月11日土曜日

神戸六甲縦走トレイルラン(38k)

神戸市。須磨浦公園から六甲全山縦走路で六甲山山頂へ向かい、有馬温泉でフィニッシュするコースで開催されます。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

蔵王スカイレース・SKYSNOW(3k, 9k)

山形市・蔵王温泉で開催された「スカイスノー」競技の大会。エリート9kmのレースがスカイスノー・ジャパンシリーズの第二戦でした。男子では上田瑠偉 Ruy UEDAが参戦して57分46秒で優勝。昨年のスカイスノー・ジャパンシリーズチャンピオンの小幡利春 Toshiharu OBATAが1時間2分31秒で準優勝、3位は宮川朋史 Tomofumi MIYAGAWAで1時間2分48秒。女子では齋藤磨美 Mami SAITOが1時間25分で優勝、小幡莉子 Riko OBATAが1時間43分、櫻本恵津子 Etsuko SAKURAMOTOが1時間48分で続きました。リザルトはこちら。スカイスノージャパンシリーズは今週末の3月18日のスカイスノー鬼首雪山登山競走へと続きます。

スカイスノー競技に初参戦となった上田瑠偉。Photo ©菅松敏紀

3月12日日曜日

茨城100kウルトラマラソンin鹿行

茨城県行方市北浦公民館をメイン会場に北浦湖畔のコースで行われるロードの100kmウルトラマラソン。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

これも読む
広島湾岸TRAILRUNは2024年3月23-24日開催、都市に隣接する109kmのトレイルランレース

南房総花嫁街道トレイルラン(23km, 14km)

南房総市和田浦。2019年の台風被害から地元の皆さんにより復活したハイキングコースを使って3回目の開催です。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

大山登山マラソン(9k)

神奈川県伊勢原市。大山阿夫利神社下社までの標高差650m、約9kmのコースで行われる人気イベントは4年ぶりの開催。男子では昨年のITJで4位となるなどトレイルランニングでの活躍が注目される田村健人が42分2秒でトップでフィニッシュ。女子では鮒子田麻衣が51分14秒で首位に。リザルトはこちら

トレイルランナーズカップ奈良(8.38k, 4.19k)

奈良公園(奈良市)で開催。8kmロングは島田拓弥 Takuya SHIMADA(32分7秒)と福本真生 Mai FUKUMOTO(37分45秒)、ショート4kmは島田拓弥(15分47秒)と杤尾佳穂 Kaho TOCHIO(18分52秒)がそれぞれ男女のレースで優勝。リザルトはこちら

Heckscher State Park 50K / 25K

アメリカ・ニューヨーク州のロングアイランドで開催。5kmの周回レースで行われる50kmのレースは例年通りUSATFの50km走ロード全米選手権でした。女子はアンドレア・ポマランスキ Andrea Pomaranskiが3時間7分48秒で優勝。男子はカーリン・カロラウス・カーン Kallin Carolous Khanが2時間52分47秒でレースを制しました。リザルトはこちら

今週末開催のイベント

3月18日土曜日 – 19日日曜日

六甲縦走キャノンボールラン(112k, 56k)

神戸市。須磨浦公園から宝塚まで六甲全山縦走路を往復(または片道)するコースで「いったい誰が一番速いのか?」を決めるイベント。例年3月と10月に開催されています。

Northburn 100 Ultra Mountain Run (100m, 100k, 50k, 42k, 21k, 10k, 5k)

ニュージーランド南島・クロムウェルで開催。昨年の大会では開催されなかった100マイルと100kmのレースが今年は復活します。

Championnat de France de Trail (68km, 29km)

今年のフランス陸連によるトレイルランニング全仏選手権は南仏のモンペリエ近郊の中央高地で行われる大会「Trail de la Cité de Pierres」の中で開催。68kmと29kmのレースが全仏選手権となります。

3月18日土曜日

Eco Trail Paris (80km, 45km, 30km, 18km, 10km)

フランス・パリの公園や森をつなぐコースで開催。80kmから10kmのトレイルランニングのほか、ノルディックウォーキングのイベントも開催される大規模な都市型イベントです。

3月19日日曜日

西米良スカイトレイル(38k)

宮崎県の西米良村。熊本県との県境となる市房山まで駆け上がるコース。3年ぶりの開催が昨年秋に予定されていましたが、台風による被害のため開催が延期されていました。3年半ぶりの開催となります。

これも読む
DC Weekly 2022年9月21日 信越五岳、ソロキンが24時間走で世界新、Pikes Peak Ascent / 新城スパルタントレイル上位を4月のアルゼンチンのシリーズ戦に招待

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link