DC Weekly 2023年5月22日 彩の国、白馬五竜ナイトバーティカル 、経ヶ岳、柴又100K、Trail Alsace Grand Est by UTMB

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

(Photos by Trail Alsace Grand Est by UTMB)

Sponsored link


【お知らせ】犬猫通信 by DogsorCaravanは当サイト・DogsorCaravanのファンクラブ通信。メールアドレスを登録していただければニュースレター形式で週に数回くらい当サイト編集人・岩佐が書く記事が届きます。過去の記事もSubstackのウェブサイトやアプリで読むことができます。
【お知らせ】ポッドキャスト「Run the World, by DogsorCaravan」はAnchor.fmで公開し、Apple PodcastやSpotifyなどの各種プラットフォームで配信しています。ポッドキャストへのメッセージ、感想、リクエストをお待ちしています。エピソードやウェブサイトの中でご紹介します。投稿フォームはこちら。DogsorCaravanのライブ配信イベントの予定はGoogleカレンダーで公開しています。登録すると見逃しを防げます。

ニュース

12時間走で女子の世界新記録が生まれる

iRunFarによれば、12時間走の世界新記録が生まれました。5月20日にフィンランドで行われたウルトラランニングのイベントにおいて、サトゥ・リピアイネン Satu Lipiäinen (FIN) が12時間走で153.600 km (95.443マイル)を記録。今年1月にドミニカ・ステルマック Dominika Stelmach (POL) が記録した152.633 km (94.841 マイル) を1kmあまり上回りました。リピアイネンは27歳で、昨年のIAU 100km 世界選手権(ベルナウ)では7:15:35で5位となった経験を持っています。

先週末開催のイベント

5月18日木曜日 – 21日日曜日

Trail Alsace Grand Est by UTMB (175km, 109km, 50km, 34km)

フランス北東部のアルザス地方でUTMBワールドシリーズのシリーズ戦として新たに開催されました。100マイルのレースでは女子はマイテ・マイオラ Maite Maiora Elizondo (ESP) が総合6位となる20時間20分35秒で優勝、男子はファブリス・ファウザー Fabrice FAUSER (SUI)が17時間53分44秒でレースを制しました。109km、50kmのリザルトなど詳細はDogsorCaravanの記事で紹介しています。リザルトはこちらUTMBワールドシリーズのシリーズ戦は来週5月26-28日の南アフリカで開催のMountain Ultra Trail by UTMBへと続きます。

5月19日金曜日

Volvic-Volcanic Experience (224k, 110k, 80k, 43k, 25k, 15k)

フランス・ピュイ=ド=ドーム県ヴォルビック。110kmソロではヤニック・ノエル Yannick NOELが9:20、マノン・カンパーノ Manon CAMPANOが11:52で男女それぞれのレースで優勝しました。80kmはアレクサンドル・ソウシャール Alexandre SOUCHARD (7:18) 、アナイス・ダシェ Anais DACHET (8:33)、43kmはレオ・デビュ Leo DEBIEU (3:56)、ステファニー・マニボ Stephanie MANIVOZ (4:29)が男子、女子でそれぞれ優勝。 リザルトはこちら

これも読む
DC Weekly 2023年2月27日 Transgrancanaria、Oxfam Trail Walker Hong Kong、Nedbank Runified 50km

5月20日土曜日

白馬五竜ナイトバーティカル(2.8km / 850mD+)

長野県白馬村で開催。土曜日の夜に2.8km、標高差850mのスキーゲレンデを駆け上るレースが行われました。男子は宮川朋史が優勝、小幡利春が2位、乾碩が3位。女子は小林華蓮が優勝、山田柚野が2位、齋藤磨実が3位となりました。V GAMES JAPANの第二戦、スカイランニング中日本選手権でした。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

トレニックワールド 100mile & 110km in 彩の国

埼玉県越生町など。ニューサンピア埼玉おごせを拠点に奥武蔵、秩父のトレイルをコースとする大会。100マイルでは小原将寿がリードし、後半では順位を落とす場面もありましたが、23:55で優勝。2位には23分半の差で西方勇人が24:18で続き、荒川純が25:31で3位でした。女子のトップは度々入れ替わり、内山みちこが31:30で優勝、澤田由紀子(32:10)が2位、針谷香苗(32:25)が3位に。三人のチームによる駅伝は小林大輝、長尾暁人、萩原久也の「ブロリー練」が23時間10分で優勝。女子選手のみのチームでは久保りりこ、山田友香里、北村三奈のチームが27時間52分で駅伝の部の総合5位でした。【男子のタイムの誤記を修正し、女子の部と駅伝の部の結果を追記しました。2023.05.22】

100kmは岩井竜太(16:08)、松川直人(16:37)、桜井勇太(17:30)が男子トップ3、市村浩美(19:01)、安藤智美(19:45)、神谷友佳(20:42)が女子トップ3という結果でした。リザルト速報はこちら(100マイル100km)。

経ヶ岳バーティカルリミット (21km, 12km)

長野県南箕輪村。中央アルプスの一角をなす経ヶ岳の山頂まで往復するコースでレースが行われます。女子のレースは総合6位となる2:53で吉住友里が圧勝。池上悠希が3:05で続いて2位。山田恵里が3:27で3位に。男子は2:24で藤飛翔が優勝し、菊嶋啓が2:30で2位、筒井崇文が2:40で3位でした。12kmのレースは陣在ほのか(1:25)、宮原徹(57分44秒)が女子、男子のレースで勝ちました。リザルトはこちら

Kobo Trail(55.7k/43.2k)

奈良県の金峯山寺と金剛峯寺を繋ぐ55.7kmの「弘法大師の道」で行われるトレイルランニング・イベント。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

Bryce Canyon Ultra (50m, 60k, 50k, 30k)

アメリカ・ユタ州で開催の100マイルなどのレース。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

Eco Trail Oslo (80k, 50k, 31k, 21k, 10k)

ノルウェー・オスロで開催の都市型トレイルランニングレース。80kmではエリック・ソリエン Erik Sollien (NOR) が6:58、ソフィア・ホルムガード Sofia Holmgård (SWE) が8:08で今年の男女それぞれの勝者となりました。リザルトはこちら

これも読む
DC Weekly 2022年4月11日 奥三河、ダイトレ、白馬八方尾根、Istria、Patagonia Run

Massanutten 100

アメリカ・バージニア州で開催の100マイルトレイルレース。男子は18:04でハンター・シュラー Hunter Shuler、女子は23:50でレイチェル・コリガン Rachel Corriganが優勝という結果でした。リザルトはこちら

North Downs Way 50m

イギリス・イングランドのロンドン南郊で開催される50マイルのトレイルランニングレース。男子はホセ・ロドリゲス Jose Rodrigues (ESP) が6:33、女子はケイティ・グリニヤー Katie Grinyerが8:35でした。リザルトはこちら

5月21日日曜日

RedBull 400

札幌市の大倉山ジャンプ競技場で開催されるラージヒルを駆け上る距離400mのレース。リザルトはこちら

柴又100K

東京・柴又公園を会場に、江戸川河川敷をコースとする100kmのウルトラマラソン。岡山春紀が男子優勝、6時間23分16秒を記録しました。男子選手では山口純平、福田穣と2022年100km世界選手権5位のギヨーム・ルエル Guillaum RUEL (FRA) はDNF。4選手は40kmを2時間22分で集団でリードしましたが、後半に入るとペースダウンする展開でした。HOKAによる「100km世界記録チャレンジ」がこの大会の中で行われましたが、世界記録の更新は今後に持ち越しとなりました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

星の郷八ヶ岳野辺山高原 100kmウルトラマラソン(100k / 71k / 42k)

長野県・野辺山を会場に開催されるロードのウルトラマラソンでコースのアップダウンが大きいコースで有名です。100kmでは安田亮(8:15)、清宮由香里(8:48)が今年の男女のチャンピオンとなりました。リザルトはこちら

鯖街道ウルトラマラソン (77km, 43km)

小浜市から京都市内へと続く鯖街道を辿る77kmのウルトラマラソン大会で、途中でトレイルの区間も挟むコースで開催。合わせてコース後半部の43kmのレースも開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

宮崎鏡洲の森トレイル(26k, 13k)

宮崎市鏡洲の宮崎自然休養林で開催。26kmのロングと13kmのショートの二つのレースが行われます。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

今週末開催のイベント

5月26日金曜日 – 28日日曜日

Tokyo Grand Trail (160km)

東京・奥多摩エリアで開催される100マイルのトレイルランニングレースで、昨年のプレ大会を経て今回が初開催となります。奥多摩と高尾エリアをつないでぐるりと回るコースとなっています。

5月26日金曜日 – 28日日曜日

Mountain Ultra Trail by UTMB (100m, 100k, 60k, 42k, 25k, 9.5k)

南アフリカ・西ケープ州のジョージ Georgeを拠点に開催されるUTMBワールドシリーズのシリーズ戦。アフリカ大陸で初のシリーズ戦の開催です。

MaXi-Race du lac d’Annecy (45km, 41km, 16km, 4.6km), International U18 Mountain Running Cup

フランス・アヌシーで開催されるトレイルランニングのビッグイベントです。41kmのレースはフランスのGolden Trail National Seriesの大会。女性を参加者とする16kmのレースが開催されます。またこの大会の中でU18マウンテンランニング世界選手権が開催されます。この世界選手権は4.6km、230mD+のコースで行われます。

これも読む
DC Weekly 2021年11月8日 KAMI100、Kullamannen、Trans Jeju、Moab Trail Marathon、甲州アルプス、四国中央

5月27日土曜日 – 28日日曜日

ステージレース三陸 SRS100

東日本大震災から復興を遂げつつある三陸地方を走って体感するというステージレース形式のランニングイベント。プレイベントを経て、今回が第一回大会となります。岩手県から宮城県にまたがる311kmをつなぐことを目標としていますが、今回は浄土ヶ浜(岩手県宮古市)から根浜シーサイド(岩手県釜石市)の110kmをコースとし、途中の陸中海岸青少年の家(山田町)を区切りに初日の65kmと二日目の35kmの二日間にわたる大会となります。

ホサカ24耐 Hosaka 24-hour EnduranceRun

山梨県韮崎市の穂坂自然公園にある5kmの常設トレイルランニングコースで開催されるイベント。制限時間24時間で周回数を競います。ソロの他、チームで参加するリレーも行われます。

たかやしろトレイルランニングレース(12k, VK)

長野県の木島平スキー場。土曜日のバーティカルキロメーターが5km 880mD+のコースで、日曜日のたかやしろトレイルは12km 1200mD+のコースで行われ、この他1.5kmや3kmのキッズレースも予定されています。

5月27日土曜日

Transylvania 100k (100k, 50k, 30k, 20k)

ルーマニアで開催。「ドラキュラ」に登場する城のモデルとされるブラン城をスタート・フィニッシュとするコースで行われます。

5月28日日曜日

カムイの杜トレイルラン(43k, 23k, 10k, 5k)

北海道旭川市神居富沢で開催。43kmなど4つのレースが開催されます。

OSJ奥久慈トレイルレース(50k, 30k)

茨城県常陸太田市、大子町など。今年はコースが例年から変更されており、常陸太田市の竜神大吊橋と袋田を経て月待の滝(大子町)を往復するループで開催されます。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link