マウンテン・クラシックの金メダルはウガンダとアメリカが獲得、レナード・チェムタイとグレイソン・マーフィが世界チャンピオンに【WMTRC世界選手権・インスブルック、ステューバイ】

2023年のマウンテンランニング・トレイルランニング世界選手権(WMTRC)はインスブルックで最終日を迎え、7,5kmの周回コースで「マウンテン・クラシック」競技が行われました。2周する15kmのシニア部門ではウガンダのレナード・チェムタイとアメリカのグレイソン・マーフィが優勝。1周のジュニア部門では、若いイギリスのランナー、レベッカ・フラハティとウガンダのジェームズ・キルワが見事なパフォーマンスをでそれぞれ女子、男子の金メダルを獲得しました。

(写真・マウンテンクラシックで金メダル獲得のレナード・チェムタイ Leonard Chemutai<UGA>)

Sponsored link


Photo credit: © WMTRC 2023 / roast media

この過酷な7.5kmのサーキットコースは、チロル州立劇場前に設けられたスタートゲートから始まり、地獄とも称される「ホェル」の急勾配のトレイルを経て、グラマートボーデンへ上り、旧市街を下ってゴールラインに至ります。

「本日の山岳クラシックにより、この世界選手権は見事な幕を閉じました。」と、チロル州観光局のマネージングディレクター、カリン・ザイラーは述べています。「この『ホェル』を通過する難しいルートは、アスリートたちに全てを要求しました。全ての参加者、特に勝者たちに、本当に素晴らしい成果をお祝い申し上げます。」

15キロメートルの男子山岳クラシックでは、チェムタイがケニアのオンボゴ・キリアゴ・フィレモンと予想外にもドイツのフィリモン・アブラハムを抑え、勝利を収めました。

初めの戦略ミスからウガンダのアイザック・キスベットが出遅れた後、ウガンダ、ケニア、ドイツの間で激しい三つ巴の戦いが繰り広げられました。初めの下り坂でドイツのランナー、アブラハムが先頭に立ちましたが、やがてフィレモンに追い越されました。アブラハムは最初は頑張りましたが、やがて

2位のフィレモンに敗北を認め、その後チェムタイにも追い越されました。これによりアフリカ対決となったタイトル争いは、最終的にチェムタイが見事に勝利しました。

ドイツのフィリモン・アブラハムは一時は大会の驚きとなる存在でしたが、最終的にはアフリカ勢に遅れをとりました。しかし銅メダルを獲得し、バーティカルの世界チャンピオンとなったばかりのパトリック・キプネゲノなどを抑える結果となりました。

女子では、昨年のケガから見事に復活したグレイソン・マーフィ(USA)が、シニアのマウンテンクラシックの世界チャンピオンのタイトルを獲得しました。マーフィーはトーヴェ・アレクサンダーソン(SWE)とジョイス・ムトニ(KEN)を抑えての優勝でした。

金メダルを獲得したグレイソン・マーフィー(USA)Photo credit: © WMTRC 2023 / roast media

金メダルを獲得したグレイソン・マーフィー(USA)Photo credit: © WMTRC 2023 / roast media

マーフィは「この金メダルは特別なものです。怪我からの回復期間中に自分の身体をしっかりと聞くことができたことを誇りに思います。ルート沿いで応援してくれた全ての人々に感謝します。とても励みになりました!」と喜びを語りました。

女子のレースでは、最初の7.5キロメートルのラップで一貫してリードしていたトーヴェ・アレクサンダーソンが、旧市街からオルベルクへの急な登りで力尽き、マーフィが先頭に立ち勝利を収めました。

アレクサンダーソンは最後まで全力を尽くし、2位でフィニッシュ。ゴールラインを2歩過ぎたところで倒れ込むタフなフィニッシュでした。3番手を走ったウガンダのアネット・チェランガットは最終的に11位で終わりました。代わって3位となったのはジョイス・ムトニ(KEN)が獲得し、彼女の後には同国のバレンタイン・ルットとドイツのドメニカ・マイヤーが続きました。

今年の夏のスポーツのビッグイベントとなったWMTRC世界選手権インスブルック・シュタバイは、6月6日から10日まで開催され、68カ国から1,300人のアスリートが参加しました。バーティカル、トレイルショート、トレイルロング、マウンテンクラシックの4競技で世界チャンピオンのタイトルを争いました。

次のWMTRC世界選手権は2025年年9月25日から28日にスペインのカンフラン=ピリネオス Canfranc-Pirineosで開催されます

Male Senior

  1. Leonard CHEMUTAI (UGA) 56:14
  2. Ombogo KIRIAGO PHILEMON (KEN)  56:22
  3. Filimon ABRAHAM (GER) 56:27
  4. Eliud CHEROP (UGA) 57:26
  5. Patrick KIPNGENO (KEN) 57:27

Female Senior

  1. Grayson MURPHY (USA) 1:04:29
  2. Tove ALEXANDERSSON (SWE) 1:05:26
  3. Joyce MUTHONI (KEN) 1:06:40
  4. Valentine Jepkoech RUTTO (KEN) 1:06:56
  5. Domenika MAYER (GER) 1:07:09

Female Junior

  1. Rebecca FLAHERTY (GBR) 33:20
  2. Ines HERAULT (ESP) 33:27
  3. Lucia ARNOLDO (ITA) 33:42

Male Junior

  1. James KIRWA (UGA) 27:37
  2. Hosea CHEMUTAI (UGA) 27:43
  3. Matthieu BÜHRER (SUI) 27:52
これも読む
On「Cloudeclipse」は極厚ミッドソールのクッション性と滑らかなライド感が魅力、11月2日発売

マウンテンクラシックのリザルトはこちら

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link