Eiger Ultra Trail by UTMB:アイガーの壮大な景色と厳しい挑戦が待つ究極のトレイルランニングイベント

【編者より・週末に開催されるUTMB World Seriesの大会について、プレスリリースの情報を元にお伝えします。】

世界的に有名な山岳アクティビティの村、スイスのグリンデルワルトと壮大なアイガー北壁が7月12-16日に開催されるEiger Ultra Trail by UTMBに参加する4,000人以上のランナーを迎えます。この大会はUTMBワールドシリーズの中で最も過酷、最も壮観なレースの一つであり、エリートからアマチュアまで多くのランナーがスイスアルプスでのトレイルランニングの挑戦を待ち望んでいます。

Sponsored link


メインレースのE101の優勝候補は?エミリーとキリアンは50kmと20kmに参加

大会のメインレースと位置付けられるのは距離101km、累積6,700mD+の「E101」。山岳での厳しい一日を求めるエリートランナーたちを引きつけるレースです。

女子では昨年のこのレースのチャンピオンであるカテリーナ・ハートムート Katherina HARTMUTH (GER) のタイトル防衛に期待がかかります。2週前のTrail 100 Andorra by UTMBで準優勝したばかりのカトリン・ゲッツ Kathrin GOETZ (SUI) もこのレースにエントリーしています。昨年のふくらはぎの肉離れによるこのレースでのリタイアを経験しています。

一方、男子ではハンス・ナンバーガー Hannes NAMBERGER (GER) が有力候補と目されています。優勝争いに加わる選手にはラモン・マネッシュ Ramon MANETSCH (SUI) 、ジョシュ・ウェイド Josh WADE (GBR) が注目されます。

51km 3,100mD+の「E51」はパノラマトレイルとも呼ばれ、ランナーたちはユネスコ世界自然遺産であるユングフラウ – アレッチ(アルプス最長の氷河)を含む息をのむような景色を楽しむことができます。ただし、その美しい景色を得るためには、標高2,680mのファウルホルンへの厳しい登りが待っています。

女子のレースはユリア・ケッセラー Julia KESSLER (ITA) 、エレノア・デイビス Eleanor DAVIS (GBR) 、ルース・クロフト Ruth CROFT (NZL) 、エミリー・フォシュベリ Emelie FORSBERG (SWE)がエントリー。男子では昨年のUTMB 3位のアンドレアス・ライテラー Andreas REITERER (ITA) が優勝候補の一角となります。6月のWMTRC世界選手権では銀メダルとなる一方、Lavaredo Ultra-TrailではDNFでした。そこに昨年のCCC優勝のペーター・エングダール Petter ENGDAHL (SWE) やマルタン・アンタマッテン Martin ANTHAMATTEN (SUI) 、ダニエル・オサンス Daniel OSANZ (ESP) が加わるレースとなりそうです。

このほかのレースでは、キリアン・ジョルネ Kilian JORNET (ESP)はが16km 960mD+の「E16」に参加する予定です。

全ての完走者には、アイガーの石灰岩のメダルとUTMBワールドシリーズファイナルの抽選にエントリーするためのランニングストーンが贈られます。

これも読む
【TOAD8】TANNUKI・出展社に見どころを聞く

ハンス・ナンバーガー Hannes NAMBERGER (GER)は、「アイガー・ウルトラトレイルは長い間、私が走りたいと考えていたレースで今年ついに参加することができます。私はこれまでにグリンデルワルトを訪れたことがないので、アイガー北壁を眺めるコースを進むのを本当に楽しみにしています。100kmのコースでこれほどの標高差と高度差があるレースは難しいですが、この挑戦を楽しみにしています」と語っています。

エリートランナーからアマチュアランナーまで、全てのランナーがフィニッシュラインを目指します。この壮大な山岳風景、素朴な谷間、そしてアイガーの壮大な北壁を特徴とするレースは、参加者にとって忘れられないものとなるでしょう。

レースの開催中はライブトラッキングでレースの進行を追うことができるほか、ライブ配信も行われる予定です。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link