トランスグランカナリア The North Face Transgrancanaria 2024 プレビュー

2月21日水曜日から25日日曜日の日程で、スペイン・カナリア諸島のグランカナリア島でトランスグランカナリア The North Face Transgrancanariaが開催されます。大陸側はまだ冬のヨーロッパでトレイルランニングのシーズン入りを告げるイベントとして毎年注目される大会です。今年はWorld Trail Majorsに加わり、世界を繋ぐトレイルランニングイベントのネットワークの中で開催されることになります。

まだ雪に覆われているエリアの多い欧州におけるトレイルランニングの開幕戦ともいえる大会です。当サイトでは2017年、2018年に続いて6年ぶりにこの大会を現地で取材し、レポートをDogsorCaravanでお送りする予定です。

Sponsored link


メインイベントといえる126kmの「Classic」のレースはライブ配信が予定されています。スタートの模様が23日金曜日23時30分(日本時間24日土曜日午前8時30分)から、明るくなってからのレースの模様が24日土曜日午前7時(日本時間同日16時)から大会公式YouTubeチャンネルで配信されます。

(Photo © @The Adventure Backery / World Trail Majors)

欧州における春のビッグイベント

カナリア諸島はアフリカ大陸北西部から約100kmの大西洋上にあるスペイン領の7つの島からなり、今日では温暖な保養地、観光地としてヨーロッパからの観光客で賑わうことで知られています。その中ほどにあるのがグランカナリア島。中央部に標高1949mの最高峰(ピコ・デ・ラス・ニエベス Pico de las Nieves)や1813mのヌブロ岩 Roque Nubloがあり、その島の北部は比較的気温が低くて雨が多いために樹林帯が広がる一方、南部は日差しに恵まれて乾燥した大地が広がり海岸部には砂丘が広がります。

トランスグランカナリアは2003年から開催されている欧州における春のトレイルランニングのビッグイベントです。当サイトではこの大会が生まれるまでのストーリーを紹介する記事を2014年に掲載しています。

Transgrancanaria-logo

[DC] トランスグランカナリア・ある島のレースの歩み/Transgrancanariaは3月1日開催

2014.02.07

この大会の創設から続くレースである「Classic」のコースはグランカナリア島の最大都市であるラス・パルマス・デ・グラン・カナリア Las Palmas de Gran Canariaのラス・カンテラス海岸の砂浜を23日金曜日23時59分にスタートします。深夜のスタートののち、早朝に上位選手は島の中央部の巨大な一枚岩の先に屹立するヌブロ岩 Roque Nubloまで往復します。ガラニャン Garañónのエイドを出ると、島の南部へと強い日差しの下の乾いたトレイルが始まります。島の南部のリゾート地であるマスパロマス Maspalomas のパルケ・スール Parque Sur に置かれたフィニッシュゲートまでの距離は126km、累積獲得高度は6,804mD+となります。

このほか、21日水曜日の午後には距離5.5kmで累積1,050mD+を駆け上るバーティカルレース「VK El Gigante」、22日木曜日には21kmの「Starter」、12kmの「Promo Youth」と「Family Trail」が行われます。金曜日の46kmの「Marathon」、土曜日の84kmの「Advanced」はClassicとともに上位入賞選手に賞金が贈られます。

今回のトランスグランカナリアの注目選手

例年、春のトレイルランニング界の注目イベントとして多くの有力選手を集めてきたこの大会ですが、今年は昨年のトレイルランニング界で活躍した選手や、これまでのトランスグランカナリアに名を残してきた名選手が集まる熱いレースとなりそうです。

女子はコートニー・ドウォルターの連覇となるか

女子のレースでは昨年のClassicのチャンピオンであるコートニー・ドウォルター Courtney Dauwalter(USA, ITRA 852)の連覇となるかどうかが焦点となります。昨年夏は同じ年にウェスタンステイツ、Hardrock 100、UTMBと100マイルのビッグタイトルを制するという前人未到の偉業を成し遂げました。スーパースターの今シーズンを占うにも今回のClassicのパフォーマンスは注目されます。

コートニー・ドウォルター Courtney Dauwalter Photo @The Adventure Bakery

コートニー・ドウォルター Courtney Dauwalter Photo @The Adventure Bakery

スペインのアスリートではアサラ・ガルシア Azara García De los Salmones (ESP, 787) はClassicで2017年と2021年に優勝しており、コースを知悉しています。昨年のこの大会ではAdvancedのレースを制しました。クラウディア・トレンプス Claudia Tremps (ESP, 760)はClassicで2021年に2位、2022年と2023年に3位となっています。

クラウディア・トレンプス Claudia Tremps Photo @Ian Corless

クラウディア・トレンプス Claudia Tremps Photo @Ian Corless

このほか、次の選手たちに注目です。

  • ドミニカ・ステルマック Dominika Stelmach (POL, 752):100km欧州女子記録保持者(7:04:36)、2021年Transgrancanaria Marathonで8位。
  • イダ・ソフィー・ヘーゲマン Ida-Sophie Hegemann(GER, 747):2023年Istria 100 by UTMB 11okmで3位、WMTRC世界選手権(インスブルック)のロングで15位。
  • 吉住友里 Yuri Yoshizumi (JPN, 751):2022年UTMF KAI69kで優勝、2022年Doi Inthanon by UTMB 104kmで優勝、Nice Cote d’Azur by UTMB 167kmで2位。
  • エマ・ステュアート Emma Stuart (IRL, 730):2023年Ultra-Trail Snowdonia by UTMB 168kmで優勝、Lavaredo by UTMB 120kmで3位、TORX330 Tor des Geantsで優勝。
  • マリア・メルセデス・ピラ María Mercedes Pila Viracocha (ECU, 727):2023年Penyagolosa Trails 105kmで優勝、Ultra Prineu 100kmで2位。
  • サンドラ・セビリャーノ Sandra Sevillano (ESP722):2023年Lavaredo by UTMB 81kmで3位。
  • エリザベス・リオス Elisabeth Ríos (BOL, 698):2023年Penyagolosa Trails 105kmで4位。
これも読む
KAT100 by UTMBは今週末の8月3日開幕、開催国オーストリアのフェルホファーとスターンに注目が集まる

男子のレースには有力選手が集結

女子のレースにも増して、男子のレースは熾烈なものとなりそうです。ITRAパフォーマンスインデックスでは900以上が6人、800以上が39人に達します。

パフォーマンスインデックスで首位に位置しているのはシェン・ジャシェン Jiasheng Shen(CHN, ITRA 915)です。昨年は中国のYangchun Jilongding 49kmやMt. Yun by UTMB 50kmなど中国国内のレースで勝利を重ねたのに加え、ウェスタンステイツでは4位、CCCで2位と国際的な大会で素晴らしい成績を上げました。昨年のTransgrancanaria ClassicはDNFで終えており、今年はこの大会の優勝が大きな目標になっていることでしょう。

アンドレアス・ライテラー Andreas Reiterer(ITA, 914)は2022年CCCでの3位となって以来、WMTRC世界選手権ロングではチェンマイで3位、インスブルックで2位。昨年のTransvulcaniaでは3位でした。

ザック・ミラー Zach Miller(USA, 913)は昨年のUTMBでジム・ウォルムズレイに続いて2位となったのが記憶に新しいですが、昨年はTarawera by UTMBの100マイルで優勝、インスブルックではWMTRC世界選手権・ロングで6位でした。米国以外での活躍でもよく知られるミラーは今回のTransgrancanariaでも話題の人となりそうです。

ザック・ミラー Zach Miller Photo @The North Face

ザック・ミラー Zach Miller Photo @The North Face

スペイン勢では昨年のClassicを制したアンドレウ・シモン Andreu Simón Aymerich(ESP, 908)に期待が集まります。2021年のTransgrancanariaではMarathonで優勝しており、2022年のシーズンはVal d’Aran by UTMB 106kmで優勝、Saintelyon 77kmで優勝しています。

アンドレウ・シモン Andreu Simón Aymerich @Carlos Díaz-Recio

アンドレウ・シモン Andreu Simón Aymerich @Carlos Díaz-Recio

ポルトガルからはミゲル・アルセニオ Miguel Arsénio(POL、915)が参戦します。昨年のClassicではアンドレウ・シモンに続いて2位となっており、今年はさらに上位が目標となるでしょう。2022年にLavaredo 48kmで2位、2023年はMaXi Race 87kmで優勝、Ultra Pirineu 100kmで優勝という結果を残しています。

48歳のレジェンド、ミゲル・ヘラス Miguel Heras(ESP、910)が今年のClassicを走ることも注目を集めています。2010年のTransgrancanariaのチャンピオンは最近もレースで表彰台に立っています。昨年はValhöll bu UTMB 125km、Trail Bronchales 39km、Cami de Cavalls 183km、K42 Canarias 42kmで優勝。Ultra Pirineu 100kmでは2位でした。

このほか、次の選手にも注目です。なお、エントリーリストに名前はあるものの、ジム・ウォルムズレイ Jim Walmsleyはケガのため、パウ・カペル Pau Capellは育児のため、それぞれ出場を見送ります。

  • セス・ルーリング Seth Ruhling(USA, 895):2023年CCCで6位、2022年MaXi-Race 85kmで優勝。
  • ホセ・アンヘル・フェルナンデス José Ángel Fernández Jiménez “Canales”(ESP、893):2022年WMTRC世界選手権ロングで4位、2023年Penyagolosa 60kmで優勝。
  • チャン・フォーファ・ジャン Huohua Zhang(CHN、895):2023年Ultra-Trail Mt. Yun by UTMB 50kmで3位。
  • イオネル・クリスチャン・マノレ Ionel Cristian Manole(ROU, スペイン在住 889):2023年Penyagolosa Trails 60kmで3位、Transvulcania 72kmで4位。
  • ベナー・マルミソール Beñat Marmissolle(FRA, 877): 2022年UTMB6位、2023年Hardrock 100で2位。
これも読む
今週末は香港でTransLantau by UTMB、10回目の大会に140kmの新レースを加えて開催

グランカナリアはこの1週間、トレイルランニング一色に

Transgrancanariaは地元のトレイルランニング愛好家たちによる島を縦断する挑戦から始まり、今日では毎年2月にグランカナリア島に世界の注目を集めるイベントへと成長しました。5日間の日程で7つのレースが開催され、4,000人以上のランナーが大西洋に浮かぶ島に集まります。

21日水曜日には、距離は短いですが最も爆発的なパワーを求められる「KV El Gigante」(5.5km、+1060m)で今年のTransgrancanariaが始まります。女子のエントリーリストには、ケイティ・シャイド Katie Schide(USA、ITRA 808)、ドミニカ・ステルマッハ Dominika Stelmach(POL、ITRA 756)がラインナップ。男子は、ヘンリ・アイモノド Henri Aymonod (ITA, 870)、ピーター・ファンデルソン Peter van der Zon(NED, 850)、ロブ・クラー Rob Krar(USA, 697)が含まれます。

22日木曜日の「Starter」(21km、+1400m)は、ブリタニー・シャボノー Brittany Charboneau(USA, 762)、エレノア・デービス Eleanor Davis(GBR, 760)が女子のレースに登場します。スペインのショートディスタンスのスペシャリストである、アントニオ・マルティネス Antonio Martínez(ESP, ITRA 909)とヨエル・デ・ラ・パス Yoel de la Paz(ESP, 883)がタイトルをめぐって競うことになりそうです。

22日金曜日に、Classicに先立って行われるのが「Marathon」(46km、+1900m)です。女性ランナーはジェニファー・リヒター Jennifer Lichter(USA, 789)、アンリエッテ・アルボン Henriette Albon(NOR, 731)、ヘマ・アレナス Gemma Arenas(ESP, 766)、マイテ・マイオラ Maite Maiora(ESP, 749)、ロサ・マリア・ララ Rosa María Lara(ESP, 746)がエントリーしています。男子はロバート・プケモイ Robert Pkemoi(KEN, 918)、クリス・ジョーンズ Kris Jones(GBR, 889)、ユーホ・ユリネン Juho Ylinen(FIN, 880)、シモン・ギニャール Simon Guignard(FRA, 877)が出場予定です。

ロバート・プケモイ Robert Pkemoi Photo @The Adventure Bakery

ロバート・プケモイ Robert Pkemoi Photo @The Adventure Bakery

Classicのレースがスタートした翌朝の23日土曜日に「Advanced」(84km、+4800m)が行われます。島の北西部の港町で、以前はClassicのスタート地点だった港街、アガエテをスタートして南部のマスパロマスでフィニッシュするコースとなります。女子は、マルティナ・クラチニク・ポトルチ Martina Klačnik Potrč(SVK, 727)、カトリン・ゲッツ Kathrin Goetz(SUI, 725)、レナ・ラウクナー Lena Laukner(GER, 721)、タラ・フラガ Tara Fraga(USA, 712)などのランナーが注目されています。男子はアンジェイ・ヴィテク Andrzej Witek(POL, 905)、ダビデ・チェラッツ Davide Cheraz(ITA, 882)、ボルハ・フェルナンデス Borja Fernández(ESP, 858)、クリスチャン・マイヤー Christian Meier(CAN, 858)、マッテオ・アンセルミ Matteo Anselmi (ITA, 856)、マーク・ダービシャー Mark Darbyshire(GBR, 850)の間で激しいレースとなりそうです。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link