DC Weekly 2024年2月19日 Tarawera, 9Doragons, Jackpot, 房総鋸山

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

【お知らせ】犬猫通信 by DogsorCaravanは当サイト・DogsorCaravanのファンクラブ通信。メールアドレスを登録していただければニュースレター形式で週に数回くらい当サイト編集人・岩佐が書く記事が届きます。過去の記事もSubstackのウェブサイトやアプリで読むことができます。
【お知らせ】ポッドキャスト「Run the World, by DogsorCaravan」はAnchor.fmで公開し、Apple PodcastやSpotifyなどの各種プラットフォームで配信しています。ポッドキャストへのメッセージ、感想、リクエストをお待ちしています。エピソードやウェブサイトの中でご紹介します。投稿フォームはこちら。DogsorCaravanのライブ配信イベントの予定はGoogleカレンダーで公開しています。登録すると見逃しを防げます。

Sponsored link


先週末開催のイベント

2月10日土曜日 – 17日土曜日

The Coastal Challenge (230km, 6 stages)

南米コスタリカで開催される6日間のステージレースで、コースは合計236kmでした。6日間の累計タイムの総合優勝は男子がコディ・リンド Cody Lind (USA) で25時間57分、女子はケイティ・ヤング Katie Young (GB) で35時間30分でした。リザルト速報はこちらのウェブサイトから。

2月16日金曜日 – 18日日曜日

9 Dragons Ultra (50m, 50k, 50/50)

香港で開催される大会で1日目に50マイル、2日目に50kmのレースが開催され、それぞれのレースで競う他に、二つのレースの合計タイムでも順位を決めるステージレース形式の「50/50」が行われました。それぞれのレースとステージレースは別カテゴリーのレースとして扱われます。2019年の開催以来、5年ぶりの開催でした。50マイルではフローラ・ウィン Flora Wing Yee Ching (CAN) が14:18で女子優勝、ウォン・ワイフン Wai Hung Wong (HKG) が10:55で男子優勝。50Kではナオミ・フン Naomi Fung (HKG) が8:21で女子優勝、ジョン・レイ・オニファ John Ray “Stingley” Onifa (PHI) が6:05で男子優勝でした。50/50はクリスティアン・ジョルゲンソン Kristian Joergensen (DEN) が17:05(50mが10:37、50kmが6:27)で男子優勝、アンジー・ヤン Angie Yan (HKG) が20:22(50mが12:10、50kが8:11)で女子優勝でした。このレースはAsia Trail Masterのシリーズのレースでした。リザルトはこちら

Jackpot Ultra(48h, 24h, 12h, 6h, 100mile, 50mile)

アメリカ、ラスベガス近郊のネバダ州ヘンダーソンで開催されたウルトラマラソンの大会で、ロードの周回コースを使って開催されました。この大会の中で米国陸連公認の100マイル全米選手権が行われました。男子ではラジポール・パンヌRajpaul Pannu が11時間58分で85周を完走して大会新記録で優勝しました。男子2位はジョナ・バックストロム Jonah Backstrom で14時間11分、男子3位にニック・アイベン Nick Eiben が15時間58分で続きました。女子のレースはアシュレイ・ポールソン Ashley Paulson が14時間4分で優勝、男女総合で2位でした。女子2位はローレン・ジョーンズ Lauren Jonesが 14時間46分、3位はシエラ・デグロフ Sierra DeGroff で16時間38分でした。リザルトはこちら

これも読む
DC Weekly 2024年2月6日 Rocky Raccoon 100、大紀町、V Trail、Ultra Fiord、くだまつ笠戸島

2月17日土曜日 – 18日日曜日

Tarawera Ultra-Trail by UTMB (100m, 102k, 50k, 21k)

ニュージーランド・ロトルアで開催される大会で、今年のUTMBワールドシリーズの開幕戦でした。

165.2kmで累積獲得高度が5,470mD+の「TMiler」は女子のレースでニュージーランド在住の安曇樹香 Konoka Azumi(JPN)が18:24で優勝、総合では7位となりました。Taraweraでは2021年に102kmで2位、昨年も102kmで7位でしたが、今回は100マイルに挑戦して、UTMBワールドシリーズファイナルへのチケットを手にしました。昨年10月には帰国してLake Biwa 100に参加し、6位でフィニッシュしています。女子2位はシャンテル・スミス Chantelle Smith (AUS) で19時間55分、3位はクリッシー・ファーバー Chrissi Faber (GER) で21時間15分でした。男子はエイドリアン・マクドナルド Adrian MacDonald (USA) が15時間0分で優勝。サミュエル・ハーベイ Samuel Harvey (NZL) が15時間29分で2位、マイク・キャロル Mike Carroll (AUS) が15時間37分で3位でした。日本からは昨年のこの大会で女子2位の宮﨑喜美乃 Kimino Miyazaki、男子2位の万場大 Hajime Mambaが参戦しましたが、ともに89kmでリタイアとなりました。

102kではルース・クロフト Ruth Croft (NZL) がレースを終始リードして9:14で優勝。クロフトは2021年にもこのレースで優勝しています。2位はベス・マッケンジー Beth McKenzie (USA、オーストラリア在住) が9:38で続き、3位はニッキ・エバートン Nikki Everton (NZL) で10:26でした。男子はダニエル・ジョーンズ Daniel Jones (NZL) が7:46で昨年に続いて優勝を勝ち取りました。ジャスティン・グルンワルド Justin Grunewald (USA) が8:25で2位、マシュー・ヒーリー Matthew Healy (RSA) が8:58で男子3位でした。

50kはケイトリン・フィールダー Caitlin Fielder (NZL) が4:01で女子優勝。ケイト・アベリー Kate Avery (NZL) が4:09で2位、ロビン・レシュ Robyn Lesh (USA) が4:13で3位でした。男子は僅差を争うレースをロニー・スパーク Ronnie Sparke (GBR) が3:30で制して優勝。チャーリー・ハミルトン Charlie Hamilton (AUS) が3:34で2位になりました。3位には日本の横内佑太朗 Yutaro Yokouchiが3:38で続きました。横内は8月のUTMBワールドシリーズファイナルのOCCのチケットを獲得しました。

これも読む
DC Weekly 2022年5月9日 滋賀一周、軽井沢、おんじゅく、Cocodona、Matheysins

全体のリザルトはこちら

2月17日土曜日

DA MONDE TRAIL Presents Way to Go!! (8km)

愛知県新城市の愛知県民の森で開催。奥三河で開催されるDA MONDE TRAILのスピンオフ大会として、8km 520mD+のコースに二人1組のペアで参加するという形式で行われました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

Fourmidable (50K, 35K, half marathon, 13k)

アメリカ・カリフォルニア州オーバーンで開催のトレイルランニング大会です。50Kではヘレン・ミノ・フォークナー Helen Mino Fauknerが4:21で女子優勝、リード・ブルーアー Reed Breuerが3:56で男子優勝でした。リザルトはこちら

2月18日日曜日

房総鋸山トレイルラン(22k, 11k)

千葉県富津市、鋸南町。2019年の台風15号の被害が残る中で同年に開催された「復活!房総鋸山トレイルランレース」が引き継がれる形で開催されています。22kmのダブルは小久保早紀 2:34で優勝、石﨑なつ美が2:43で2位、地福綾香が2:50で3位に。同じくダブルの男子は三浦裕一が2:03で優勝。中村隼人が2:10で2位、小松健一が2:17で3位でした。

11kmのショートは高岡円香が1:25で女子優勝、宇田川優純が1:25、飛鳥井佳奈が1:28でそれぞれ2位、3位でした。男子は石倉和志が1:01、玉川省吾が1:04、杉山哲也が1:04でトップ3に入りました。リザルトはこちら

今週末開催のイベント

2月21日木曜日 – 25日日曜日

Transgrancanaria (128k, 84k, 45k, 24k, 12k, VK)

北大西洋のスペイン・カナリア諸島グラン・カナリア島で開催される大会で、ヨーロッパのトレイルランニングシーズン開幕を告げるイベントで、今回も欧州を中心に世界から有力選手を集めるレースとなります。World Trail Majorsの第3戦です。当サイトではプレビュー記事を掲載するほか、大会を現地取材してレポートする予定です。

2月24日土曜日

善通寺五岳山 空海トレイル(45k, 30k, 15k, 6.5k)

香川県善通寺市。弘法大師・空海生誕地とされる善通寺の西側の五つの山15km 1311mD+の周回コースで4つのレースが予定されています。

前週末の主大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link