[DC] 明日10日土曜日開催・世界が注目の83kmのトランスバルカニア/Transvulcania #ISF

TransVulcania-logo

シーズン初めの世界的なビッグレースといえば、今年は先日日本で開催されたUTMFが話題になりましたが、もう一つ見逃せないのが今週末5月10日土曜日にスペイン・カナリア諸島ラパルマ島で開催されるトランスバルカニア/Transvulcania世界スカイランニング連盟/ISFの世界シリーズ戦/Skyrunning World Series(SWS)の開幕戦となります。

Sponsored link


SWSのUltraの部に該当する83kmのレースは海抜0mからスタートしてコース最高地点は標高2423m、累積獲得高度は4415mD+。コースレコードは男子がキリアン/Kilian Jornetの6時間54分9秒(2013年)、女子がアンナ・フロスト/Anna Frostの8時間11分31秒(2012年)。レースのスタートは5月10日(土)午前6時(日本時間同日午後2時)です。

既に当サイトでも出場選手の紹介をしていますが、このレースを楽しむためのリソースと注目選手をご紹介します。

2014年Transvulcaniaに関する主なリソース

有力選手紹介

【男子】

  • キリアン・ジョルネ/Kilian Jornet(スペイン):一昨年2012年はダコタ・ジョーンズ/Dakota Jonesに優勝を譲って3位となったものの、昨年2013年は大会新記録で優勝。
  • ダコタ・ジョーンズ/Dakota Jones(アメリカ):2012年のハセツネ・カップ優勝で日本のファンにもおなじみのダコタは2012年にこのレースを優勝。
  • ルイス・アルベルト・ヘルナンド/Luis Alberto Hernando(スペイン):昨年のこのレースで2位、スペインのビッグレース・Cavalls del Ventで優勝。
  • /Sage Canaday(アメリカ):昨年のこのレース3位、今年は3月のTarawera (ニュージーランド)で優勝。
  • ティモシー・オルソン/Timothy Olson(アメリカ):昨年のこのレース4位。3月のTransgrancanariaで3位。
  • グザビエ・テベナール/Xavier Thevenard(フランス):昨年のUTMBで優勝したこのスポーツの新星。UTMBの後も10月のフランスのビッグレース・Templiers(73k)で2位。
  • さらに続く名前としては、トフォル・カスタニャー/Tofol Castanyer(スペイン)、ジェイソン・シュラーブ/Jason Schlarb(アメリカ)、デビット・レイニー/David Laney(アメリカ)、トム・オーウェンス/Tom Owens(イギリス)、ヴァジャン・アームストロング/Vajin Armstrong(ニュージーランド)、ハビエ・ドミンゲス/(スペイン)が挙がります。

【女子】

  • アンナ・フロスト/(ニュージーランド):2012年のこの大会で優勝。女子のトレイルランニング界の第一人者だが、昨シーズンは体調不良でレースシーンからはやや遠ざかっていましたが、今回のTransVulcaniaが復活戦となるか。エミリー・フォスバーグ/Emelie Forsbergとのレースの展開にも注目です。
  • エミリー・フォスバーグ/(スウェーデン):2013年のこの大会で優勝。現時点で世界最強のトレイルランナーといえる存在です。
  • さらに続く名前としてはUxue Fraile(スペイン)、エンマ・ロカ/Emma Roca(スペイン)、モー・ゴベール/Maud Gobert(フランス)、ジョディ・アダムス・ムーア/Jodee Adams-Moore(アメリカ)、クリッシー・メール/Krissy Moehl(アメリカ)。日本からは鈴木博子/Hiroko Suzukiが出場します。
これも読む
当サイトのライブ速報はこちらから 信越五岳トレイルランニングレース Shinetsu Five Mountains Trail 100mile 110km 2017 #SFMT #信越五岳

なお、先日のUTMFで優勝したばかりの/Nuria Picasはこのレースにエントリーしていたものの、リカバリーを優先して出場は見送るとのこと。昨年のこのレースで2位でした。


TRANSVULCANIA 2013 Salomon Nature Trails video oficial – YouTube

Sponsored link