上田瑠偉 / Ruy Ueda 上田バーティカルレース 2016 レース後インタビュー #UedaVK #上田VK

UedaVK-2016-Ruy-Ueda-finish

スカイランナー・ジャパンシリーズ(SJS)開幕戦として5月3日火曜日に開催された上田バーティカルレース・太郎山登山競走(上田VK)で3位となった / (montrail, MountainHardwear)さんに表彰式の後、インタビューしました。

Sponsored link


上田瑠偉さんは今回が初めてのバーティカル・キロメーター(距離約5キロで標高差1000mを駆け上がる山岳レース)へのチャレンジでしたが、優勝の宮原徹に1分45秒差、2位の馬場直人にわずかの差で3位となりました。4月初めにはアメリカの100kのトレイルランニングレース(ゴージ・ウォーターフォールズ100k)で優勝したばかり(上田さん自身によるレースレポートはこちらから)ですが、今シーズンは日本代表選手として7月にスカイランニング世界選手権、ユース世界選手権とヨーロッパでの遠征が続きます。

この日のレースでは宮原に1分ちょっと先行してスタートしましたが、最初のエイドの近くで抜かれることになったとのこと。目の前でみた宮原の走りは、今まで自分が知らなかった淡々とした登り方だったといい、勉強になったと振り返ります。こうした経験を踏まえれば宮原のタイムを上回ることも「不可能ではないはず」と自信をのぞかせました。

上田瑠偉さんとのインタビューは下から、今回の上田バーティカルレースを振り返った当サイトの記事はこちらからご覧ください

Sponsored link