DC Weekly 2018年12月17日

今年も年の瀬が近づいています。先週末のリザルトについては、香港で開催されたThe North Face 100 Hong Kongのほか、養老山脈、伊勢の森のリザルトを紹介します。来年の日本国内のスカイランニングの日程もご紹介。そして当サイトの年末の恒例行事といえばTrail Runner of the Year, Japan。今週、ノミネートされる皆さんを発表予定です。

(写真・先週開催されたSkyrunning Nightの模様。Photo by DogsorCaravan)

Sponsored link


ニュース

来年2019年の日本国内のスカイランニングの日程:12月13日木曜日に開催されたスカイランニング・ナイトで次のような日程がJSAより紹介されています。

  • 2019年日本選手権(2020年世界選手権日本代表選考会)
    • 10月12日 Speed かたしな高原スカイスピード(群馬県・300m 100mD+)
    • 10月13日 VKおよびYouth 尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター(群馬県・5km 1000mD+)
    • 10月19日 Sky 志賀高原エクストリームトレイル(長野県・32km 2000mD+)
    • 10月19日 Ultra 志賀高原エクストリームトレイル(長野県・54km 2850mD+)
  • 2019年 Skyrunner®︎ Japan Series / Sky
    • 4月21日 粟ケ岳スカイレース(新潟県、31km 2000mD+)
    • 5月4日 上田スカイレース(長野県、25km 3000mD+)
    • 7月26日 富士登山競走(山梨県、21km 3000mD+)
    • 10月19日 Sky 志賀高原エクストリームトレイル(長野県・32km 2000mD+)
    • 11月下旬 Skyrunner Japan Grand Final
  • 2019年 Skyrunner®︎ Japan Series / VK
    • 4月20日 粟ケ岳バーティカルキロメーター(新潟県、5.5km 1100mD+)
    • 5月3日 上田バーティカルレース(長野県、5km 1000mD+)
    • 10月14日 烏帽子バーティカルキロメーター(群馬県、7.5km 1200mD+)
    • 10月19日 Sky 志賀高原エクストリームトレイル(長野県・32km 2000mD+)
    • 11月下旬 Skyrunner Japan Grand Final
  • 2019年 地域選手権
    • 5月19日 西日本選手権/Sky・恐羅漢トレイル(広島県、65km 3720mD+)
    • 6月9日 中日本選手権/Sky・スカイライントレイル菅平(長野県、50km 3000mD+)
    • 8月4日 東日本選手権/VK・天塩岳速登競走(北海道、6.4km 880mD+)
    • 西日本選手権/VK・四国中央スカイラン(愛媛県、4.8km 850mD+)
    • 後日発表:東日本選手権/Sky、中日本選手権/VK
これも読む
DC Weekly | 先週末はTJAR、Pikes Peak Marathon、今週はMatterhorn、Kima、水上マウンテンパーティーなど・2018年8月20日

先週末のイベント

12月15日土曜日 – 16日日曜日: TNF100 Hong Kong

  • The North Face 100 Hong Kong (100k/50k): 香港の大美督 Tai Mei Tukをスタート、フィニッシュする100kmと50kmのレースが行われました。男子はプルナ・タマン Purna Tamang(ネパール)がコース後半でロストして後続のランナーに追いつかれるというハプニングはあったものの11時間59分57秒でフィニッシュして優勝。自身の持つ大会記録(12:00:43、2013年)を更新しています。プルナ・タマンは今年1月のHong Kong 100で4位でした。2位には17分半差の12時間17分でジョン・レイ・オニファ John Ray Onifa(フィリピン)。こちらは今年4月のSTYで5位。3位はミヒャエル・スコビエルスキ Michael Skobierski(オーストリア、香港在住)で12時間40分。スコビエルスキは昨年のこの大会で5位となっていて自身のタイムを23分縮めています。日本の大瀬和文 は13時間17分で4位。女子は今年3月のGaoligong by ®︎の125kmで優勝のアン・ハン 安寒 Han An(中国)が15時間27分で優勝。11分差でチウ・ワイイン Wai Yin Chiu(香港)が2位、2位から1時間以上開いての3位にまつもと・さやか Sayaka Matsumoto(日本、香港在住)が続きました。あわせて行われた50kmのレースではヤン・ロンフェイ Longfei Yan(中国)が4時間45分、インスエ・レオン Ying Suet Leung(香港)が6時間26分でそれぞれ優勝しています。リザルトはこちら

12月15日土曜日:養老山脈、藺牟田池

  • 養老山脈トレイルランニングレース(38km, 12km):岐阜県養老町、海津市、三重県桑名市、いなべ市。初開催の大会の38kmの女子のレースは高村貴子 Takako Takamuraが3時間48分で優勝、24分差の2位で斎藤綾乃 Ayano Saitoが続き、3位は でした。男子は西村広和 Hirokazu Nishimuraが3時間18分で優勝。5分差の2位にパク ビョンクォン Byeonggwon Park(韓国)。パクは今年5月のTNF 50 Koreaのチャンピオンです。3位には町田知宏 Tomohiro Machidaが入りました。このほか、 Tetsuya Osugiがショート12kmに出場して優勝しています。リザルトはこちら
  • 藺牟田池外輪山トレイルランニング(18k/12k/6k):鹿児島県薩摩川内市。藺牟田(いむた)池の周りを周回する6kmのコースで開催。リザルトはこちらで公開される見込みです。
これも読む
DC Weekly 2018年11月19日

12月16日日曜日: 茨城、房総半島、伊勢の森

  • 茨城国体デモスポトレイルラン記念大会 (30k / 17k / 9k):茨城県石岡市。2019年に茨城県で開催される国体のデモンストレーション競技のプレレースという位置付けでした。リザルトはこちら
  • 房総半島横断(65km):千葉県鴨川市の内浦海岸をスタート、房総半島を東から西へと横断して富津市・金谷フェリー埠頭がフィニッシュとなる68kmのコースは、林道の大規模な崩壊があったことからコースが一部変更となり、約2.5km短縮されて開催されました。リザルトはこちら
  • 伊勢の森トレイルランニングレース(20k):三重県伊勢市。伊勢志摩の代表的な霊山・朝熊山(あさまやま)をコースに含む大会。男子は高校生の近江竜之介 Ryunosuke Ohmiが1時間35分で優勝。前日に上記の養老山脈で優勝している西村広和 Hirokazu Nishimuraが1時間39分で2位、中根孝太 Kota Nakaneが1時間43分で3位。女子は長坂恵子 Keiko Nagasakaが1時間58分で優勝、2位に佐野亜弓 Ayumi Sano(2:05)、3位に大石愛佳 Aika Oishi(2:07)となりました。リザルトはこちら

今週末のイベント

12月22日土曜日:いちごトレイルラン

12月24日月曜日: TOKYO八峰

  • TOKYO八峰マウンテントレイル(33k): 東京・八王子市。「東京都自然公園利用ルール」に基づく大会として始まった大会は今回で4回目。夕やけ小やけふれあいの里から鳥切場、醍醐丸、和田峠を経て陣馬山へ。ここから南高尾のハイキングコースで高尾へ向かう33kmのコースです。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link