川内優輝 Yuki Kawauchiが弟とともにJaybirdのスポンサーランナーに。そろって結婚の三兄弟とお母さんが登壇。

昨年、DogsorCaravanもインタビューした川内優輝 Yuki Kawauchiさん。今春、公務員を卒業してプロアスリートとなったことはすでに報じられているとおりです。2日のアシックス、3日のあいおいニッセイ同和損保に続いて、4日はランナーのためのイヤホンブランド、Jaybirdとスポンサー契約を披露する記者会見が行われました。

(写真・記者会見に出席した母・川内美加さん、次男鮮輝さん、長男優輝さん、三男鴻輝さん<左から右>)

Sponsored link


この日は長男の優輝さんとともに、Jaybirdの所属アスリートでプロ・ウルトラマラソンランナーである次男の鮮輝(よしき)さん、三男で久喜市議会議員の鴻輝(こうき)さんの三兄弟に加えて、お母さんの川内美加(みか)さんも登場。優輝さんはデンソーの実業団ランナー、水口侑子さんと5月に結婚することが報じられたばかり。優輝さんは夏の2ヶ月は北海道でのトレーニングキャンプに入るため、二人の生活が始まるのは秋から。水口さんは実業団からの引退を発表したばかりですが「『妻』にはこれからもランナーとして可能性に挑戦してほしい」と話していました。

実は長男の優輝さんだけでなく、次男の鮮輝さん、三男の鴻輝さんも来年春までにそれぞれ結婚することが決まっています。お母さんの美加さんは三兄弟が次々と結婚することについて「正直、寂しくてここしばらくは葛藤があった。特に長男には『まさか』の思いで、母ながら甘えていた」と心情を吐露。しかし「今は覚悟を決めました」と話していました。

会見では三兄弟の少年時代のエピソードも。優輝さんが小学生になると母の美加さんは、弟たちも一緒に連れて三兄弟に毎日目標タイムに届くまでタイムトライアルをさせるというスパルタ教育で鍛えたといいます。

そしてJaybirdの記者会見ということで音楽にまつわるエピソードも。川内優輝さんにとっては音楽は「メンタルコンディショニング」のツールになっているといいます。学生時代には6時間にわたって一人カラオケをするほどの音楽好き。トレーニングとして長時間のジョギングをするときには、ハードロックやテクノのようにテンポが早くてテンションの上がる曲を聞き、レースの朝のストレッチにはリラックスできる曲を聴いているそうです。

兄弟揃ってJaybirdのスポンサードアスリートとなった川内優輝さん(右)と川内鮮輝さん。

「Jaybird」はランナーとともに開発されたアメリカ発のスポーツイヤホンブランド。その製品は防汗、長時間再生可能バッテリー、走っても外れないカスタム可能なフィット感、高いデザイン性、高機能アプリ等の機能を備え、ランニングシーンに最適な製品として知られています。日本では今回の川内優輝さんに先立ってウルトラマラソンのトップ選手・川内鮮輝 Yoshiki Kawauchiさんの世界への挑戦をサポート。昨年からはサロマ湖100kmウルトラマラソンのスポンサーにも加わりました。海外でもUTMB®︎チャンピオンのローリー・ボジオ やウェスタンステイツ二連覇のティム・オルソン Timothy Olsonをブランドアンバサダーに起用し、昨年からUTMB®︎のオフィシャルパートナーとなっています。

Kyocera TORQUE G03
PR・京セラの
高耐久スマートフォン
「TORQUE®︎ G03」

トレイルランナーにオススメの
山での頼れる相棒。
Sponsored link