UTMB 第1日・314人が参加してPTL®︎がスタート、MCCでシャモニーの街はすっかりUTMBモードに #UTMB

今年のUTMB®︎は8月26日月曜日から9月1日日曜日までの日程で開催されます。170kmのレースはもちろん大きなイベントですが、®︎は選手だけでなく世界中からトレイルランニングに関わるさまざまな人達が参加する大きなイベント。今年はそのUTMB®︎にまつわるニュースを1日単位で紹介してみようかと思います。

(写真・®︎のスタート。All photos courtesy of UTMB®︎ unless mentioned)

Sponsored link


水曜日から日曜日はUTMB®︎TV日本語チャンネルでお伝えします

大会期間中にリアルタイムで大会の模様をお伝えする大会公式のインターネットのストリーミング番組が「UTMB®︎TV」です。昨年から始まった日本語チャンネルのMCを今回も当サイトの岩佐幸一が務めます。今年も途中でゲストをお迎えする予定です。

ライブ配信はTDS®︎がスタートする直前、日本時間の8月28日水曜日の午前10時ごろから始まる予定です。

初日月曜日はPLTがスタート

大会初日の8月26日午前8時、コースマーキングのないコースを二人または三人のチームで自らナビゲーションして進むアドベンチャーイベント「PTL®︎」がスタートしました。PTL®︎のコースは概ね300km 25,000mD+となっているのですが、コースは毎年変わります。今年のコースはシャモニーから反時計回り方向にフランス国内を進み、セーニュ峠からイタリアに入り、モルジェへと向かいます。その後、スイスに入りますが、今回初めてコースとなるのがフリー Fullyの町。ローヌ川沿いの傾斜地に広がるぶどう畑が有名で、そこを駆け上がるバーティカルキロメーターのレースでも知られています。

スイス側でUTMB®︎を長年支えているレオン・ロビーさんの発案で始まったこのイベント。PTL®︎という大会の名前も「レオンさんのちょっとお出かけ」といった意味があり、ユーモアを感じます。

PTL®︎のコースを進む選手の皆さん。

二人または三人のチームが125チーム、人数で言えば女性41人を含む314人が152時間30分の制限時間以内での完走を目指します。日本からも女性5人を含む19人がエントリーしています。

PTL®︎は順位などはつかないイベントですが、チェックポイントの通過状況などは<a href=” http:>LiveTrailのウェブサイト・アプリで随時確認することができます。

UTMB®︎を支える人たちがUTMB®︎を実際に走ってみるイベント、MCCでシャモニーの高揚感もすでに高まっている

UTMB®︎の当日は大会を支えている人たちに、UTMB®︎で走ることの楽しさを体験してほしい。そうした趣旨から昨年始まった40km 2,300mD+のレース、MCCはUTMB®︎の他のレースとは違って、大会ボランティア、モンブランエリアの地元住民、大会スポンサーなどの関係者などに限って参加できるレースです。

MCCがマルティニー(スイス)をスタート。

MCCがマルティニー(スイス)をスタート。

今日午前10時にスイスのマルティニをスタートしたレースは地元のシャモニー谷の町・村からも189人が参加(定員は1000人)。コースとなるバルム峠ではファンファーレが鳴り響き、アルジャンティエールの町では音楽演奏で雰囲気を盛り上げます。

レースは男子では地元のセサー・コスタ Cesar Costa(スイス)が3時間40分で優勝、2位のギヨーム・アダム Guillaume Adam(フランス)が3時間51分、3位にパウ・ザモラ Pau Zamora(スペイン)が3時間53分で続きました。女子はローラ・デスムレ Laure DESMURS(フランス)が4時間41分、2位にPaulina WYWŁOKA(ポーランド)が4時間42分、3位に地元のセシリア・フロリ Cecilia FLORI(イタリア)が4時間47分という結果でした。

MCCのコースより。

MCCのコースより。

この日の午後はシャモニーのフィニッシュゲートに次々にMCCのフィニッシャーがやってくるのを大勢の皆さんが声援で迎えていました。その様子を見て、一緒に声援を送るといよいよUTMB®︎が始まったなと感じます。

MCCの男子トップ3。

MCCの男子トップ3。

MCC女子のトップ3。

MCC女子のトップ3。

Sponsored link