今年も世界最高レベルのテクニカルなコースは健在!Oman by UTMB®︎ 2019 リザルト

今年も世界のトレイルランニング界を驚かせるタフな大会となったみたいです。

先週末、中東のオマーンで三日間にわたって行われたOman by UTMB®︎は昨年に続いて2回目の開催。昨年の第一回大会で世界各地から集まった熟練のトレイルランナーたちの間で「今まで経験した中で一番テクニカルなコース」だと評判だった130kmのレースに、今年は170kmと50km、10km・5km・2kmのレースが加わりました。あわせて69カ国から2000人が集まり、6歳から87歳までの参加者がオマーンのトレイルを楽しんだそうです。

Sponsored link


(写真・今年のOman by ®︎のコースより。All photos by ©︎ Lloyd Images / Vincent Curutchet)

大会の開幕となったのは木曜日の午後1時にスタートした170kmのレース。オマーン内陸部の古都、ニズワの近郊にあるビルカット・アル・マウズ Birkat Al Mawzの町をスタートして、ワディ(涸れ川)沿いに徐々に標高を上げていき、アクダル山地の山と谷をいつも登ったり下りたり。後半にはオマーン最高峰、標高3,000mのシャムス山にも登るというコースで累積獲得高度は10,388mD+。厳しい出場資格を満たした56人(うち女性は7人)による少数精鋭のレースとなりました。初開催の170kmの最初のフィニッシャーとなったのはアイルランドのイオン・キース Eoin Keithで36時間4分29秒。「今までに経験した中で間違いなく最もテクニカルなレース。標高差1000mの長い下りはいつもなら時間が稼げるところだけれど、すごくゆっくりとしか進めなかった。でも、ずっとコースの状況に意識を集中させていなくてはいけなかったから、結果としてはレースに集中できたかもしれない。オマーンは美しい国で山が素晴らしい」とコメントしていました。

170kmで2位になったハムデン・アル・カートリ Hamden Al Khatri

170kmで2位になったハムデン・アル・カートリ Hamden Al Khatri

この大会ができるまでトレイルランニングはオマーンではほとんど知られていないスポーツでしたが、地元の選手も健闘しました。170kmの男子2位はハムデン・アル・カートリ Hamden Al Khatri(オマーン)でキースに2時間53分差でした。2回目の夜明けが近い午前3時57分にアル・ハムラ Al Hamraにフィニッシュしました。

170kmで優勝のイオン・キース Eoin Keith(右)と2位のハムデン・アル・カートリ Hamden Al Khatri

170kmで優勝のイオン・キース Eoin Keith(右)と2位のハムデン・アル・カートリ Hamden Al Khatri

男子2選手に続いて総合3位、女子優勝は日本のウルトラトレイルの第一人者、 Kaori Niwa。後半に着実に順位を上げていく鮮やかなレース展開で41時間29分13秒でフィニッシュ。走れるレースよりもテクニカルで長いレースに強い丹羽が本領を発揮して世界にその存在をアピールすることになりました。このほか、日本からは が52時間50分でフィニッシュして女子3位になりました。ちなみに170kmのレースの完走者は31人で完走率は55%でした。

130kmのレースでは昨年2018年のUTMB®︎で優勝のフランチェスカ・カネパ Francesca Canepa(イタリア)が女子のレースをリードして26時間11分43秒で優勝。メレディス・エドワーズ Meredith Edwards(アメリカ)が6分半差の2位でした。男子では他の有力選手を抑える形でロマン・オリビエ Romain Olivier(フランス)がリードを守り、後続に2時間以上の差をつける18時間18分46秒で優勝。今年はTransgrancanaria 127kで8位、MIUT 117kで8位となっていますが、今回のオマーンは大金星です。2位にはジュリアン・ショリエ (フランス)、3位に Sebastien Chaigneau(フランス)が続きました。

最終日に行われた50kmのレースではネパール勢が活躍。男子はビム・グルン Bhim Bahadur Gurungが5時間26分22秒、女子はスンマヤ・ブッダ Sunmaya Budhaが6時間12分26秒で優勝。この他、女子では2位にホーリー・ページ Holly Page(イギリス)、3位にミラ・ライ (ネパール)。男子はモリッツ・アウフ・デル・ハイデ Moritz Auf Der Heide(ドイツ)、ジャマル・アル・ハトミ Jamal Al Hatmi(オマーン)が2位、3位でした。

これも読む
相馬剛 Tsuyoshi Somaさん、4年前に遭難したマッターホルンで遺骨が発見される

この他、大会の結果はこちらに掲載されています

今回のOman by UTMB®︎は10km、5km、2kmのレースに参加した537人もあわせると2000人以上が参加。約半分はオマーン国内からの参加だったそうで、トレイルランニングへの関心がオマーンでも広がりつつあるようです。ちなみに日本からの参加は27人。来年はさらに多くのランナーがOman by UTMB®︎に挑戦することになるかもしれません。来年2021年の大会は早くも1月に始まる予定です。

Sponsored link