トム・エバンス、マヌエラ・ソッコルが優勝、石川佳彦が100マイルで2位に・タラウェラウルトラマラソン Tarawera Ultra-Marathon 2020

先週末の2月5-9日はニュージーランドでUltra-Trail World Tourの第2戦、Tarawera Ultramarathonが開催されました。天候に恵まれた今年の大会では102kmの男子のレースで2018年CCC®︎優勝、昨年のWestern Statesで3位のトム・エバンス Tom Evans(イギリス)が8時間3分で優勝。女子では2016年リオ五輪の女子マラソン・ベルギー代表選手のマヌエラ・ソッコル Manuela Soccolが9時間39分で優勝を手にしました。あわせて行われた100マイルのレースはウラディミール・シャトロフ Vladimir Shatrov(オーストラリア)が15時間53分の大会新記録で優勝。日本の石川佳彦 Yoshihikoが55分差で男子準優勝。女子はアイルサ・マクドナルド Ailsa MacDonald(カナダ)が男女総合3位となる18時間10分で優勝しています。日本の選手では102kmで安曇樹香 Konoka Azumi が女子5位に(10時間55分)。100マイルで Oishi Yumikoが女子6位(23時間33分)、村田諒 Murata Ryoが男子4位(19時間5分)でした。

(All Photos by © Kurt Matthews / Tarawera

link


102km男子優勝のエバンスは元イギリス陸軍所属の28歳。トレイルランニングの世界で名前を知られるようになったのは2017年春のMarathon des Sables(3位)から。以後2018年のトレイル世界選手権(スペイン、Penyagolosa)で3位、CCC®︎で優勝、昨年のWestern Statesで3位となってその実力を知られるようになってきました。この日は中盤に苦しい場面もありましたが、終始リードをキープしてロトルアの町にフィニッシュしました。男子2位にはカナダ在住のマシュー・ブランシャール Mathieu Blanchard (フランス)がエバンスに26分差で続きました。ブランシャールは昨年のCCC®︎で10位。2位に1分足らずの差で男子3位はクリス・ブラウン Kris Brown(アメリカ)でした(8時間40分)。100マイル走世界記録保持者のザック・ビター Zach Bitter (アメリカ)は35km付近でコースからロスト。コースに戻ってからは妻のニコール・ビター Nicole Bitterと一緒にフィニッシュまでコースを走ることに。ニコールは女子4位、ザックは男子17位でした。

102km女子優勝のマヌエラ・ソッコル Manuela Soccolは2016年リオ五輪の女子マラソン・ベルギー代表でマラソンPRは2時間37分9秒。初めてのトレイルは昨年10月のCappadocia Ultra-Trailの63km(優勝)。100kmは今回が初めてでしたが、最後まで女子のレースをリードして男女総合10位でフィニッシュしています。女子2位には13分差でアン-マリ・マダン Anne-Marie Madden (カナダ)。3位はナオミ・ブランド Naomi Brand(南アフリカ)で10時間31分でした。

今回が3回目となる100マイルのレースを制したのはオーストラリアの41歳、ウラディミール・シャトロフ Vladimir Shatrov。オーストラリアの人気大会、Six Foot Track Marathon 45kmでは2017年、18年に連覇、昨年は3位となっていますが、100マイルは今回が初挑戦。この日もいつもと同じで最初から積極的にプッシュしていくスタイルでしたが、後半に入ってもリードを守り抜いて15時間53分でフィニッシュ。2位の石川佳彦は16時間48分、3位のアダム・キンブル Adam Kimble(アメリカ)は18時間23分でした。女子のアイルサ・マクドナルド Ailsa MacDonald(カナダ)が男女総合3位の18時間10分でロトルアに到着して完走。昨年のCCC®︎では6位で、今年1月のBandera 100kで優勝してWestern Statesへのチケットを手にしたばかり。この日はリラックスしながらも好成績を残しました。約4時間差でカロリーヌ・セベール Caroline Sebert(フランス)が22時間14分で2位。地元ロトルア在住の50歳、スー・クロウレイ Sue Crowley(ニュージーランド)が22時間28分で3位でした。

これも読む
プレビュー・Vibram Hong Kong 100 Ultra Trail Race 2020

リザルト

全体のリザルトはこちらから。

102km男子

  1. トム・エバンス Tom Evans (イギリス) 8:03:29
  2. マシュー・ブランシャール Mathieu Blanchard (フランス) 8:39:56
  3. クリス・ブラウン Kris Brown (アメリカ) 8:40:51
  4. アンドリウス・ラモナス Andrius Ramonas (リトアニア) 8:47:20
  5. (アメリカ) 8:54:20
  6. パトリック・レーガン Patrick Reagan (アメリカ) 8:55:43
  7. ジョシュ・ガーレット Josh Garrett (ニュージーランド) 9:27:44
  8. ティム・ローク Tim Locke (オーストラリア) 9:33:00
  9. キャロー・シペック (アメリカ) 9:34:45
  10. クナール・ライパル Kunaal Rajpal (ニュージーランド) 9:46:22

102km女子

  1. マヌエラ・ソッコル Manuela Soccol (ベルギー) 9:39:49
  2. アン-マリ・マダン Anne-Marie Madden (カナダ) 9:52:42
  3. ナオミ・ブランド Naomi Brand (南アフリカ) 10:31:25
  4. ニコール・ビター Nicole Bitter (アメリカ) 10:46:54
  5. 安曇樹香 Konoka Azumi (日本) 10:55:03
  6. ケイト・ロイエ Kate Loye (?) 11:01:57
  7. サラ・ルドウィチ Sarah Ludowici (オーストラリア) 11:10:18
  8. ヘレン・バロン Helene Barron (ニュージーランド) 11:52:04
  9. フィオナ・ヘイビス Fiona Hayvice (ニュージーランド) 11:54:08
  10. ミシェル・マカダム Michelle Mcadam (オーストラリア) 11:55:13
102km女子優勝のマヌエラ・ソッコル Manuela Soccol (中央)、2位のアン-マリ・マダン Anne-Marie Madden(左)、3位のナオミ・ブランド Naomi Brand

102km女子優勝のマヌエラ・ソッコル Manuela Soccol (中央)、2位のアン-マリ・マダン Anne-Marie Madden(左)、3位のナオミ・ブランド Naomi Brand

100マイル男子

  1. ウラディミール・シャトロフ Vladimir Shatrov (オーストラリア) 15:53:30
  2. 石川佳彦 (日本) 16:48:47
  3. アダム・キンブル Adam Kimble (アメリカ) 18:23:27
  4. 村田諒 Ryo Murata (日本) 19:05:24
  5. ジョン・ボラム Jon Bolam (オーストラリア) 19:56:57
これも読む
DC Weekly 2020年10月7日 - 週末は尾瀬VK、OSJ KOUMI100

100マイル女子

  1. アイルサ・マクドナルド Ailsa Macdonald (カナダ) 18:10:29
  2. カロリーヌ・セベール Caroline Sebert (フランス) 22:14:21
  3. スー・クロウレイ Sue Crowley (ニュージーランド) 22:28:28
  4. マリーブ・ルグラン Marieve Legrand (カナダ) 22:53:17
  5. ティリー・ペパーズ Tilly Peppers (オーストラリア) 23:11:17
  6. 大石由美子 Yumiko Oishi (日本) 23:33:54
Sponsored link