DC Weekly 2020年4月20日 – ランニング中もマスクを、スカイランチャレンジ3776、長田豪史さんが21時間で8848m

新型コロナウィルスの感染拡大による各地での大会の中止は続いており、本記事を公開する4月20日にはOSJ奥久慈(5月31日)とOSJ山中温泉(6月21日)が中止、OSJ ONTAKE 100(7月23-24日)が9月19-20日に延期を発表しています。国内の大会の開催・中止については引き続き当サイトで随時更新しています。【追記・この日は加えて富士登山駅伝競走(8月2日、静岡県御殿場市)の中止も発表されました。】

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

Sponsored link


この記事の目次はこちらから

これも読む
DC Weekly 2019年12月23日 - トヨタの森、いちご

トレイルランニング関連ニュース

マスクの着用も。山中伸弥教授、ランニング中に新型コロナを拡散しないために注意すべきことを呼びかける。

ノーベル賞受賞者で京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授は市民ランナーとして京都マラソンなどを完走していることでも知られています。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)についても「対策は長いマラソン」と自らのウェブサイトで情報発信をされています。その山中教授が先週、ランニング時に新型コロナウィルスの拡散を防ぐためのエチケットを紹介する動画をYouTubeに投稿。その中で、走って大きな息をすることで周りにウィルスを撒き散らしているかもしれない、としてランニング中にマスクをつけたり、薄手の筒状のネックウェアで口を覆ったりすることを提案しています。

新型コロナ対策では人の密集や近距離での会話を避ける、不要不急の外出を避けるといった対策が呼びかけられていますが、近所を散歩したりジョギングしたりすることはウィルスの拡散にはつながらないといわれています。当サイトの中の人も注意した上で最近も自宅の周辺を走っています。しかし、天気のいい日中の公園などではこれまでよりも多くの人が散歩したりくつろいでいるのを見かけるようになり、時間帯やコースを見直しています。マスクで口を覆いながら走るのは快適ではありませんが、少なくともランニング中に袋に入れたマスクを携帯して他の人との距離が取りづらくなりそうな場面ではマスクを取り出して着用する、という工夫はしようと考えています。

富士山と同じ標高差を目指す「#スカイランチャレンジ3776」

日本スカイランニング協会()とハルカススカイラン実行委員会は新型コロナウィルスで外出が難しい皆さんを応援する企画として、バーチャルイベント「#スカイランチャレンジ3776」を発表しました。自宅の階段や近所の坂道や階段などの上り下りを繰り返して富士山と同じ3,776mの獲得標高(高さ)を目指すというチャレンジです。上った獲得標高はスマホアプリなどを使った自己申告で、ハッシュタグ「#スカイランチャレンジ3776」をつけて毎回SNSに投稿。合計が3,776mに達したら「#制覇」を加えます。見事「#制覇」した参加者には抽選で応援企業からのプレゼントが贈られます。期間は5月17日までです。詳しくは「#スカイランチャレンジ3776」のウェブサイトでご確認ください。

長田豪史さん21時間の階段往復でエベレスト山頂に相当する標高差8,848mD+を達成

2月にスペイン・グランカナリア島のTransgrancanaria 360°に挑戦し、当サイトのポッドキャスト”Run the World”に出演してくださった長田豪史 Osada Goshiさんが、自分が住むアパートの階段の上り下りを繰り返すことでエベレスト(8,848m)に相当する標高差を上ることにチャレンジしました。結果はスタートから21時間かけて3階建てのアパートの階段を1200回往復、深夜の午前2時30分に目標を達成しました。【当サイトでは新型コロナウィルス禍の中で安全や感染防止、近所の住人の方に配慮しながら目標に挑戦する人たちのニュースをお伝えしたいと思います。自薦他薦を問わず、DC weeklyのコメント欄などに書き込んでご紹介いただければ幸いです。】

自宅アパートの階段往復でエベレスト山頂に相当する標高差8,848mD+に挑戦する長田豪史さん

今週末開催のイベント

4月24日金曜日 – 26日日曜日

(中止)ウルトラトレイル・マウントフジ / Ultra-Trail Mt. Fuji(100マイル)

富士山麓で開催の100マイルのトレイルランニングレースはUltra-Trail® World Tourの第8戦となる大会でしたが、当サイトでもお伝えしている通り、新型コロナウィルスのため大会は中止となりました。

4月24日金曜日 – 25日土曜日

(中止)Ultra Fiord (100m, 100k, 70k, 50k, 42k, 30k)

チリ南部のパタゴニアの核心部となるトーレス・デル・パイネ国立公園などの間近で行われるトレイルランニングレース。

4月25日土曜日 – 26日日曜日

(中止)Canyons Ultra(100k, 25k)

アメリカ・カリフォルニア州フォレストヒル。ウェスタンステイツ・トレイルをコースとする100kmのレースはウェスタンステイツ100への出場権がかかったGolden Ticket Raceでしたが、大会は中止に。

(中止)Mt Apo Sky Race (100k, 50k, 25k)

フィリピン・ダバオの郊外にそびえるアポ山(2,954m)へ登って下りるコースで行われるレース。今年の大会は中止となりました。

4月25日土曜日

(中止)MIUT, Madeira Island Ultra-Trail (115k / 85k / 43k /16k)

北大西洋のマデイラ島(ポルトガル)で開催の大会はUTMFと同じ週末に開催されるUltra-Trail® World Tourのシリーズ戦。中止となっています。

(中止)Leona Divide (100k, 50m, 50k, 30k)

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスの郊外で開催される大会ですが、中止(延期)となっています。

4月26日日曜日

(中止)いしおかトレイルラン大会(48k, 26k, 15k, 9k)

茨城県石岡市。第13回となる予定だった今年の大会は中止となりました。

(延期)兵庫波賀トレイルランニング(15k, 7k)

兵庫県宍粟市波賀町で開催。大会は5月31日に延期と発表されています。

これも読む
2018年トレイル世界選手権 Trail World Championships ペニャゴロサ・トレイルズ Penyagolosa Trails プレビュー

(中止)瀬戸内アイランドトレイル in 呉・とびしま(21k, 12k)

広島県呉市上蒲刈島。瀬戸内海の眺めを楽しめる島のトレイルで開催される大会ですが、今年は中止に。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link