Stravaが「The FKT Hub」を公開・FKTの歴史やアスリートのストーリーを紹介する特集サイト

FKTについてはいろいろ知ってたつもりでしたが、新しい発見がありました。

今年はトレイルランニングのレースの中止が相次ぐ中で、アスリートがそれぞれの思い入れを持つコースに挑戦するアクティビティである「」が注目を集めることになりました。StravaはこのFKTについての情報や読み物をまとめた日本語の特設ウェブページ「The FKT Hub」を公開しました。

link


FKTは”Fastest Known Time”の略語で、狭義では文字通りに「最速記録」を意味します。しかし、どのようなコースをどのような条件で走るかはさまざまなバラエティがあります。さらには記録や競争といった要素よりも、それぞれの挑戦の意味やストーリーに表れるアスリートの個性が注目される機会も増えています。そうした中ではアクティビティの記録を手軽に共有できるStravaの役割は大きくなっています。

「The FKT Hub」では、FKTについての基礎的な知識や楽しむにあたってのマナー、上田瑠偉選手の「秋田県・お山かけFKT」をはじめとするインスピレーションとなるようなFKTのストーリーの紹介、Stravaのツールを使って「自分だけのささやかなFKT」を楽しめるヒントなどを紹介。日本ならではのFKTカルチャーを育むきっかけ作りを目指します。

Sponsored link