DC Weekly 2021年4月19日 – Mt. Awa、奥武蔵もろやま、平尾台、南房総花嫁街道で大会開催

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

動画でお送りするDC Weeklyはこちらから。

Sponsored link


ClubhouseではDogsorCaravanのルーム「トレイルランニング・ジャーナル」を開いています。毎週日曜日の朝に「企画会議」で雑談したりしています。フォローしていただけたら次回のお知らせも届きます。

この記事の目次はこちらから

これも読む
小原将寿 Masatoshi Obara ウルトラトレイル・マウントフジ UTMF 2019 レース後インタビュー

トレイルランニングニュース

1週間で100マイルを走るチャレンジ、Virtual UTMFがスタート、4月25日まで開催

ウルトラトレイル・マウントフジ / Ultra-Trail Mt. Fujiは新型コロナウィルスの感染拡大のために昨年に続いて2021年も中止となりました。これを受ける形で、バーチャルイベント「Virtual UTMF」も昨年に続いて開催されます。Stravaの会員となって、4月19日月曜日から25日日曜日までの1週間に走った記録をアップロードし、距離の累計で160kmを目指すというチャレンジです。チャレンジ初日となる本稿執筆時点では2万4千人近くが参加しています。完走者にはStravaでデジタルバッジが付与されるほか、申し込むことでUTMFでエントリー資格とすることができるポイントを6ポイント獲得できます。Virtual UTMFへのエントリーやルールの詳細についてはStravaのチャレンジページに掲載されています。

デジー・リンデンで50km走の世界新記録

アメリカのトップクラスの女性マラソン選手として知られるデジー・リンデン Des Lindenが4月13日に50kmのロードウルトラマラソンに挑戦し、2時間59分54秒でフィニッシュ。2019年9月にアリー・ディクソン Aly Dixon(イギリス)が記録した3時間7分20秒を上回って世界新記録を更新しました。現在37歳のデジー・リンデンは2016年のリオ五輪の女子マラソンで7位、2018年のボストンマラソンで優勝。東京オリンピックに向けて2019年に開催された全米オリンピックトライアルでは4位に。オリンピック米国代表の座は逃したものの、米国トップクラスのマラソンランナーの一人です。マラソンのPRは2時間22分38秒(2011年ボストンマラソン)。昨年来、トレイルで活躍する選手がロードに挑むという話題が続きましたが、今回はロードマラソンからロードウルトラに挑戦というニュースでした。

いいのわたる、本州縦断を13日23時間42分で達成して最速記録を更新

いいのわたる Iino Wataruさんは4月15日午前4時42分に青森駅に到着し、下関をスタートして14日以内で青森まで1550kmを完走しました。この挑戦は現在開催中の「本州縦断・青森~下関フットレース2021」への参加を通じて行われたもので、これまでのFKT(14日11時間35分)を大幅に短縮する新記録となりました。挑戦中の様子はInstagramのほか、ウェブサイト「日本旅ラン」で紹介されています。

先週末開催のイベント

4月17日土曜日 – 18日日曜日

Mt. Awa Skyrace (VK, 22k, 16k)

新潟県三条市。下田・八木ヶ鼻温泉「いい湯らてい」を会場に、粟ケ岳への登山道をコースとして開催。大会の前週に三条市のイベント実施方針により東京、大阪など12都道府県在住者の参加が制限されたほか、雪崩などのリスクから8合目から山頂を除いた代替コースに変更。さらに強風との予報を受けて18日の22km、16kmは前日に再度コースが変更となる中で大会は開催されました。21kmのスカイレースは高村貴子が2時間31分、が2時間0分でフィニッシュし、スカイランナー・ワールドシリーズ Skyrunner World Seriesの開幕戦で勝利を収めました。女子のレースでは須藤吉仕子(3時間14分)、ルチアナ・ナガキ(3時間24分)がトップ3に。男子は川崎に1分差で牛田美樹が2時間1分で2位、上正原正人が2時間5分で3位でした。土曜日のバーティカルキロメーターは宮原徹(43分22秒)、(52分59秒)がそれぞれ優勝。トップ3には男子で高村純太(44分50秒)、青木純(47分49秒)、女子で小林華蓮(54分39秒)、黒澤夏楠(56分0秒)が入っています。新型コロナウィルスに伴う参加制限で有力選手では上田瑠偉、須賀暁の両選手は参加を見送ることになりました。リザルトはこちら

4月17日土曜日

MSIG HK50 Series – Hong Kong Island (24km)

香港でAction Asia Eventsが開催する50kmのシリーズ戦の一つとして香港島で開催される大会で、例年の10月開催を延期して先週末に開催。スタート48時間以内の検査による陰性証明提出や参加人数削減などの対策をとったうえで、新型コロナのパンデミック以降で香港では初の大会となった前週のHong Kong West 25kに続いての大会となりました。男子ではジョンレイ・オニファ John Ray Galutera Onifa(フィリピン)が1時間50分、女子はウォン・メイヤン Wong Mei-Yan(香港)が2時間15分でそれぞれ優勝。ウォン・メイヤンは前週に続く優勝でした。リザルトは大会ウェブサイトから。

South Dawns Way 50m

イングランド南部、ブライトンの郊外のトレイルで開催される50マイルレース。リチャード・マクドウェル Richard McDowell(6時間2分)、サラ・ヒル Sarah Hill(8時間45分)がそれぞれ優勝しています。リザルトはこちら

これも読む
DC Weekly 2020年12月22日 - 藺牟田池、牛松山、木ぐるぐる/動画版では最近レビューしたギアについて

4月18日日曜日

Fourmidable (50K, 35K, half , 13k)

アメリカ・カリフォルニア州オーバーンで開催される大会。前週末の50kmとハーフマラソンに続いて、4月18日に35kmと13kmのレースが行われました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

奥武蔵もろやまトレイルラン(23.7km/13km)

埼玉県毛呂山町で開催。スポーツエイド・ジャパンの主催する大会としては2019年秋以来のトレイルランニング大会開催となりました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

北九州・平尾台トレイルランニングレース(40k/17k)

福岡県北九州市。北九州国定公園・平尾台のカルスト地形の美しい景観のコースで開催。沖縄を除く九州各県と山口県から選手が参加して行われました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

南房総花嫁街道トレイルラン(13k)

南房総市和田浦。2019年の台風被害から地元の皆さんにより復活したハイキングコースを使って開催される「YAMA RUN Challenge」の第三戦。午前の部、午後の部に分かれて計263人が参加して開催されました。午前の部は外池翔太郎(1時間13分)、池神悠希(1時間43分)、午後の部は菅谷和己(1時間17分)、池神悠希(1時間49分)がそれぞれ優勝。リザルトはこちら

今週末開催のイベント

4月23日金曜日 – 25日日曜日

(中止)ウルトラトレイル・マウントフジ / Ultra-Trail Mt. Fuji (170k)

静岡県、山梨県にまたがる富士山麓のコースで開催される100マイルトレイルランニングレースで、Ultra-Trail World Tourのシリーズ戦の一つ。昨年に続いて今年の大会も新型コロナウィルスのために中止となりました。

(延期)Penyagolosa Trails (115k, 63k)

スペインのカステリョー・デ・ラ・プラーナ Castelló de la Planaで115kmのCSP、65kmのMiMの二つのレースからなる大会です。こちらもUltra-Trail World Tourのシリーズ戦で、2018年にはトレイル世界選手権 Trail World Championshipsとなりました。現時点では2021年10月15-17日に延期して開催予定となっています。

4月23日金曜日 – 24日土曜日

(中止)Ultra Fiord (136k、115k、95k, 80k、60k、50k, 42k, 21k)

チリ南部のパタゴニアの核心部となるトーレス・デル・パイネ国立公園などの間近で行われるトレイルランニングレース。大会は来年4月に延期されています。昨年はコロナ禍、一昨年は悪天候のため100マイルをはじめとする大半のレースが中止となっています。

4月24日土曜日

Canyons Ultra (100k, 25k)

アメリカ・カリフォルニア州フォレストヒル。ウェスタンステイツ・トレイルをコースとする100kmと25kmのレース。コースがPoint to Pointに変更されるほか、大会開催のプロトコルも新型コロナウィルスに対応したものとなります。スタート前の密集を避けるため15分間のどこかでスタートするかを各選手が選べることとされているものの、ウェーブスタートとすることは当局から要請されていないとのこと。

(延期)Leona Divide 50m

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスの郊外で開催される50マイルのレース。大会ウェブサイトによれば例年の4月開催は見送りで、11月6日への延期を検討中。

(延期)3 Peaks Race

イングランド北部、ヨークシャーデールズ国立公園の中にある三つの山をコースにしたフェル・ランニングのレース。2021年10月9日に延期されています。

4月25日日曜日

いしおかトレイルラン大会(50k, 27k, 15k)

茨城県石岡市。14回目の大会は50kmのスーパーロング、27kmのロング、15kmのミドルのそれぞれ定員は300人で開催されます。

兵庫波賀トレイルランニング(12.5k, 7.5k, 5k)

兵庫県宍粟市波賀町で開催。

(延期)瀬戸内アイランドトレイル in 呉・とびしま(21k, 12k)

広島県呉市の瀬戸内海の島、上蒲刈島(かみかまかりしま)」で開催。 4月の大会開催を延期し、秋(開催日未定)開催を目指すと発表されています。

これも読む
Onからトレイルランニングの本命「Cloudultra」が登場、2月18日より好日山荘で先行発売

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link