Strava アクティビティに動画を投稿できる機能が登場

Stravaは新たに動画を投稿する機能をサポートしました。ランニングなどのアクティビティをStravaにアップロードしたのちに、そのアクティビティに対してこれまで写真を投稿することができましたが、加えて動画も投稿できるようになります。この機能は先週発表され、その後1〜2週間のうちに全てのアスリートが利用可能となります。

動画の投稿はそれぞれのアクティビティの編集画面から。写真の投稿と同じようにスマホのカメラロールから動画を選択して投稿します。動画は複数投稿可能で、一つの動画は30秒以内という制限があります。30秒を超える動画は最初の30秒だけが視聴可能になります。

link


アクティビティの楽しさや走っている周りの景色の美しさを伝えるのに動画は強力な武器。InstagramやTikTok並みにStravaの動画投稿も盛り上がるのかも。

すでにこの動画投稿機能を利用しているアスリートのアクティビティを次のように見ることができます。

Sponsored link