南アフリカに来年5月、UTMBワールドシリーズの新大会が登場

UTMBワールドシリーズは南アフリカ・西ケープ州のジョージ Georgeを拠点に開催する「Mountain Ultra-Trail by UTMB」が来年2023年のシリーズに加わることを発表しました。アフリカ大陸で開催される大会はシリーズで初めてとなります。大会開催は5月26-28日でエントリー受付は11月16日に始まります。

(写真 © Mountain Ultra-Trail by UTMB)

link


ジョージの市街地を囲み、南アフリカの南海岸に沿って200kmにわたって広がるガーデンルート国立公園がこの大会の舞台となります。MUT by UTMBに参加する選手は緑あふれるジョージの街からはるかにそびえるウテニカ Outeniqua 山脈 へと続く山岳トレイルを駆け抜けることになります。

「Mountain Ultra-Trail by 」の前身となる「George Mountain Ultra-Trail」は2018年に初開催。2023年の大会に新たに加わる100マイルのレースのほか、100km (4.500mD+)、60km (3,054mD+)はウテニア山脈の眺めを楽しめるコース。さらに42kmと25km、10kmのレースも行われ、幅広く参加者を迎える大会となります。

レースディレクターのゼイン・シュマール Zane Schmahl は次のように話します。

「トレイルランニング界最大のシリーズ戦であるUTMBワールドシリーズにアフリカ大陸で初めて参加することになり、大変うれしく思っています。私たちのイベントにとって夢のようなことであり、MUT by UTMBが世界で最もプレミアなイベントの1つである期待に応えられるよう、懸命に取り組んでいます。」

UTMBワールドシリーズの2023年シーズンはこれで30大会の開催が明らかにされています。

Sponsored link