DC Weekly 2023年9月26日 Mammoth 26k、上州武尊山、Paraty Brasil、Grindstone

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

(写真 Mammoth Trail Fest 26kで優勝したジュディス・ワイダー Judith Wyder。 Photo © Golden Trail Series | Mammoth Trail Fest | The Adventure Bakery)

Sponsored link


【お知らせ】犬猫通信 by DogsorCaravanは当サイト・DogsorCaravanのファンクラブ通信。メールアドレスを登録していただければニュースレター形式で週に数回くらい当サイト編集人・岩佐が書く記事が届きます。過去の記事もSubstackのウェブサイトやアプリで読むことができます。
【お知らせ】ポッドキャスト「Run the World, by DogsorCaravan」はAnchor.fmで公開し、Apple PodcastやSpotifyなどの各種プラットフォームで配信しています。ポッドキャストへのメッセージ、感想、リクエストをお待ちしています。エピソードやウェブサイトの中でご紹介します。投稿フォームはこちら。DogsorCaravanのライブ配信イベントの予定はGoogleカレンダーで公開しています。登録すると見逃しを防げます。

先週末開催のイベント

9月21日木曜日 – 24日日曜日

Mammoth Trail Fest (50k, 26k, Hill Climb, 1k)

アメリカ・カリフォルニア州マンモスレイクスで開催。ティム・トレフソン Tim Tollefsonが立ち上げて昨年から始まった大会で、26kmのレースがGolden Trail World Seriesの第6戦でした。男子のレースはレミ・ボネ Rémi Bonnet (SUI) が2位に4分差となる1:54:49で優勝。前週のPikes Peak Ascentに続いてアメリカでのシリーズの2戦を制しました。3位にはマイケル・ボードワン=ルソー Meikael Beaudoin-Rousseau が1:58:48、3位にロベルト・デロレンツィ Roberto Delorenzi (SUI) が1:59:54で続きました。レース前半でボネに続いていたフィレモン・キリアゴ Philemon Kiriago (KEN)、パトリック・キプンジェノ Patrick Kipngeno (KEN) 、チャド・ホール Chad Hall は後半の下りのセクションでコースをロスト。キリアゴとキプンジェノはタイムを失うことになったもののコースに戻ってレースを続け、それぞれ8位と9位でフィニッシュ。ホールはそのまま進んで2番目でフィニッシュしたものの、ロストのため失格となりました。

26kの女子はジュディス・ワイダー Judith Wyder (SUI) が2:18:21で勝利、ダニ・モレノ Daniella Moreno が2:19:13で2位、3位はフロレア・マダリナ Florea Monica Madalina (ROU) で2:23:07でした。

これも読む
DC Weekly 2022年3月7日 Transgrancanaria、球磨川リバイバルトレイル、今週末は小江戸大江戸200k

このほか50kではニック・ハンデル Nick Handel が4:22、エムケイ・サリバン Emkay Sullivan が5:13で男女それぞれのレースで優勝。4.4kmで標高差720mを駆け上る “Dragon’s Back Ascent” はチャド・ホール Chad Hall が36:29、ララ・ハミルトン Lara Hamilton が45:51で男女それぞれのレースを制しました。リザルトはこちらから。

Golden Trail World Seriesは10月19-22日にイタリアのIl Golfo dell’Isola Trail Raceで行われるグランドファイナルを残すのみとなりました。

Mammoth Trail Fest 26kで優勝したレミ・ボネ Rémi Bonnet(中央)。 Photo © Golden Trail Series | Mammoth Trail Fest | The Adventure Bakery

Mammoth Trail Fest 26kで優勝したレミ・ボネ Rémi Bonnet(中央)。 Photo © Golden Trail Series | Mammoth Trail Fest | The Adventure Bakery

Paraty Brasil by UTMB (110k, 55k, 35k, 20k)

ブラジル南東部、リオデジャネイロとサンパウロの間の海沿いに位置するパラチー Paratyを拠点に開催される UTMBワールドシリーズの大会として開催されました。107km 4829mD+の「UTSB 110」はロゲリオ・シルベストリン Rogério SILVESTRIN(11:54)、ジョバンナ・マーチンス Giovanna MARTINS(13:56)とブラジルの選手が男女それぞれで優勝。55km 2682mD+の「PTR 55」はニコラス・ベナビデス Nicolas Ignacio BENAVIDES BOHLE (CHI)が5:37、フランシエリ・キーコウ Francieli KIEKOW (BRA)が6:32。リザルトはこちらから。

Photo © UTMB

Photo © UTMB

9月22日金曜日 – 24日日曜日

Grindstone by UTMB (100m, 100k, 21k)

アメリカ、バージニア州のシェナンドーバレーで開催されるUTMBワールドシリーズの大会。100マイルはマイク・マクモナグル Mike MCMONAGLEが19:10で男子優勝、アリッサ・サンローラン Alissa ST LAURENT (CAN) が24:39で女子優勝。100kはカレブ・オルソン Caleb OLSON が8:54、ロッティ・ブリンクス Lotti BRINKS が10:37で男子、女子それぞれで優勝しました。リザルトはこちら

Photo © UTMB

Photo © UTMB

Ultra Spirit (3 days, trio, 100km)

カーリーヌとフランソワのデンヌ夫妻が企画する3人1組のステージレースのスタイルをとるイベント。イベントの様子はInstagramで見ることができます。

これも読む
【書評】アメリカ横断の走る旅とアメリカの素顔の記録・リッキー・ゲイツ「アメリカをめぐる旅 3,700マイルを走って見つけた、僕たちのこと。」

Vietnam Mountain Marathon (100m, 100km, 70km, 42km, 21km, 10km)

ベトナム・サパで開催されるトレイルランニングレースで、Asia Trail Masterのシリーズ戦でした。大会は今回で10周年を迎えました。50kmではジョン・レイ・オニファ John Ray Onifa (PHI) が5:06で男子優勝、ヴァニャ・クノっプス Vanja Cnops (BEL) が6:41で女子優勝。100km男子はフン・ハイ Hung Hai が12:54、100km女子はチュン・マンイー Man Yee Cheung (HKG) が16:48でそれぞれ優勝。70kmはアーニー・マカネラス Arnie Macaneras (PHI) が8:40で男子優勝、同女子はねもと・あかね Akane Nemoto (JPN) が13:17で優勝という結果でした。リザルトは大会ウェブサイトに掲載される見込みです。

9月23日土曜日 – 24日日曜日

上州武尊山スカイビュートレイル(128k, 80k)

群馬県川場村、片品村、みなかみ町で開催される大会で、山田昇杯にルーツを持つ歴史あるトレイルランニング大会です。コロナ禍に加え、昨年は豪雨被害で中止だったため2019年以来、4年ぶりの開催でした。SkyViewTrail 128の男子では黒河輝信が16:11で優勝。2位を2時間以上引き離す圧勝でした。黒川は2018年に3位ののち2019年にこのレースで優勝しており、4年越しでの連覇です。2位は矢崎智也で18:35、3位は武藤尚一郎で18:58でした。女子は枝元香菜子が21:48で優勝、久保亜樹子が22:31で2位、3位は加藤揚子で23:17でした。

SkyViewTrail 128男子優勝の黒河輝信。Photo © 計測工房

SkyViewTrail 128男子優勝の黒河輝信。Photo © 計測工房

SkyViewTrail 128女子優勝の枝元香菜子。Photo © 計測工房

SkyViewTrail 128女子優勝の枝元香菜子。Photo © 計測工房

SkyViewTrail 80の男子のレースはリードしていた荒木諒に終盤で町田知宏が追いつく形で揃って9:38でフィニッシュ、タイで優勝を分け合いました。3位に松山優太が9:44で続きました。女子では山内菜摘が11:43で優勝、北村三奈が12:26で2位、板橋菜奈子が13:00で3位でした。リザルト速報はこちら

SkyViewTrail 80男子でタイ優勝の荒木諒(右)と町田知宏。Photo © 計測工房

SkyViewTrail 80男子でタイ優勝の荒木諒(右)と町田知宏。Photo © 計測工房

北海道アウトドアフェスティバル(80km, 60km, 35km, 16km, 4km)

北海道・ルスツリゾートで開催される二日間のイベントの中で、日曜日に80km、60km、35kmのコースマーキングなしの「マウンテンマラソン」と16km、4km、キッズ2kmの「トレイルランニング」が行われました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

これも読む
【追記あり】2023年トレイル・マウンテンランニング世界選手権の日本代表選考レースが発表に

9月23日土曜日

Gorbeia Suzien (31km, 21km)

スペイン・バスクのビスケー県セアヌリ Zeanuriを拠点に、ゴルベイア山塊をコースにして開催される大会。31km 2,400mD+のレースがスカイランナー・ワールドシリーズの第11戦でした。

男子は接戦となりアラン・サンタマリア Alain Santamaría (ESP)が2:57で優勝、1分足らずの差でアントニオ・マルチネス Antonio Martínez (ESP) が2:58で2位、3位はその26秒後にフィニッシュしたフレデリック・トランシャン Frédéric Tranchand (FRA)で2:58でした。

女子はクレマンティーヌ・ジョフレイ Clementine Geoffray (FRA)が3:34で優勝。イリス・パッセー Iris Pessey (FRA)が3:35で続き、3位はアナスタシア・ルツォバ Anastasia Rubtsova (RUS)で3:39でした。リザルトはこちら。スカイランナーワールドシリーズは10月7日のLouzan Skyrace (ポルトガル)を経て、10月28日のLimone Xtremeで行われるSkyMastersが最終戦となります。

La Skyrhune (21km)

フランス領バスク(ペイ・バスク・フランセ)にあるアスカン Ascainで開催。距離は21kmで累積獲得高度は1700mD+のレースが行われます。フランスのGolden Trail National Seriesのファイナルでした。男子はジャン・マルガリト Jan Margarit (ESP) が1:53で優勝、シモン・グイナール Simon Guignard (FRA) が1:55、バンジャマン・ルビオル Banjamin Roubiol (FRA) が1:55で表彰台に立ちました。女子はブランディーヌ・リロンデル Brandine L’Hirondel (FRA)が2:10で優勝。エミリー・メヌエ Emilie Menuet (FRA)が2:24で2位、オリビア・マノーネ Olivia Magnone (FRA)が2:26で3位。リザルトは大会ウェブサイトから。

青鳩トレイルラン

神奈川県大磯をスタートする30kmと12kmのレースで、NPO野外活動(自然体験)推進事業団がプロデュース。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

9月24日日曜日

仙台泉ヶ岳トレイルラン(25km、17km、12km、3km)

仙台市のスプリングバレー泉高原スキー場を会場に開催される25kmなどのレースが行われました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

若狭路トレイルラン(43k/32k/15k)

福井県若狭町、小浜市で開催。若狭湾、三方五湖を眺めることのできるコースで開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

今週末開催のイベント

9月24日日曜日 – 30日土曜日

Grand to Grand Ultra (275 km, 6 stages)

アメリカ・アリゾナ州とユタ州にまたがるエリアで開催されるステージレースで、7日間で6ステージ、合計275kmを走るレース。

9月28日木曜日 – 10月1日日曜日

Nice Côte d’Azur by UTMB (100m, 100k, 50k, 20k)

南フランス、ニースを拠点として開催される新大会で、UTMBワールドシリーズのイベントです。165km 8,700mD+のレース「Ultra Trail Métropole Nice Côte d’Azur – 100M」はニースの北に位置するオーロン Auronをスタートして、10kmで標高2,650mのコース最高地点へ。さらにメルカントール山地を通って南へ進み、フレンチリビエラとして知られる地中海岸のリゾート都市、ニースでフィニッシュします。このほか、111km 5,000mD+の「Roubion – Nice 100K」、59km 3,300mD+の「Menton – Nice 50K」、17km 700mD+の「Villefranche – Nice 20K」も開催されます。大会の模様はライブ配信される予定です。

これも読む
DC Weekly 2021年9月28日 Skyrhune、志賀高原エクストリーム、Sparthlon

9月29日金曜日 – 30日土曜日

The Bear 100

アメリカのユタ州とアイダホ州にまたがるエリアで開催される100マイルのトレイルランニングレースです。

9月29日金曜日 – 10月1日日曜日

Ultra Pirineu (100k, 42k, 21k, VK)

スペイン、ピレネー山脈のカディ・モイセロ国立公園で開催。Spartan Trail World Championshipsの大会であり、21kmのレースはGolden Trail National Serieis – ESP/PORのの第二戦です。

9月30日土曜日 – 10月1日日曜日

XTERRA Trail Run World Championship (42km, 21km)

XTERRAが開催するトレイルランニングのイベントで、アメリカ東海岸のメイン州・シュガーローフマウンテンで開催されるイベントのうち、42kmと21kmのレースはワールドチャンピオンシップと銘打って開催されます。

Spartathlon (246k)

ギリシャで開催されるウルトラマラソン。アテネからスパルタまでを走ろうというアイディアから1984年に始まった大会で、250kmのコースの制限時間は36時間。30日土曜日の午前7時(日本時間同日午後1時)にスタートします。

Tokyo 100 (100km, 100mile)

東京都青梅市、奥多摩町。青梅永山公園をスタートして雲取山で折り返して青梅に戻る110kmの「Tokyo100」、奥多摩駅でフィニッシュする35.6kmの「Tokyo30」の二つのレースが行われます。

9月30日土曜日

比良トレイルラン(27km)

滋賀県大津市の蓬莱地区をスタートして比良山地をコースとする27kmのトレイルランニングイベントです。

Primiero Dolomiti Trail (WMRAWC)

イタリア・トレンティーノで開催される今年初開催の大会で3.4km 710mD+の周回コースを3周するマウンテンランニングのクラシック競技のレースが行われます。WMRAのマウンテンランニングW杯のシルバーレーベルのレースとなっています。

10月1日日曜日

トレニックワールド in 外秩父 50km & 45km

埼玉県寄居町など。ロング50km、ミドル45kmともに寄居町役場からニューサンピア埼玉おごせへと向かうコースで開催。

KONAN TRAIL ~お塩と羽尾とやすらぎトレイル~ (旧・土佐塩の道トレイルランニングレース)(33.7km)

高知県香南市。「土佐塩の道トレイルランニングレース」として開催されていた大会からリニューアルを経て新たに開催される模様です。

奥三河パワートレイル(70k)

愛知県豊根村の茶臼山高原をスタート、新城市のふれあいパークほうらいまでの70km / 4,000mD+のコースで開催。昨年までの春の開催から季節を移したほか、コースも豊橋鉄道旧田口線跡をコースに組み込んだ新コースとなります。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link