DC Weekly | 連休中に上田バーティカルレース、先週末は福田由香理がKorea 50kで優勝・2016年4月27日

Yukari_Fukuda_Korea50k_2016

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weekly。日本ではゴールデンウィークに入るこの週末も各地でレースが開催されます。このDC Weeklyへ皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。2016年の国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーもぜひご利用ください(今年度の下期分を更新しました)。

先週末のリザルト

4月23日土曜日:善光寺、マデイラなど

  • 善光寺ラウンドトレイル (17k, 7k):長野市で開催。17kmのレースでは男子で上田瑠偉、女子は4月3日のハセツネ30kで優勝した松岡宏美が優勝。男子では2位以下に貝瀬淳、、山田琢也が続きました。リザルトはこちらから。
  • MIUT-Madeira-Island-Ultra-Trail-logoマデイラアイランド・ウルトラトレイル / Madeira Island Ultra-Trail® (115k / 85k / 43k /16k):北大西洋のマデイラ島(ポルトガル)で開催され、115kmのレースがUltra Trail World Tourの第5戦でした。このレースを制したのは欧州の有力選手が揃う中でアメリカから参加したザック・ミラー / Zach Miller。昨年のCCCで優勝するなど、アメリカのランナーとしては珍しく(?)欧州でもその実力を発揮しました。世界を巡るクルーズ船の乗員として船の上でトレーニングをしてウルトラマラソンに出場して注目され、今はコロラドの高峰・パイクスピークの登山コースにある管理事務所のスタッフとして常駐しているというユニークな人物です。2位には20分差でトフォル・カスタナー / Tofol Castaner。3位にセバスチャン・カミュ / Sebastien Camusが続きました。女子優勝は前評判の通り、カロリーヌ・シャヴェロ / Caroline Chaverotでした。リザルトはこちらから。Ultra Trail World Tourは次の第6戦が5月14日にオーストラリアのUltra-Trail Australiaで開催されます。
  • Ultra du Pas du Diable (120k):フランス南部で開催。Trail du Roc de la Luneのレースの一つとして開催される120km / 6,500mD+のレースは今年初開催のUltra Mountain National Tourの開幕戦でした。優勝は男子でUTMFでも上位入賞経験を持つリオネル・トリベル / Lionel Trivel、女子はベルギーのヤニック・デルバ / Janick Delvaでした。合わせて開催された、60km、30km、16kmの各レースでもフランスのレースで活躍する選手が集まるハイレベルなイベントとなりました。
これも読む
DC Weekly | 先週末はIAU100km世界選手権、今週はRing of Steall Skyrace・スカイランニング世界選手権、信越五岳など・2018年9月11日

4月24日日曜日:奥三河、東丹沢、さくらおろち湖、富士五湖、多良の森、Korea 50k

  • 奥三河パワートレイル(70k) :愛知県豊根村の茶臼山高原から湯谷温泉(新城市)への70km。男子は、女子はが優勝し、10月末にポルトガルで開催されるIAUトレイル世界選手権の日本代表内定資格を満たしました。当サイトではリザルトを紹介しているほか上位入賞の皆さんのインタビューをお送りしています。
  • 東丹沢・宮ヶ瀬 トレイルレース(32k):神奈川県相模原市。男子では佐々木侑一(滝ヶ原自衛隊)が優勝、2位に名取将大(Team Sportiva)、3位に藤飛翔(早稲田大)と若い選手が上位を占めました。女子は枝元香菜子が優勝、2位はベテランの松井一葉でした。リザルトはこちら(PDFへのリンク)。NESチャンピオンシップ(東丹沢宮ヶ瀬、道志村、八重山、北丹沢)の開幕戦でした。
  • さくらおろち湖トレイルラン大会(27km、15km):島根県雲南市・奥出雲町。リザルトはこちらから。
  • チャレンジ富士五湖 ウルトラマラソン(118km、100km、71km):富士五湖をそれぞれ周回しながらつなぐコースで開催された人気イベント。118kmでは原良和が8:36で大会新記録を更新して圧勝。女子優勝は楠瀬祐子で10:27でした。100kmは板垣辰矢柳澤由美子が、71kmでは大林僚兼松藍子がそれぞれ男女で優勝しています。リザルトはこちらから。
  • 多良の森トレイルランニング(39k、19k):長崎県大村市野岳町の野岳湖公園を会場に開催され、昨年のプレ大会に続いて今回が第一回大会となりました。39kmの「修験者コース」は川崎雄哉が5:12で男子優勝、宮崎喜美乃が総合15位となる7:17で優勝しています。19kmの「フォレストコース」は三池浩介古賀幸子がそれぞれ男女で優勝。リザルトはこちらから。
  • Korea50k_logo_largeKorea 50k (55km):韓国のソウル北方の東豆川市(トンドゥチョンし)で開催される59.3km / 3570mD+のトレイルランニングレース。二回目の大会となる今回はAsia Trail Masterのシリーズ戦となって海外の選手も多数参加しました。レースは中国の23歳で昨年のTNF 100 Chinaで3位、今年のUTHKで2位のシュー・ジウタオ / 许秀涛 / Xu Xiutaoがリード、7時間11分で優勝しました。2位には8分差で昨年のこの大会で優勝している韓国のウルトラマラソンのレジェンド、シン・ジェドク / Sim Jaeduk。3位に香港在住のクレマン・デュモン / Clement Dumont(フランス)が続きました。女子では日本から参加した福田由香理 / Yukari Fukudaが8:19で優勝、男女総合で9位となる好成績でした。女子の2位は福田から62分差、香港のジャネット・ウン / Janet Ngでした。Asia Trail Masterの次のイベントは5月8日にカザフスタンで開催のTengri Ultra Marathonとなります。そして6月19日に日本で開催のEchigo Country TrailがAsia Trail Masterのイベントとなっています。
これも読む
2018年Vertical Kilometer® World Circuitの日程が発表 #verticalkilometer

Sponsored link


Yukari_Fukuda_Korea50k_2016

Korea 50kで優勝した福田由香理。 by Asia Trail Master

Korea50k_2016_men_podium

左から男子2位のシン・ジェドク、一人おいて優勝のシュー・ジウタオ(中国)、クレマン・デュモン(フランス)。Photo by Asia Trail Master

Korea50k_2016_women_podium

左から女子2位のジャネット・ウン(香港)、優勝の福田由香理、3位のスン・ヘーリー(韓国)。Photo by Asia Trail Master

今週末のイベント

4月29日金曜日:いしおか、兵庫波賀

4月30日土曜日 – 5月5日木曜日:川の道

  • 日本横断「川の道」520kmフットレース(520km/265km/255km):東京から新潟まで、荒川と信濃川沿いの道をつなぐ超長距離のウルトラマラソンイベント。スタートからフィニッシュまでワンステージのレースですが、520kmのレースでは指定された3カ所でそれぞれ2時間以上休息しなければならない、というルールとなっています。

4月30日土曜日 – 5月1日日曜日:Indiana 100, Thames Path 100

  • Indiana 100 (100マイル):アメリカ中西部のインディアナ州で開催の100マイルのトレイルランニングレース。
  • Thames Path 100:イギリスのロンドンからオックスフォードまで、川沿いの道を遡る100マイルのランニングレースです。

4月30日土曜日:TNF100フィリピン、Yading Skyrunなど

  • The North Face 100 Philippines (100k/50k/22k):The North Faceがアジアで開催するトレイルランニングレースのシリーズ。フィリピン・バギオで開催。
  • SKYRUNNER_WORLD_SERIES_2016-squareYading Skyrun (29km):中国・四川省の標高6000mを超える山岳地帯のコースで、累積獲得高度は2.300mD+に達します。今シーズンのスカイランニングの世界シリーズ戦 / 2016 Skyrunner World Seriesの開幕戦となります。
  • Ultra Trail Barcelona (100k, 70k, 42k, 21k, 2-6k):スペイン・バルセロナ近郊のガラフ自然公園で開催。
  • 3 Peaks Race:イギリスで開催されるフェルランニングのレースで、距離は明示されていないものの、昨年の優勝タイムは2時間51分でした。
  • Ingeli SkyMarathon® (42k):南アフリカ西部で開催。今年のスカイランニング・南アフリカシリーズの一戦です。
  • Carrera Vertical Trail Rae (VK):スペイン北部・カンタブリア州で開催。スペインのトレイルランニングシリーズ戦のVKの部の開幕戦となっています。

5月1日日曜日:スペイン、カナダ

  • Trail Rae Otañes (34k):こちらもスペイン・カンタブリア州で開催、前日のVKと同様にスペインのトレイルランニングシリーズ戦となっています。
  • TNF Dirty Feet Kal Park 50 (50k):カナダ・ブリティッシュコロンビア州バーノンで開催。カナダの長距離マウンテンランニング選手権、スカイランニングのカナダシリーズのレースとなっています。
  • Trail Nivolet Revard (51k / 27k / 13k):フランス・サボア県のシャンベリー近郊ヴォグランで開催されるトレイルランニングレース。日本の神流マウンテンラン&ウォークと姉妹大会となっており、今年は土井陵が参加します。51kmのスタートは1日日曜日午前8時(日本時間同日午後3時)です。当サイトが2014年に取材した際のレポートはこちらから、昨年の上宮逸子さんのレポートはこちらから。
これも読む
DC Weekly 2018年12月13日

5月3日火曜日:上田バーティカルレース

  • UedaVK-2016_logo上田バーティカルレース・太郎山登山競走 (5k / 3.3k):今年はNHKの大河ドラマの舞台としても注目の集まる長野県上田市の太郎山で開催。上田市の大星神社から太郎山山頂へと駆け上るバーティカル・キロメーターのレースです。今年は来年のスカイランニングユース世界選手権の日本代表選考レースを兼ねた「ユース日本選手権」となっているともに、スカイランナー・ジャパン・シリーズ(SJS)の今年の開幕戦となっています。当サイトでは後ほどこの上田バーティカルレースのプレビュー記事をお届けします。また当日は大会会場からレースの模様をレポートする予定です。昨年の当サイトのレポートはこちらから。
Sponsored link