DC Weekly 2022年8月1日 Grossglockner、Montreux、富士登山競走、Giir di Mont、Skyrace Comapedrosa

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

ClubhouseではDogsorCaravanのルーム「トレイルランニング・ジャーナル」を開いています。毎週日曜日の朝に「サンデートレイル」で雑談したりしています。フォローしていただけたら次回のお知らせも届きます。

Sponsored link


この記事の目次はこちらから

これも読む
上田瑠偉選手がその土地の魅力を発信する「Discover Tabistプロジェクト」の第一号パートナーに

先週末開催のイベント

7月28日木曜日 – 30日土曜日

La 6000D (67k, 42k, 11k)

フランスのスキーリゾート、ラ・プラーニュで開催。67km 3400mD+の「La 6000D」の男子はベニャト・マルミソレ Beñat MARMISSOLLE(FRA)が6時間20分で制しました。先日のRestonica Trail By UTMB 108kmに続いての優勝です。女子のレースはルーシー・ビダール Lucie BIDAULT(FRA)が7時間41分で優勝。リザルトはこちら

7月28日木曜日 – 31日日曜日

Grossglockner Ultra Trail (110km, 84km, 57km, 35km)

オーストリアのカプルーン Kaprunを拠点にオーストリアの最高峰・グロースグロックナー(標高3798m)の山麓で行われた110kmはアレクサンダー・ベステンベルガー Alexander Westenberger(GER)が14時間35分、バシリア・フォースター Basilia Förster(GER)が20時間9分で男女それぞれのチャンピオンとなりました。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

Grossglockner Ultra Trail 110km男子優勝のアレクサンダー・ベステンベルガー Alexander Westenberger。Photo by race organization

Grossglockner Ultra Trail 110km男子優勝のアレクサンダー・ベステンベルガー Alexander Westenberger。Photo by organization

7月29日金曜日 – 31日日曜日

Montreux Trail Festival (110k, 70k, 30k)

「モントルー・ジャスフェスティバル」で知られるスイス・モントルーで開催のトレイルランニングイベント。110km 8,000mD+の「MXTREME」はダビド・アウス David Hauss(FRA)が90kmを過ぎてからチョウ・ジアジュ Jiaju ZHAO(CHN)からリードを奪って14時間14分で優勝、チョウは約10分差の14時間25分で2位。3位にはデン・ゴーミン Guomin DENG(CHN)が15時間46分で続き、中国勢が健闘。女子ではアリアン・ウィレム Ariane WILHEM(SUI)が17時間49分で優勝。69km 4900mD+の「MXALPS」ではクロービス・シャベロ Clovis CHAVEROT(FRA)が8時間11分、ラグナ・デバッツ Ragna DEBATS(NED)が9時間57分でそれぞれ男女のレースで優勝。2位にはこちらもそれぞれロー・カンファ Canhua LOUが8時間19分、シャン・フージャオ Fuzhao XIANGが10時間4分と中国のアスリートが活躍。このほか、30km 2100mD+の「MXSKY」ではシェン・ジアシェン Jiasheng SHEN(CHN)が優勝しています。

これも読む
DC Weekly 2022年5月23日 彩の国、比叡山 、柴又、野辺山

また先週に距離390km、累積獲得高度24,000mD+の「Crossing Switzerland」を85時間28分で優勝したばかりの飯野航 Wataru IINOが110kmの「MXTREME」に参加して男子17位となる20時間2分で完走しました。リザルトはこちら

先週の390km優勝に続いて週末に110kmを完走した飯野航。Photo by race organization

先週の390km優勝に続いて週末に110kmを完走した飯野航。Photo by organization

Lakeland 50 & 100

イギリス・湖水地方のコニストン Conistonで開催される100マイル(169km 6,856mD+)のトレイルランニングレース。アリ・ベイリー Ali Baileyが20時間46分、エマ・スチュアート Emma Stuartが23時間5分で男女それぞれの優勝者になりました。あわせて50マイル(80.5km 2,965mD+)のレースも開催されています。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

7月29日金曜日

富士登山競走(21k/15k)

今回で75回目となる富士登山競走は富士吉田市役所をスタートして吉田口登山道で山頂に至る21km 3,000mD+の山頂コースが4年ぶりに開催されました(2019年は悪天候のため五合目で打ち切り)。天候に恵まれたものの気温が上がったためかレースは全般にペースが抑えめの厳しいものとなりました。男子では甲斐大貴 Hiroki KAIが初挑戦で2時間51分で優勝。2018年に10位の村田稔明 Toshiaki Murataが2時間53分で2位、2017年に3位、2018年に7位の江本英卓 Suguru EMOTOが2時間55分で3位でした。女子では吉住友里 Yuri YOSHIZUMIが3時間15分で2位以下に19分差をつけて圧勝。2017年からこの大会に4度出場でいずれも優勝したことになります。2位には楠田涼葉 Suzuha KUSUDAが3時間34分、3位には上田絢加 Ayaka UEDAが楠田に51秒差の3時間34分でした。このほか五合目でフィニッシュする15km 1,480mD+の五合目コースは齋藤拓也 Takuya SAITOが1時間21分、好士理恵子 Rieko KOUSHIが1時間45分で男女それぞれの優勝者となっています。結果速報はこちら

7月30日土曜日 – 31日日曜日

Giir di Mont (9k, 32k)

イタリア北部、プレマーナで開催の山岳レースは二日間にわたってWMRAのマウンテンランニングW杯のシリーズ戦となりました。

土曜日は今年初開催の9km 1050mD+のショートアップヒル競技。女子のレースはジョイス・ンジェル Joyce Njeru(KEN)が54分49秒で勝利を収め、W杯で今季4度目の優勝となりました。続いたのは今シーズンのW杯初登場のアンドレア・マイアー Andrea Mayr(AUT)で55分7秒。3位はマダリナ・フローレア Madalina Frolea(ROM)で55分32秒。男子は最初から積極的にリードしたパトリック・キプンジェノ Patrick Kipngeno(KEN)が46分12秒で優勝。キプンジェノも今季4度目の優勝でした。フィリエモン・キリアゴ Philiemon Kiriago(KEN)が46分58秒で2位、シルバン・カシャール Sylvain Cachard(FRA)が47分22秒で3位でした。リザルトはこちら

Giir di Montのアップヒル競技で優勝したジョイス・ンジェル Joyce Njeru。photo by Marco Gulberti / WMRA

Giir di Montのアップヒル競技で優勝したジョイス・ンジェル Joyce Njeru。photo by Marco Gulberti / WMRA

続いて日曜日は32km 2,400mD+のロングマウンテン競技が行われました。女子のレースはヒラリー・ジェラルディ Hillary Gerardi(USA)が先行してルーシー・ムリギ Lucy Murigi(KEN)が僅差で続き、エリサ・デスコ Elisa Desco(ITA)が2分差で追うという序盤でした。しかし、最後の下りセクションに入るとデスコが一気にリードを奪うという展開となり、そのまま4時間0分でエリサ・デスコ Elisa Descoが優勝、44秒差の4時間1分でルーシー・ムリギ Lucy Murigiが2位。ムリギは前日のアップヒルでの7位に続く好成績でした。ヒラリー・ジェラルディ Hillary Gerardiが4時間6分で3位に。男子のレースはこの大会で2015年優勝のペトロ・マム Petro Mamu(ERI)と2018年2位のクリスティアン・ミノッジョ Cristian Minoggio(ITA)の二人が並んでリード。後続に7分の大差をつけて最後の下りに入った時にはミノッジョがマムに10秒のリードでしたが、マムの下りのスピードが上回り、3時間11分で優勝。ミノッジョは13秒差で2位に。マッティア・ジアノーラ Mattia Gianola(ITA)が3時間20分で3位でした。リザルトはこちら

Giir di Montの32kmで優勝したペトロ・マム Petro Mamu(ERI)。photo by Marco Gulberti / WMRA

Giir di Montの32kmで優勝したペトロ・マム Petro Mamu(ERI)。photo by Marco Gulberti / WMRA

W杯は来週のチェコでのKrkonossky Half Marathon、そしてその翌週のSierra-Zinal(スイス)へと続きます。

これも読む
DC Weekly 2020年4月6日 - 「オレのワタシの大好き家トレ」、キリアンのオンライン読書会

SkyRace Comapedrosa (50km, 24km, 19km)

ピレネー山脈のアンドラで開催。24km 2,375mD+のレースがスカイランナー・ワールドシリーズのシリーズ戦でした。女子では前週のSchegeis 300 Skyraceに続いてリンゼー・ウェブスター Lindsay Webster(CAN)が優勝(3時間42分)、オンディツ・イトルべ Onditz Iturbe Ariginzoniz(ESP)が3時間51分で2位、イリス・パッセー Iris Pessey(FRA)が3時間52分で3位に。4位にマイテ・マイオラ Maite Maiora Elizondo(ESP)、5位に高村貴子 Takako Takamuraが3時間55分で続きました。男子は6月のMinotaur Skyrace優勝のダミアン・ウンベール Damien Humbert(FRA)が3時間4分でウィナーズビブを獲得。2位にマルティ・ラザーロ Martí LÁZARO CORDERO(ESP)が3時間7分、ニコラス・モリナ Nicolás MOLINA(ESP)が3時間11分で3位でした。リザルトはこちら

SkyRace Comapedrosa 24km男子優勝のダミアン・ウンベール Damien Humbert. Photo by race organization

SkyRace Comapedrosa 24km男子優勝のダミアン・ウンベール Damien Humbert. Photo by organization

SkyRace Comapedrosa 24km女子優勝のリンゼー・ウェブスター Lindsay Webster. Photo by race organization

SkyRace Comapedrosa 24km女子優勝のリンゼー・ウェブスター Lindsay Webster. Photo by race organization

Burning River 100

オハイオ州アクロン郊外で開催の往復コースで開催。100マイルのレースはルーク・ランディス Luke Landisが16時間8分、アリッサ・ホフェールト Alyssa Hoffertが20時間8分でそれぞれ男女のチャンピオンとなりました。リザルトはこちら

Canadian Death Race (118k, 41k, リレー)

カナダ・アルバータ州グランドキャッシュで開催の118kmなどのトレイルランニングレース。118kmはイーサン・ピータース Ethan Petersが13時間7分、リンゼー・クラッセン Lindsey Klassenが16時間32分で男女それぞれのレースで優勝。リザルトはこちら

7月30日土曜日

Davos X-Trails (68k, 43k, 23k, 10k)

スイス・ダボスで開催。「SwissAlpine Davos」の後継として初開催でした。K68はステファン・ウェンク Stephan Wenk(SUI)が5時間49分、ハイジ・シュワルツ Heidi Annemarie Schwartz(AUT)が7時間48分でそれぞれ男女のレースで勝利。リザルトはこちら

これも読む
1MORE ComfoBuds Mini レビュー:コンパクトなのに強力なノイキャン機能、睡眠時や旅のお供にぴったりな完全ワイヤレスイヤホン

Tushar 100K, and marathon, half marathon

アメリカ・ユタ州のタシャー山地で開催されるトレイルランニングレース。100Kはリチャード・ロックウッド Richard Lockwoodが12時間43分、エリザベス・バトラー Elizabeth Butlerが14時間56分で男女それぞれのチャンピオンとなりました。リザルトはこちら

7月31日日曜日

KAKITSU (30km、10.4km)

兵庫県たつの市の菖蒲谷森林公園で開催。30kmのロングクラスは河原愛美(4時間27分)と松浦弘幸(3時間51分)、10.4kmのショートクラスは勝間佳江(1時間24分)と白石雅和(1時間2分)がそれぞれ優勝しました。リザルトはこちら

今週末開催のイベント

8月4日木曜日 – 6日土曜日

Tromsø SkyRace (57k, 32k, 18k, VK)

ノルウェー・トロムソで開催。6日に行われるHamperokken Skyrace(57km 4,800mD+)がスカイランナー・ワールドシリーズ Skyrunner World Seriesのレースです。昨年に続いてBlåmann Vertical KMは中止で、3つのレースがいずれも6日土曜日に開催されます。

8月5日金曜日 – 7日日曜日

Elbrus Mountain Race (127k, 109k, 50k, 44k, 35k, 33k, 24k, 10k)

ロシア、そしてヨーロッパの最高峰であるエルブルス山(5642m)で開催。

Fat Dog 120 (120m, 70m, 50m, 40m)

カナダ・ブリティッシュコロンビア州で開催。193kmで累積獲得高度8,682mD+のシングルステージのトレイルランニングレース。

8月5日金曜日 – 6日土曜日

Stranda Fjord Trail Race (100k、48k、25k、12k)

ノルウェーのフィヨルドに面した村、ストランダで開催のトレイルランニング・イベント。25km 1700mD+のレースがGolden Trail World Seriesの第3戦となります。

8月6日土曜日 – 7日日曜日

野沢トレイルフェス(27k/12kなど)

長野県・野沢温泉スキー場で開催。土曜日に27km 960mD+のロング、12kmのほぼ下りのみのショート、日曜日にキッズレースが予定されています。

Angeles Crest 100

カリフォルニア州ロサンゼルス郊外で開催のアメリカの100マイルレースとしては最も古い大会の一つです。

これも読む
DC Weekly 2020年10月26日 - HOTAKA Skyrun、Ultimate Tsaigu/動画版でSalomon Running Base Takaoをレポート

North Downs Way 100m

イギリス・ロンドン南郊のノースダウンズウェイ・トレイルで開催の100マイル。

8月6日土曜日

Swiss Irontrail (44k, 14k)

スイス東部、ズルゼスで開催の44kmと14kmのトレイルランニングレース。

8月7日日曜日 – 14日日曜日

トランスジャパンアルプスレース

2年に一度開催の日本海から日本アルプスを縦走して太平洋までの415kmを8日以内で完走を目指す山岳耐久レース。「2020年大会」は昨年2021年に延期して開催されたので、今年は2022年大会が開催されます。30人の出場選手は8月6日土曜日の深夜24時(7日0時)に富山県魚津市をスタートし、192時間(8日間)での完走を目指します。

8月7日日曜日

OTARI TRAIL OPEN IN TSUGAIKE (27k, 11k)

長野県栂池高原の栂池高原スキー場を拠点に開催。27kmのレースがGolden Trail Nationak Series – Japanのシリーズ戦となります。

(中止)天塩岳速登競争(6.3km 781mD+)

北海道士別市。今年もスカイランニング北海道選手権となっていましたが、先週になって「諸事情」で大会は中止となりました。

富士登山駅伝競走大会

静岡県御殿場市。今年で47回目の駅伝は御殿場駅前から山頂を折り返して御殿場市陸上競技場でフィニッシュする全11区。例年の約130チームから、出場を80チームに限って開催されます。

Krkonossky Half Marathon 21km

チェコのフラデツ・クラーロヴェー州ヤーンスケー・ラーズニェ。温泉による療養地として知られるこの地で開催される21kmのレースがMountain Running World Cupのクラシック競技のシルバーレーベルの大会となります。

Ubaye Trail Salomon (42k, 23k, 12k, VK)

フランス南部のバルスロンネットを拠点に開催。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

Sponsored link