DC Weekly 2023年7月10日 志賀高原100, Badwater 135, Val d’Aran, Restonica Trail, Verbier, 奥四万十

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

(写真・志賀高原100で女子優勝の枝元香菜子。Photo © 計測工房)

Sponsored link


【お知らせ】犬猫通信 by DogsorCaravanは当サイト・DogsorCaravanのファンクラブ通信。メールアドレスを登録していただければニュースレター形式で週に数回くらい当サイト編集人・岩佐が書く記事が届きます。過去の記事もSubstackのウェブサイトやアプリで読むことができます。
【お知らせ】ポッドキャスト「Run the World, by DogsorCaravan」はAnchor.fmで公開し、Apple PodcastやSpotifyなどの各種プラットフォームで配信しています。ポッドキャストへのメッセージ、感想、リクエストをお待ちしています。エピソードやウェブサイトの中でご紹介します。投稿フォームはこちら。DogsorCaravanのライブ配信イベントの予定はGoogleカレンダーで公開しています。登録すると見逃しを防げます。

先週末開催のイベント

7月4日火曜日

Badwater 135

アメリカ・カリフォルニア州のデスバレーからマウントホイットニーまでの135マイル(217km)の灼熱のコースを走るウルトラマラソン。今年のレースを制したのは昨年女子優勝のアシュレイ・ポールソン Ashley Paulsonで、男女総合での優勝という快挙になりました。21時間44分35秒というタイムは昨年の自身による24時間9分34秒を2時間半以上上回り、男子大会記録の21時間33分1秒(2019年、石川佳彦)に続く歴代2位となります(なお、今年のコースは冬季の豪雪により水没したセクションを避けるため、途中に自動車による移動を含むコースへと一部変更されています)。今年のレースはシーメン・ホルビック Simen Holvik (NOR) がリードし、石川佳彦 Yoshihiko Ishikawaが追う展開が続きましたが、100マイルの手前でポールソンが石川に追いつきます。まもなくポールソンはホルビックにも追いつき、そのまま追従を許さずフィニッシュ。43分差の22時間28分でホルビックが男子優勝、石川は23時間52分で3位という結果でした。続く総合4位にソニア・アフジャ Sonia Ashuja (IND) が25時間42分でフィニッシュして女子2位に。総合7位の27時間49分でマリー・コナー Maree Connor (AUS) が女子3位と女子選手の活躍が際立つ結果でした。日本からは高橋和之 Kazuyuki Takahashiが28時間28分で完走して男子6位となっています。リザルトはこちら

Mount Marathon Race (5km)

アメリカ・アラスカ州シューワード。1915年に遡る歴史あるレースで、海のそばの町から標高920mまで登って下りる5kmのコースで開催されます。女子はクリスティ・マービン Christy Marvinが52分52秒で優勝、男子は大会記録を持つデビッド・ノリス David Norrisが41分51秒で優勝。ノリスは今回で4度目の優勝となります。リザルトはこちら

7月5日水曜日 – 9日日曜日

Val d’Aran by UTMB (163k, 110k, 55k, 30k, 15k)

ピレネー山脈のスペイン側、カタルーニャ北西部のバル・ダランで開催されたUTMB World Seriesのヨーロッパ・メジャーの大会。初日の55kmのPDAではラウル・クリアド Raúl Criadoオイアナ・コルタザ Oihana Kortazarがそれぞれ男女のレースで優勝。しかし、翌日の7日に行われた110kmのCDH、163kmのVDAは夜になって天候が悪化したため中止に。朝のうちにスタートしていたCDHは男子ではラウル・ブタッチ Raul Octavian BUTACI (ROU)が12時間45分46秒で優勝、女子はアサラ・ガルシア Azara GARCIA DE LOS SALMONES (ESP) が14時間14分52秒で優勝と47人が110kmを完走しましたが、その他の選手たちはレース打ち切り時点でのチェックポイントまでのリザルトとなりました。夕方にスタートしたVDAは全選手についてDNFという扱いになり、9日の32kmのレースへの出場が認められました。リザルトはこちら。当サイトのレビュー記事はこちら

これも読む
預金や口座開設で環境保全や大会運営をサポートできる・ウルトラトレイルマウントフジとデジタルバンク「みんなの銀行」が共同キャンペーン

7月6日木曜日 – 8日土曜日

Restonica Trail by UTMB (108k, 67k, 33k, 17k)

地中海のコルシカ島で開催。UTMB World Seriesのシリーズ戦でした。110km 7200mD+の「Ultra-Trail di Corsica」はランベール・サンテリ Lambert Santelli (FRA)が15:15、エバマリア・シュペルガー Eva Maria Sperger (GER) が20:59で男女それぞれで優勝。69km 4000mD+の「Restonica Trail」はエリ・ベッソン-ピトン Elie Besson-Pithon (FRA) が8:27、ナタリア・マストロータ Natalia Mastrota (ITA) が11:02でそれぞれ男女のレースで優勝。33kmの「Tavignanu Trail」はティボー・バロニアン Thibaut Baronian (FRA) が3:11、ルイーズ・セルバン-ぺノー Louise Serban-Penhoat (FRA) が3:59で優勝。リザルトはこちら

7月7日金曜日 – 9日日曜日

志賀高原 100(100km, 40km)

長野県山ノ内町。「志賀高原マウンテントレイル」として開催されていた大会に100km 5,500mD+のレースが加わって新たに開催されました。100kmの男子はレース中盤に入って単独リードした大瀬和文が12:27で優勝、大瀬とともに序盤をリードした黒岩宗哲が12:56で 2位に。続いて藤岡学木村大志が同タイムの13:27でフィニッシュしていますが、速報によれば藤岡が3位、木村が4位となりました。女子ではスタートからリードした伊藤ありかが15:25で優勝、中野沙知が16:16で2位、井筒智子が16:33で3位でした。40kmは総合6位となった枝元香菜子が4:35で女子優勝。山田恵里が5:15、佐塚裕美子が5:44でトップ3に入りました。男子は尾田賢典が3:55 で優勝し、2位に上田星矢(4:00)、3位は江本悟司(4:01)でした。リザルト速報はこちら

志賀高原100で男子優勝の大瀬和文。Photo © 計測工房

志賀高原100で男子優勝の大瀬和文。Photo © 計測工房

Trail Verbier St Bernard by UTMB (140k, 76k, 42k, 26k)

スイス・ヴァレー州のスキーリゾートして有名なヴェルビエを拠点に開催。UTMB World Seriesのシリーズ戦でした。140kmのX-Alpineでは男子レースではマチュー・クレマン Mathieu CLEMENT (SUI) が20時間16分40秒で優勝、女子はコリーヌ・カゲラー Corine KAGERER (SUI) が25時間30分40秒で優勝。リザルトはこちら。当サイトのレビュー記事はこちら。

これも読む
DC Weekly 2021年7月20日 -Hardrock100、DoloMyths Run、OMM LITE Hakuba/Otari、カムイの杜

Brisbane Trail Ultra(100m, 110k, 60k, 30k, 20k, 10k)

オーストラリア・クイーンズランド州ブリスベンで行われるトレイルランニングイベント。Spartan Trail World Championships のシリーズ戦でした。リザルトはこちら

Ehunmilak Ultra Trail (168k, 88k, 42k)

スペイン・バスク自治州のベアサインを拠点に開催される100マイルなどのトレイルランニングレース。100マイルのレースではイエズス・バイロ Jesus Bailoウシュエ・フライエ Uxue Fraileが男女それぞれで優勝した模様です。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

High Trail Vanoise (72k, 41k, 20k, 9k)

フランス・バルディゼールで開催。72kmで標高3600mを超える氷河をコースに含むレースはウラディミル・ヤクボウスキ Uladzimir YAKUBOUSKI (CRC) が9:55、アクセル・ナルドー Axelle Nardoux (FRA) が12:55でそれぞれ男女で優勝しました。リザルトはこちら

Luchon Aneto Trail (85k, 65k, 45k, 21k)

ピレネー山脈のフランス側、温泉で知られるバニエール・デ・リュション Bagnères-de-Luchon を拠点に開催されました。85kmではマキシム・カザジャス Maxime Cazajousが9:57、オーレリー・ベルトラン Aurelie Bertrandが14:50が男女それぞれでレースを制しました。リザルトはこちら

Ultra Trail Côte d’Azur Mercantour (125km, 75km, 50km, 30km, 10km, Vertical 5km)

南仏のイタリア国境に程近いメルカントゥール山脈で開催される大会。30kmのレースはスカイランナー・ワールドシリーズ のレースでした。男子のレースはダミアン・ウンベール Damien Humbert (FRA)が2:46で優勝、2位には小田切将真 Shoma Otagiriが続きました。フィニッシュではウンベールに6秒差に迫る好成績です。小田切はこのシリーズでは6月のHochkönig Skyraceでの3位に続く快挙となりました。女子ではフェルナンデス・レイレ Fernández Abete LEIRE (ESP)が3:30で優勝しました。リザルトはこちら。スカイランナー・ワールドシリーズの次のレースは7月22日のSchlegeis 3000 Skyrace(オーストリア)となります。

これも読む
今年のUTMBワールドシリーズを締めくくるドイ・インタノン・タイランド by UTMB は5000人が参加して今週末に開催

7月8日土曜日

Wendover Woods 50m

ロンドンの郊外にあるウェンドーバー・ウッズの森に設けられた10マイルの周回コースで行われるトレイルランニングイベントです。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

7月9日日曜日

奥四万十トレイルレース in 松葉川(36km, 23km, 2.6km)

高知県四万十町。一斗俵沈下橋や松葉川温泉のある松葉川地区をメイン会場に開催されます。36kmのロングの女子のレースは竹内浩美が5:45で優勝、久藤映が5:56で2位、揚田奈穂が6:07で3位に。男子は那須勇太が4:12で制し、堀江謙一が4:12、遠藤眞が4:23で続きました。新たに設けられた23kmのショートでは宮本英美佳が4:16で優勝し、2位は西松美樹で4:26、3位は野村睦で4:34でした。男子は土居孝弘が3:22で優勝。池田英二が2位(3:34)、曽我部武史が3位(3:39)でした。リザルト速報はこちら

Kendall Mountain Run (12m, 11km)

コロラド州シルバートン。ケンダール山(3,982m)まで登って下りる19kmの登山レース。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

今週末開催のイベント

7月12日水曜日 – 16日日曜日

Eiger Ultra Trail by UTMB (E250, E101, E51, E35, E16)

スイス・グリンデルワルトを拠点にアイガー山麓のトレイルをコースとする大会。UTMBワールドシリーズのイベントです。

7月14日金曜日 – 16日日曜日

Hardrock 100

アメリカ・コロラド州シルバートン。コロラド州南部のサンフアン山脈で開催される100マイルの山岳トレイルランニングレースで、今年は146人の選手が参加して14日金曜日午前6時(日本時間同日午後9時)にスタートします。毎年周回コースの向きが入れ替わり、今年は反時計回りのコースです。女子のレースでは先月のウェスタン・ステイツで鮮やかな優勝と大会新記録を残したコートニー・ドウォルター Courtney Dauwalterがエントリーしています。昨年のHardrock 100では大会新記録で優勝しています。日本から出場する宮﨑喜美乃 Kimino Miyazakiにも注目です。男子では2021年のUTMB準優勝のオーレリアン・デュナン・パラス Aurélien Dunand-Pallaz (FRA) 、昨年のUTMBで6位のベニャト・マルミソレ Beñat Marmissolle (FRA)、一昨年のHardrock 100で2位のディラン・ボウマン Dylan Bowman、2018年のHardrock優勝のジェフ・ブラウニング Jeff Browningがエントリーしています。

Vermont 100 (100m, 100k)

アメリカ北東部、バーモント州で開催される100マイル、100kmのトレイルランニングレースです。

Prokletije SkyRace & SkyUltra (30k, 50k, VK)

東ヨーロッパ、モンテネグロで開催される大会で、今年のスカイランニング欧州選手権 Skyrunning European Championships となっており、金曜日にバーティカル、土曜日に50kmのスカイウルトラ、日曜日に30kmのスカイの各種目が行われます。

これも読む
DC Weekly 2023年5月29日 たかやしろ、いながわ里山猪道、Tokyo Grand Trail、OSJ奥久慈、秋吉台、MUT by UTMB、MaXi Race

7月15日土曜日 – 16日日曜日

OSJ Ontake 100(100k, 100マイル)

長野県王滝村。2008年にはじまった日本の長距離トレイルレースの名大会で100kmと100マイルの二つのレースが行われます。

Piz Tri Vertical / Fletta Trail

イタリア北部のロンバルディア州マロンノで開催。土曜日に3.5kmで標高差1000mを登るPiz Tri Vertical、日曜日に21kmのFletta Trailと二つのレースが開催され、どちらもWMRAのW杯 Valsir Mountain Running World Cupのレースです。

Tahoe Rim Trail Enurance Runs (100m, 50m ,55km)

アメリカのカリフォルニア州とネバダ州にまたがるタホ湖のネバダ州側、カーソンシティのウェスタンネバダ大学をスタート、フィニッシュとするコースで行われます。

7月15日土曜日

DoloMyths Run (22km)

イタリア北部・カナゼイで開催。22kmのDoloMyths Run Skyraceは今年のGolden Trail World Seriesに戻ってきました。レース当日はライブ配信が予定されています。

Audi Power of Four Trail Run (50k, 25k, 10k)

コロラド州アスペンで、50km、25km、10kmの三つのレースが行われます。

7月16日日曜日

The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉(65km, 37km, 14km)

長野県・野沢温泉村。野沢温泉スキー場を会場に行われる大会は例年猛暑のタフなレースとして知られます。昨年に続いて37kmのレースがGolden Trail National Seriesのジャパンシリーズのレースとなっています。

前週末の主な大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link