DC Weekly 2023年10月11日 LAKE BIWA 100, OSJ Koumi 100, ハセツネCUP, Transjeju by UTMB, 峨山道、Louzan、菅平

国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーでは今年の予定を随時アップデートしています。まだ掲載していない大会についての情報のご提供、掲載済みの大会についてのご指摘を歓迎いたします。

(写真 Transjeju by UTMBのスタート Photo © UTMB)

Sponsored link


【お知らせ】犬猫通信 by DogsorCaravanは当サイト・DogsorCaravanのファンクラブ通信。メールアドレスを登録していただければニュースレター形式で週に数回くらい当サイト編集人・岩佐が書く記事が届きます。過去の記事もSubstackのウェブサイトやアプリで読むことができます。
【お知らせ】ポッドキャスト「Run the World, by DogsorCaravan」はAnchor.fmで公開し、Apple PodcastやSpotifyなどの各種プラットフォームで配信しています。ポッドキャストへのメッセージ、感想、リクエストをお待ちしています。エピソードやウェブサイトの中でご紹介します。投稿フォームはこちら。DogsorCaravanのライブ配信イベントの予定はGoogleカレンダーで公開しています。登録すると見逃しを防げます。

先週末開催のイベント

10月6日金曜日 – 8日日曜日

LAKE BIWA 100

三重県菰野町の湯の山温泉をスタートし、鈴鹿山脈、湖南アルプス、比叡山系、比良山系を経て滋賀県大津市の比良レークハウスへ至る169km、10,500mD+のコースで3回目の大会が開催されました。男子では昨年優勝の中谷亮太が25時間19分で連覇。序盤からレースを独りでリードした中谷が後半に入ってリードを広げていく展開で、大会新記録での優勝となりました。2位に板垣渚が27時間29分、3位に西方勇人が28時間9分で続きました。女子のレースは30時間55分で向井成美が三連覇を達成。2位はシー・ウェンフェイ Wenfei Xie (CHN) で32時間37分、3位は谷口三佳で33時間32分でした。リザルトはこちら

100 Miles Sud de France (170km, 95km, 55km)

ピレネー山脈のフランス側、ペルピニャンの郊外の海沿いの街から山へと向かうコースで開催されました。170kmのレースではアントニー・ピピトン Anthony PIPITONE が24時間27分で男子優勝、セリーヌ・ロウキエ Céline ROUQUIÉ が36時間30分で女子優勝という結果でした。リザルトはこちら

Gran Trail Penalara (104k, 61k, 11k)

スペイン・マドリード近郊の名山、ペニャララ山(2428m)のピークを踏む山岳トレイルレース。104kmはアントニオ・ダビラ Antonio Dávila が12時間33分、マリア・ビオスカ Maria Del Carmen BIOSCA BALLESTEROS が16時間24分で男子、女子でそれぞれ優勝。61kmはパブロ・ビジャ Pablo Villa が5時間5分、サラ・ロレンソ Sara Lorenzo が6時間36分でそれぞれ優勝しました。リザルトはこちら

これも読む
DC Weekly 2022年3月23日 Northburn、森林セラピーのつはる/今週末はOSJ新城

Olla de Núria (21.5km)

スペイン・カタルーニャのヌリアで行われる21.5km 1940mD+のレースはスペイン・ポルトガルのGolden Trail National Seriesのファイナルでした。男子はロバート・プケモイ Robert Pkemoi (KEN)が2時間12分、女子はヌリア・ジル Núria Gil が2時間46分で勝利を収めました。リザルトはこちら

10月6日金曜日 – 7日土曜日

Šmarna Gora (10km)

スロベニアで1979年から続く山岳ランニングイベントでマウンテンランニングW杯のシルバーレーベルの大会でした。距離10km、累積710mD+と350mD-のコースを制したのは男子がイサッコ・コスタ Issaco Costa (ITA) で43分12秒、女子はスサンナ・サープンキ Susanna Saapunki (FIN) で49分41秒でした。リザルトはこちら

10月7日土曜日 – 9日月曜日

OSJ Koumi 100

八ヶ岳の東麓、松原湖高原スケートセンターを会場に、35kmの周回コースを5周する175kmのレースでした。女子のレースは冨澤いずみが28:32で優勝。この大会では歴代4位となる好タイム、今年の総合8位となる好成績でした。2位は鎌倉明子で30:35、3位は高橋瑞恵で33:02でした。男子選手では澤道人が25:30で優勝。澤はこの大会では3度トップ10入りしていますが今回は頂点に立ちました。28分差の25:58で東条叙宏が2位、26:12で酒井亮児が3位でした。リザルトはこちら

10月7日土曜日 – 8日日曜日

Arkansas Traveler (100m)

アメリカ・アーカンソー州で開催の100マイルで今年で32回目という歴史ある大会。男子はブレンダン・コンネル Brendan Connellが15:48で優勝、女子はニコール・ラフトン Nicole Laughtonが16:53で優勝でした。リザルトはこちら

TransJeju by UTMB (100k, 50k, 20k, 10k)

韓国の最南端に位置する火山の島、済州島(チェジュ島)で開催される大会は今年からUTMBワールドシリーズに加わりました。100kの男子は2019年のOCC3位、昨年のNice by UTMBの50K優勝のルオ・タオ Tao LUO (CHN) が9:18で優勝。久々の100kmで勝利を勝ち取りました。2位にはチン・ガイドゥ Guidu QIN (CHN) が9:22、3位はドー・ジ Ji DUO (CHN) が9:40、そして4位には今年春のウルトラトレイルマウントフジで優勝したチョウ・ジアジュ Jiaju ZHAO (CHN)と上位は中国勢が独占する結果でした。日本のアスリートは5位に9:57で西村広和、10位に11:02で万場大、11位に竹村直太、14位に野本浩礼、18位に高橋和之が続きました。女子ではチェン・ウェンロン Wenrong ZHENG (CHN)とチェン・リン Lin CHEN (CHN)が二人で揃ってコースを進み、12:22でフィニッシュ。チェン・ウェンロンが4秒早くフィニッシュして優勝、チェン・リンが2位となりました。二人に8分差で枝元香菜子 Kanako EDAMOTOがフィニッシュし、12:40で3位となりました。日本勢は伊東ありかが13:17で4位、中園真理亜が14:23で8位、影山絢子が15:17で18位でした。

これも読む
DC Weekly 2021年11月29日 TAMBA100、Ultra-Trail Cape Town、Saintelyon、鹿島槍、大歩危国見山

50K男子はイ・シンジン Xingjing LI (CHN) が4:27で優勝、近江竜之介 Ryunosuke OMIが約10分差の4:36で2位に。3位はメン・ガンフ Guangfu MENG (CHN) で4:48。5位に甲斐大貴 Hiroki KAIが4:54で続きました。女子はマウントフジ優勝のシャン・フージャオ Fuzhao XIANGが総合7位となる5:06で優勝。イ・アンナ Anna LIが5:33、ワン・シン Xin Wangが6:06と中国勢がトップ3を独占。嶋津令子が7:05で9位でした。リザルトはこちら

© UTMB

© UTMB

10月7日土曜日

峨山道トレイルラン(77k, 30k)

石川県で開催される古道「峨山道(がさんどう)」をベースとしたコース。「クラシカル77km」の男子は水口駿介が8:34で優勝、高島宏希が9:02で2位、加藤和成が9:04で3位に。女子では井筒智子が9:53で優勝、三島陽子が10:20で2位、楞川佳奈が10:38で3位でした。「ミドル30km」は橋貴正が2:32で男子優勝、田中範幸が2:57で2位、西澤聡が2:59で3位で続きました。ミドル30km女子は東風良子が3:38で優勝し、寺野さくらが3:49で2位に。2位に12秒差の3位は福島一二三で3:49でした。リザルトはこちら

Louzan Skyrace (Skyrace 25km, 15.7km, 7km vertical)

ポルトガルのロウザン山地でスカイランナー・ワールドシリーズの最終戦が行われました。25kmのレースを日本の小田切将真 Shoma OTAGIRIが制しました。小田切はワールドシリーズのレースでは初優勝です。女子はイクラム・リャルサラ Ikram Rharsalla (ESP) が優勝しています。当サイトでは別の記事でこのレースをレポートしています。スカイランナー・ワールドシリーズは10月28日にイタリア・リモーネでシーズンのチャンピオンを決めるSkyMastersが開催されます。

Cuyamaca 100k

アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ郊外で開催。三つのループコースからなる100kmのレース。ニック・ステンジャー Nick Stengerが10:30で男子優勝、ジェイド・ベルツバーグ Jade Belzbergが11:38で女子優勝でした。リザルトはこちら

これも読む
DC Weekly 2023年3月27日 OSJ新城、Lantau 70/カミラ・ヘロンが48時間走で435kmを記録して世界記録を上回る

Flagstaff Sky Peaks Mountain Runs (50m, 50k, 26k, 10k)

アメリカ・アリゾナ州のアリゾナ・スノーボール・リゾートで開催。50マイルはマシュー・ワリナー Matthew Warrinerが9:03、ホリー・ホビアス Holly Hoviousが11:51で男女それぞれで優勝しました。リザルトはこちら

10月8日日曜日 – 9日月曜日

ハセツネカップ・日本山岳耐久レース(71k)

東京の奥多摩、あきる野で開催されるクラシック・レース。今年のハセツネCUPは髙村貴子 Takako Takamuraが8時間53分で女子のレースで五連覇を達成。男子は川崎雄哉 Yuya Kawasakiが7時間20分で2016年に続いて2度目の勝利を手にしました。当サイトではリザルトのレポート記事を公開しています。

10月8日日曜日

スカイライントレイル菅平(65km, 42km, 21km)

長野県菅平高原。秋に季節を移して開催されました。ロング42kmは山口幸博が5:34、佐塚裕美子が6:17で男女それぞれで優勝。ミドル21kmは山岸正季が2:10で男子優勝、続く総合2位の小川咲絵が2:16で女子優勝でした。初めて根子岳山頂を通るコースとして開催されたエキスパート65kmは荒木諒が8:15で男子優勝、梁煥平が10:25で女子優勝という結果でした。リザルトはこちら

トレイルランカムイシリ(25k, 10k)

北海道石狩郡、当別町道民の森を会場に開催。25kmは高橋彰(2:08)、小谷奈穂(2:30)、10kmは外山貴浩(1:23)、横岩恵利子(1:53)がそれぞれ男子女子のレースを制しました。リザルトは大会ウェブサイトから。

霧島登山マラソン(9k)

宮崎県高原町。標高1,574mの高千穂峰の山頂まで往復の9.0km / 1,200mD+のレースで、今回が21回目の開催。リザルトはこちら(公開され次第リンクします)。

Lantau 2 Peaks (23km, 15km)

香港の中でも豊かな自然が残るランタオ島で開催。島の二つのピークをつなぐ23kmのレースは台風の接近のため15kmに短縮して開催されました。男子はブラド・イクセル Vlad Ixel (AUS) が1:15、女子はザイン・ウィリアムズ Zein Williams (GBR) が1:38で優勝。リザルトは大会ウェブサイトから。

今週末開催のイベント

10月13日金曜日 – 15日日曜日

Sky Gran Canaria (50k, 35k, 21k, 6k)

スペイン・カナリア諸島グラン・カナリア島で開催されるトレイルランニングのイベント。この大会はWMRAのマウンテンランニングW杯 Valsir Mountain Running World Cupの今シーズン最終戦となっており、金曜日に6kmのUphill、土曜日に35kmのLongの各レースが行われます。大会Facebookページでは天候の影響か、コースの一部変更が予告されています。

これも読む
DC Weekly 2023年11月28日 Backyard Ultra、Ultra Trail Cape Town、大歩危国見山スカイレース、錦江町でんしろうトレイル

Kodiak Ultramarathons by UTMB (100M, 100K, 50K, 21K, 10K)

アメリカ・ロサンゼルス近郊の標高2,000mのサン・ベルナルド山脈で開催される大会で、今回は10回目の開催で初めてUTMBワールドシリーズの大会として開催されます。100マイル、100kmなど5つのレースが開催されます。

10月14日土曜日 – 15日日曜日

OZEIWAKURA SKY VALLEY(3km, 5km, 9km, 15km, 30km)

群馬県片品村のホワイトワールド尾瀬岩鞍で開催。「尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター」がリニューアルされて昨年から始まった大会です。ジャイアントウォールを含む5km 1000mD+のエキスパートコースや3km 700mD+のチャレンジコースのほか、30km、17km、9kmのレースが開催されます。

Indiana 100

アメリカ・インディアナ州アルビオンのChain O’ Lakes State Parkで開催される100マイル。公園内の20マイルの周回コースで行われます。

Salomon Cappadocia Ultra-Trail (119k, 63k, 38k)

トルコでも最も有名な観光地、世界遺産のカッパドキアを走る大会です。

10月14日土曜日

Autumn 100

イギリス・ロンドンから西に行ったテムズ川に面したGoringとStreatleyの二つの村を拠点にした100マイルのレース。累積獲得高度は1,500mD+となっています。

10月15日日曜日

AKITA TRAIL RUN FESTIVAL(24k, 10k, 4k)

秋田市の大平山スキー場を会場に開催されるロング24km、ミドル10km、ショート4km、親子ペア4kmのレースが開催されます。

富士山原始林トレイルラン in 精進湖・本栖湖(25k/17k)

山梨県富士河口湖町の旧精進小学校を会場に開催。福田六花さんがプロデュースする大会で富士の樹海の中を走るコースとなっています。

八ヶ岳トラバース ロード&トレイルランニング (35k, 15k)

山梨県北杜市のサンメドウズ清里ハイランドパークを会場に開催される大会で、観音平、天女山を通るロング35kmと天女山を通るショート15kmが予定されています。

前週末の主大会のリザルトと、今週末の国内外のトレイルランニング大会の予定をお伝えしているニュース記事・DC Weeklyへ、皆様からの情報や写真の提供を歓迎します。下のコメント欄もぜひご活用ください。国内、海外の主なトレイルランニング、ウルトラマラソンの大会日程を網羅する当サイトのレースカレンダーにもぜひご利用ください。

この記事が気に入ったらDogsorCaravanをBuy Me a Coffeeで直接サポートできます!

Buy Me a Coffee

Sponsored link