[DC] 松本大/Dai Matsumotoが13位、スカイランニング欧州選手権・2015 Zegama Aizkorri #Zegama2015

2015 Zegama Aizkorri

スペイン・バスクの熱狂的なスカイランニングのレースは最後まで結果を予想できない展開となりました。そうした激しいレースで日本の/Dai Matsumoto(Salomon)が13位に入る快挙を見せました。

5月17日日曜日にスカイランニング欧州選手権のSKYの部として開催されたZegama-Aizkorriが42.2kmのテクニカルな山岳コースで開催され、イタリアの、スペインのがそれぞれ男女で優勝しました。

Sponsored link


Zegama-Aizkorri_24男子のレースは有力選手の上位集団が最終盤まで互いの独占リードを許さない激しい展開となりました。ラスト5km地点でもTadei Pivk、Manuel MerillasPere Rullánの3人が並走する展開でした。結局レースを制したのはTadei Pivk。昨年のスカイランニング世界シリーズ(SWS)のSKYの部で年間4位、2013年のこのレースでは3位となっているイタリアの実力派です。わずか30秒差で続く2位には昨シーズンから欧州各地のスカイランニングのレースで上位に入っているスペインのManuel Merillas、3位にPere Rullánが入りました。

2015 Zegama Aizkorri Tadei Pivk

中盤で先頭集団をリードするTadei Pivk。 courtesy of iRunFar.com

昨年のZegamaでキリアンに続いて2位で当時の大会記録を上回ったマルコ・デ・ガスペリ/Marco De Gasperiは5位。遠征先のネパールから戻ったばかりのキリアン/ Kilian Jornetはレース前から胃腸の調子がすぐれないと伝えられていましたが、レース前日に今年のZegama参戦を発表。レースでは中盤にはトップに立ちましたが胃腸の調子がすぐれず後退。フィニッシュは22位でしたが、山から町に降りてきた時点ではトップ10圏内でその後は応援の人たちの声援に立ち止まりながら応えていたとのこと。

日本から参加の松本大/Dai Matsumotoは20位前後で序盤をスタートしたのち、後半の下りで追い上げる展開で4時間12分、トップから22分差の13位でフィニッシュしました。富士登山競走の2連覇など国内ではスカイランニングの第一人者として知られる松本は今年に入って2月のスカイランニングアジア選手権(MSIG Sai Kung 50) で優勝し、海外での活躍に期待が集まる中で期待に応える見事な結果です。2013年のこのZegamaや昨年の世界選手権(Mont-Blanc Marathon)では満足のいく結果とならなかったところから、今回は世界のトップ選手と肩を並べる可能性をはっきり示しました。

2015 Zegama Aizkorri Dai Matsumoto

13位でフィニッシュした松本大/Dai Matsumoto。Photo courtesy of iRunFar.com

女子でもレースは中盤まで上位集団が先頭をリードする展開でした。2011年と12年にこのZegamaを連覇しているスペインのOihana Kortazarがリードし、Azahara GarcíaPaula Cabrerizoが僅差で追う展開から、後半の下りに入ってAzahara Garcíaがリードを奪ってそのまま加速して優勝を手にすることとなりました。続いてPaula Cabrerizoが2位、Oihana Kortazarが3位という結果になりました。

2015 Zegama Aizkorri Azahara García

中盤、2番手を走るAzahara García。Photo courtesy of iRunFar.com

2015年 Zegama-Aizkorri (スカイランニング欧州選手権)リザルト

大会ウェブサイトのリザルトはこちら

(男子)
1. Tadei Pivk 3:51:11
2. Manuel Merillas (Mammut) 3:51:47
3. Pere Rullán 3:52:50
4. Aritz Egea 3:59:27
5. Marco De Gasperi (Scott) 3:59:48
6. Jessed Hernández 4:01:19
7. (Salomon) 4:01:36
8. Zaid Ait Malek (BUFF) 4:02:01
9. Ionut Zinca 4:08:59
10. Hassan Ait Chaou 4:09:59

これも読む
見どころ紹介・いよいよ明日5月4日午後10時スタート、HOKA ONE ONEとアスリートが100km世界記録に挑む「Project Carbon X」

(日本関連)
13. 松本大/Dai Matsumoto (Salomon) 4:12:04
      中川賢一/Kenichi Nakagawa 7:08:36

(女子)
1. Azahara García 4:41:23
2. Paula Cabrerizo 4:43:44
3. Oihana Kortázar (Salomon) 4:44:57
4. (Salomon) 4:49:38
5. Federica Boifava (Montura) 4:51:32
6. (Scott) 4:57:08
7. Uxue Fraile () 4:57:21
8. Gemma Arenas 4:59:23
9. Ragna Debats 5:09:51
10. Eva Moreda 5:12:12

参考

Sponsored link