[DC] ザック・ミラー、ルース・クロフトが優勝、上田瑠偉は47位で完走・CCC 2015リザルト ウルトラトレイル・デュ・モンブラン Ultra-Trail du Mont Blanc® 2015

CCCでも欧州以外からのランナーが優勝をはじめ上位に食い込むようになりました。今週開催されているウルトラトレイル・デュ・モンブラン / Ultra-Trail du Mont Blanc®の101km / 6,100mD+のCCC®が8月28日金曜日に開催され、男子ではアメリカのザック・ミラー / Zach Miller (NIKE Trail)、女子ではニュージーランド出身で台湾在住のルース・クロフト / Ruth Charlotte Croft ()が優勝しました。日本から参加の選手では / (The North Face)が男子23位。上位が期待された上田瑠偉 / (MountainHardwear/Montrail) は序盤に先頭集団を走りましたがその後暑さで体調を崩したことから後退。47位でのフィニッシュとなりました。

Sponsored link


MHW-montrail - logo当サイトでは今年から新たに大会パートナーとなったMountainHardwearmontrailのご協賛によりCCCの現地レポートをお送りしました。

CCCはイタリアのクールマイユール / Courmayeurを28日金曜日午前9時(日本時間同日午後4時)にスタート。終日天候に恵まれましたが、むしろ強い日差しのため気温はぐんぐん上昇。麓の町では気温は22–25℃、日差しを浴びると体感気温は30℃近くという陽気で、スタート前にもランナーには暑さ対策を怠らないように呼びかけられたほどでした。

UTMB-Logoクールマイユール / Courmayeurをスタートした各ランナーはUTMBとは異なり、ループ上の尾根沿いのコースに登ってから14.7k ベルトーネ / Ref. Bertoneへ。ベルトーネのCP通過順はザック・ミラー / Zach Millerミゲル・カバレロ / Miguel Caballero(スペイン)、上田瑠偉 / Ruy Uedaティム・トレフソン / Tim Tollefson(NIKE Trail、アメリカ)が集団で走ります。

ここからはボナッティ(22.1k)、アニューバ (27.3k)を経て走りやすく、そして美しいトレイルが続きます。しかしこの区間で気温はどんどん上昇、各選手とも暑さと脱水によるペースダウンに苦しみながら(しかし雲ひとつない青空と景色を楽しみながら)進むこととなります。当サイトが取材したプラデフォー (49.9k)にトップで到着したザック・ミラー / Zach Millerとティム・トレフソン / Tim Tollefsonは暑さのせいか、優勝想定タイムに少し遅れるペースとなっていました。しかし続くニコラス・マルタン / Nicolas Martinは先行するアメリカの二人に13分遅れとなるなど、欧州のランナーも総じてペースを落とし始めます。

CCC2015-Start

午前9時にクールマイユールをスタートしたCCC

Bertone-CCC

ベルトーネ(14.7k)でトップのザック・ミラー / Zach Millerに続く上田瑠偉 / Ruy Ueda

上田瑠偉 / Ruy Uedaも例外ではなく、コース最高地点となるグラン・コル・フェレ(31.8k, 2537m) への登りで汗で水分を失ったためか、足や腹筋に痙攣を感じるようになり、これがその後の下りでペースを落とす原因となって大きく減速して上位集団から脱落、50位前後を走ります。

PrazdeFort-Miller-Tollfeson

Praz de Fort(50k)でトップのザック・ミラー / Zach Millerとティム・トレフソン / Tim Tollefson

その後、シャンペ(55.5k)からの大きな登りを3回経るパートでも、上位選手にはペースを大きく落とすランナーが続出してトップ10の顔ぶれも大きく入れ替わります。しかし、ザック・ミラー / Zach Millerはトップを守り、コルデモンテ(86k)でも続くニコラス・マルタン / Nicolas Martinに6分差。ニコラス・マルタンも足の攣りに苦しみ、その後、続くティム・トレフソン / Tim Tollefsonに抜かれることに。結局、ザック・ミラー / Zach Millerがリードを保って11時間52分でシャモニーにフィニッシュ。14分差で同じNIKE Trailのチームメイトのティム・トレフソンがフィニッシュ。アメリカ勢が1位、2位を占めました。また、日本から参加のアスリートでは松永紘明 / Hiroaki Matsunaga (The North Face)が14時間21分19秒で23位となりました。

NicolasMartin-Motets

足の攣りに苦しみながら
コルデモンテから登るニコラス・マルタン / Nicolas Martin

ZachMiller-CCC-finish

CCCで優勝したザック・ミラー / Zach Millerのフィニッシュ。

Hiroaki-Matsunaga-CCC

23位でCCCをフィニッシュした松永紘明 / Hiroaki Matsunaga

上田瑠偉はシャンペ(55.5k)で20分弱の補給と休養ののち、コースを進みます。コルデモンテ(86k)を過ぎ、日が落ちて暑さも和らいだところで、フレジエール(93.2k)からの下りでは「思い切り飛ばした」(上田)とのことで、順位を上げて47位、15時間14分でのフィニッシュとなりました。

これも読む
2018年トレイル世界選手権 Trail World Championships ペニャゴロサ・トレイルズ Penyagolosa Trails リザルト

女子のレースは序盤からルース・クロフト / Ruth Charlotte Croft (The North Face)がリード。続くマグダレナ・ブーレ / Magdalena Boulet (HOKA)との差を徐々に広げて、12時間53分で女子優勝を果たした他、男女総合でも8位という好成績を挙げました。フィニッシュでは2位のマグダレナ・ブーレとは1時間以上の大差です。

RuthCroftinAction

50km地点で女子のレースをリードするルース・クロフト / Ruth Charlotte Croft

欧州以外から参加のランナーが活躍、上田瑠偉はほろ苦いモンブランへのデビュー

UTMBでは2010年から2012年まで悪天候でレースが中止、コースが変更になった記憶が新しいですが、今年もある意味では異例の天候だったといいでしょう。暑さのために上位選手のペースは大きくダウンし、前半後半で順位が全く異なるという厳しいレース展開でした。

そうした中で男子で優勝したのはアメリカのザック・ミラー / Zach Miller。2013年にアメリカの伝統ある50マイルレース、JFK50でほとんどレース経験がなく無名の状態で優勝して注目を浴びます。当時はクルーズ船の写真ショップでの勤務で一年の多くを船の上で過ごしていたというユニークなバックグラウンドの持ち主です。このCCCが初めての欧州でのレースとなりますが、地元のコースにも慣れた選手たちに終始リードを保って優勝という快挙です。同じアメリカのNIKE Trailのチームメイトで2位のティム・トレフソン / Tim Tollefsonと合わせてアメリカ勢がシャモニーのフィニッシュラインを賑わせました。

CCC Men topthree

CCCで優勝したザック・ミラー / Zach Miller (中), ティム・トレフソン / Tim Tollfeson (左), ニコラス・マルタン / Nicolas Martin (右)

女子で優勝したルース・クロフト / Ruth Charlotte Croft (The North Face)はニュージーランド出身。アメリカ留学を経て現在は台湾に住んでいます。実は日本にも2013年、2014年に富士登山競走に参加し、2014年には山頂コース女子で優勝しています。その他、キナバル・クライマソン優勝、今年のTarawera Ultramarathon優勝など、アジアをベースに活躍していますが、このCCC優勝で欧州でも注目される存在となりそうです。

日本から参加して注目された上田瑠偉 / Ruy Uedaはこの日の例年にない天候に左右された一人だったかもしれません。暑さや上位集団での競り合いなど、やはりこのモンブランでの初レースは想定外だった部分もあったと思われます。しかし、優勝したザック・ミラーと序盤で競り合ったことからも、ランナーとしての実力は今回参加した選手の中でも最も高いグループに属していたことは明らかです。少しほろ苦い結果となりましたが、今回のCCCが今後に向けた挑戦の最初の一歩となるのかもしれません。

RuyUeda-ChampexRun

暑さに苦しみながらも、シャンペ(55.5k)で休養後に走り始める上田瑠偉 / Ruy Ueda

CCC 2015リザルト

大会全体のリザルトはこちらから。

男子
1. ザック・ミラー / Zach MILLER 11:53:32 (NIKE Trail, USA)
2. ティム・トレフソン / Tim TOLLEFSON 12:06:56 (NIKE Trail, USA)
3. ニコラス・マルタン / Nicolas MARTIN 12:16:47 (FRA)
4. サシャ・デビラス / Sacha DEVILLAZ 12:35:23 (, FRA)
5. ディエゴ・パゾス / Diego PAZOS 12:35:27 (SUI)
6. パウ・カペリ / Pau CAPELL 12:46:15 (COMPRESSPORT, ESP)
7. ジュリアーノ・カバロ / Giuliano CAVALLO 12:51:49 (Salomon, ITA)
8. ロバート・ハナル / Robert HAJNAL 12:55:36 (ROU)
9. トーマ・サンジロン / Thomas SAINT GIRONS 13:04:20 (FRA)
10. アルベルト・パラエズ・セラーノ / Alberto PELAEZ SERRANO 13:13:19 (ESP)

  • 23. 松永紘明 / Hiroaki MATSUNAGA 14:21:19 (The North Face, JPN)
  • 47. 上田瑠偉 / Ruy UEDA  15:14:15 (MountainHardwear/Montrail, JPN)
これも読む
ペニャゴロサ・トレイルズ Penyagolosa Trails 2017 リザルト #UTWT

女子
1. ルース・クロフト / Ruth Charlotte CROFT 12:54:53 ( / The North Face, NZL)
2. マグダレナ・ブーレ / Magdalena BOULET 14:02:47 (HOKA OneOne, USA)
3. ライラ・ケーンズ / Laia CANES 14:43:07 (ESP)
4. クリステル・バール / Christelle BARD 15:03:24 (FRA)
5. ソニア・エスクリオラ / Sonia ESCURIOLA 15:03:59 (ESP)
6. マニカラ・ライ / Manikala RAI 15:17:30 (NEP)
7. アマンディーヌ・ゲルドー / Amandine GUERDOUX 15:18:38 (FRA)
8. ソニア・グレーリー / Sonia GLAREY 15:28:11 (ITA)
9. エリザベット・ベルトラン / Elisabet BERTRAN 15:57:15 (ESP)
10. メレディス・エドワーズ / Meredith EDWARDS 16:00:38 (USA)

  • 32. 今泉奈緒美 / 19:40:14 (JPN) 06:45:21 JPN (Japon)
Sponsored link