【第三ステージ】6.6kmのタイムトライアルもレミ・ボネ、ニアンケ・ブリンクマンが首位、上田瑠偉は10位・Golden Trail Series Grand Final 2022 ダイジェスト Medeira Ocean&Trails

Golden Trail Series Grand Final」は北大西洋のマデイラ島(ポルトガル)で26日水曜日から30日日曜日の日程で開催中。その舞台となる「Madeira Ocean & Trails」は五日間にわたるステージレースです。三日目はカニサル CANIÇALで6.6km 350mD+のコースでタイムトライアル形式でレースが行われました。コースは島の北東の岬、São Lourençoの先端から戻ってくるかたちで、30秒おきに2人づつスタートします。他のステージより距離が短いことから獲得ポイントも他の四つのステージの半分となります。

(写真・上田瑠偉(右)がステージ3のタイムトライアルを激走。Photo by Madeira Ocean & Trail / GTS / Jordi Saragossa)

Sponsored link


このレースを制したのはエルハウジン・エラザウィ Elhousine ELAZZAOUI (MAR) でした。初日はレミ・ボネ Rémi Bonnet (SUI) のあとを一人ついて行き2位となりましたが、翌日の第二ステージは暑さに負けて50位台。復活したエラザウィはGolden Trail Seriesで初めての勝利です。2位はレミ・ボネ、3位はペトロ・マム Petro MAMU (KEN) でした。

ステージ3を制したエルハウジン・エラザウィ。photo by Golden Trail Series / Madeira Ocean&Trails / Jordi Saragossa ステージ3を制したエルハウジン・エラザウィ。photo by Golden Trail Series / Madeira Ocean&Trails / Jordi Saragossa

シリーズ6戦のポイントランキングで上位30人のみが招待されるこのエリートレースに日本からただ1人参戦している上田瑠偉 Ruy UEDAは10位。途中に設けられた「クライム」セクションのタイムでは3位となり。第一ステージに続いて賞金を獲得しました。

女子は前日に続いてニアンケ・ブリンクマン Nienke BRINKMAN (NED)が圧勝、第二ステージを見送ってリカバリーを優先したアリー・マクラフリン Allie McLaughlin (USA)がトップに1分差で2位でした。3位はアメリカのクロスカントリースキーのエリートアスリート、ソフィア・ラウクリSophia LAUKLI (USA)でした。

ニアンケ・ブリンクマン。photo by Golden Trail Series / Madeira Ocean&Trails / Jordi Saragossa ニアンケ・ブリンクマン。photo by Golden Trail Series / Madeira Ocean&Trails / Jordi Saragossa

GTNS Japanで男女それぞれトップ3に入った6人の選手はオープンカテゴリーに参加。女子は長野安那 Anna NAGANO が20位、澤田由紀子 Yukiko SAWADA が24位、尾藤朋美 Tomomi BITOH が29位、。男子は小笠原光研 Koken OGASAWARA が4位、甲斐大貴 Hiroki KAIが20位、吉野大和 Yamato YOSHINOが22位。団体戦では前日と同じ5位をキープしています。

これも読む
DC Weekly 2021年11月29日 TAMBA100、Ultra-Trail Cape Town、Saintelyon、鹿島槍、大歩危国見山

この記事の目次はこちらから

リザルト

リザルトの速報サイトはこちら。2022年のシリーズランキングのアップデートはこちら

ステージ3

男子

  1. エルハウジン・エラザウィ Elhousine ELAZZAOUI (MAR – PINI MOUNTAIN RACING) 00:24:54.610 (+50 pts)
  2. レミ・ボネ Rémi BONNET (CHE – SALOMON/RED BULL): 00:25:32.290 (+44 pts)
  3. ペトロ・マム Petro MAMU (ERI, SCARPA) 00:26:02.163 (+39 pts)
  4. マヌエル・インナーホーファー Manuel INNERHOFER (AUT – SALOMON): 00:26:36 (+36 pts)
  5. ティボー・バロニアン Thibaut BARONIAN (FRA – SALOMON): 00:26:38 (+34 pts)

女子

  1. ニアンケ・ブリンクマン Nienke BRINKMAN (NLD – NIKE TRAIL): 00:30:16 (+50 pts)
  2. アリー・マクラフリン Allie MCLAUGHLIN (USA): 00:31:15 (+ 44 pts)
  3. ソフィア・ラウクリSophia LAUKLI (USA – SALOMON): 00:31:36 (+ 39 pts)
  4. サラ・アロンソ Sara ALONSO (ESP – SALOMON): 00:32:06 (+36 pts)
  5. フィリアリーズ・キサン Philiaries KISANG (KEN – DAUDIN / ON RUNNING): 00:32:27 (+34 pts)
これも読む
IZU TRAIL Journey 伊豆トレイルジャーニー 2020 プレビュー

ランキング(シリーズ6戦とグランドファイナルのポイントの合計)

男子

  1. レミ・ボネ RÉMI BONNET (CHE – SALOMON/RED BULL): 768 pts
  2. ティボー・バロニアン THIBAUT BARONIAN (FRA – SALOMON): 574 pts
  3. エルハウジン・エラザウィ ELHOUSINE ELAZZAOUI (MAR – PINI MOUNTAIN RACING): 544 pts
  4. 上田瑠偉 RUY UEDA (JAP – RED BULL): 536 pts
  5. エリ・ヘミング ELI HEMMING (USA): 528 pts

女子

  1. ニアンケ・ブリンクマン NIENKE BRINKMAN (NLD – NIKE TRAIL): 838 pts
  2. サラ・アロンソ SARA ALONSO (ESP – SALOMON): 658 pts
  3. ソフィア・ラウクリ SOPHIA LAUKLI (USA – SALOMON): 643 pts
  4. ケイトリン・フィールダー CAITLIN FIELDER (NZL – SALOMON): 568 pts
  5. エリゼ・ポンセ ÉLISE PONCET (FRA – SIDAS X MATRYX): 568 pts

大会期間中に各ステージの振り返りと日本から参加のアスリートとのインタビューをポットキャストでお送りします。

当サイト、DogsorCaravanでは日本からスタッフとしてこのグランドファイナルの行われているマデイラ島に滞在中のサロモン・中村匡さんと一緒に、毎日のレース終了後にポッドキャストを収録。その中で日本から参加しているアスリートとのインタビューもお届けします。ポッドキャストは日本時間の早朝に配信します。

小笠原光研さん・尾藤朋美さんインタビュー・Medeira Ocean & Trails・ステージ3 【Golden Trail Special part 4】

長野安那さんインタビュー・Medeira Ocean & Trails・ステージ2 【Golden Trail Special part 3】

これも読む
DC Weekly 2020年11月18日 - 山本健一「甲斐国」完走、びわ湖バレイスカイラン/動画版では「キリアンが24時間走の驚き」

くれいじーかろこと甲斐大貴さんインタビュー・Golden Trail Series Grand Final・開幕初日のステージ1はどんなレース? 【Golden Trail Special part 2】

まもなく開幕、Golden Trail Series Grand Final・澤田由紀子さんインタビュー 【Golden Trail Special part 1】

「Golden Trail Series Grand Final」の開催中は毎日現地時間午後8時(日本時間翌日午前4時)からその日のレースのハイライトと選手のインタビューを配信する「GTWS SHOW」が、ゴールデントレイルシリーズのウェブサイトで配信されます。

Sponsored link