#GoldenTrailChampionship 第四戦を終えて閉幕、吉住、近江の両選手も健闘【第四日】

11月1日日曜日はGolden Trail Championshipの最終日。アソーレス諸島(ポルトガル)ファイアル島の天候は引き続き厳しく、カペリニョス山のカルデラ付近の強風と濃霧を避けるためコースは一部変更され、距離34.0km・累積獲得高度1,488mD+となりました。テクニカルなセクションが減った第四ステージのレースはジム・ウォルムズレー Jim Walmsleyレイチェル・ドレイク Rachel Drakeと男女ともにアメリカのアスリートがトップを勝ち取りました。4つのステージの累計タイムでは男女ともに前日までの首位で第四ステージで2位となったバルトロミエジ・プレジェドボスキ Bartlomiej Przedwojewski(ポーランド)とモード・マシス Maude Mathys (スイス)が優勝という結果になりました。日本の近江竜之介 Ohmi Ryunosukeは第四ステージのスプリントセグメントで5位と活躍、レース全体では男子41位(全4ステージ累計で41位)に。吉住友里 Yoshizumi Yuriはこの日のレースでトップ20入りの女子19位、4ステージ累計では24位と順位を上げて最終日を終えました。

最終日の吉住友里選手。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Jordi Saragossa ®︎@jsaragossa-GTCAzores-stage4_JSA7770

最終日の吉住友里選手。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Jordi Saragossa ®︎@jsaragossa-GTCAzores-stage4_JSA7770

最終日の近江竜之介選手。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Philipp Reiter ®︎PhilippReiter-GTCAzores-stage4-102

最終日の近江竜之介選手。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Philipp Reiter ®︎PhilippReiter-GTCAzores-stage4-102

(写真・最終日を終えてアワードセレモニー。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Mickael Mussard ®︎GTC Stage 4-201101(c)MickaelMussard-00054)

Sponsored link


この日はジム・ウォルムズレーがそのスピードで男子のレースを終始引っ張り、バルトロミエジ・プレジェドボスキがそのあとを追う展開となりました。ウォルムズレーは「バート(プレジェドボスキ)は何度引き離しても必ず追いついてくる。山の上の霧で周りが見えないところでこっそり差を広げても、木の根っこでテクニカルな下りになると差を詰めてくる。今日はなんとか勝てたよ。」と振り返りました。2人の差は1分47秒でした。3位はフレデリク・トランシャン Frédéric Tranchand(フランス)でした。

男子のレースのスタート。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Philipp Reiter ®︎PhilippReiter-GTCAzores-stage4-41

男子のレースのスタート。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Philipp Reiter ®︎PhilippReiter-GTCAzores-stage4-41

第四ステージで優勝のジム・ウォルムズレー。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Philipp Reiter ®︎PhilippReiter-GTCAzores-stage4-200

第四ステージで優勝のジム・ウォルムズレー。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Philipp Reiter ®︎PhilippReiter-GTCAzores-stage4-200

女子のレースはレイチェル・ドレイクとモード・マシスの2人がリードする展開に。「最初の二日間はあまり無理をしないように、後半の二日間は思い切り出し切るつもり」だったというドレイクはコース終盤に入って一気にペースを上げてマシスを引き離してそのままフィニッシュ。2位のマシスに2分差をつけての勝利でした。ブランディーヌ・リロンデル Blandine L’Hirondel (フランス)が3位となり、シリーズ4日間の合計タイムでもトーブ・アレクサンデルソン Tove Alexandersson(スウェーデン)を上回ってトップ3に入りました。

レース序盤のモード・マシス(手前)とレイチェル・ドレイク。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Philipp Reiter ®︎PhilippReiter-GTCAzores-stage4-118

レース序盤のモード・マシス(手前)とレイチェル・ドレイク。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Philipp Reiter ®︎PhilippReiter-GTCAzores-stage4-118

レイチェル・ドレイク。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Martina Valmassoi ®︎Credit.MartinaValmassoi.-_DSC9791GTCAzores4

レイチェル・ドレイク。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Martina Valmassoi ®︎Credit.MartinaValmassoi.-_DSC9791GTCAzores4

各セグメントでは昨日までの累計タイムトップの選手がいずれも全シリーズ累計のセグメントチャンピオンの座を守りました。クライムではレミ・ボネ Rémi Bonnet(スイス)がこの日もその強さを発揮。女子はイリス・パッセー Iris Pessey(フランス)が第四ステージのリーダーに、しかしシリーズ累計ではマシスが首位を守りました。ダウンヒルではアナ・シュファー Ana Cufer(スロベニア)とアンダース・キャラビック Anders Kjærevik(ノルウェー)、スプリントはジセラ・カリオン Gisela Carrion(スペイン)、テオ・デティエンヌ Théo Détienne(フランス)が第四ステージ、シリーズ累計ともにトップとなりました。男子のスプリントではデティエンヌと累計タイムで2番手だったアンドレウ・ブレーンス Andreu Blanes Reig(スペイン)がコース上で直接対決する一幕がありました。2人は今回はもっぱらスプリントセグメントでの勝負に賭けることになり、ブレーンスは第二ウェーブでのスタート。デティエンヌはグリーンビブのため第一ウェーブで先にスタートしましたが、中盤に設けられたスプリントセグメントまでは落ち着いたペースでウォームアップ。そしてブレーンスがセグメントの始点に到着するのを待ち、2人で同時にスタート。勝負は2秒差でブレーンスの勝ちでしたが、累計タイムでは前日までに8秒をリードしていたデティエンヌがトップを守りました。

アワードセレモニーでの各セグメントの勝者の皆さん。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Mickael Mussard ®︎GTC Stage 4-201101(c)Mickael_Mussard-00049

アワードセレモニーでの各セグメントの勝者の皆さん。Photo: ©︎GoldenTrailSeries ®︎Azores Trail Run ©Mickael Mussard ®︎GTC Stage 4-201101(c)Mickael_Mussard-00049

新型コロナウィルスにより、世界から選手が集まるレースが相次いで中止となる中で行われたのが今回のGolden Trail Championshipでした。開催されたとはいえ、どの選手もアソーレスにやってくるのには苦労があったことでしょう。男子優勝のバルトロミエジ・プレジェドボスキ Bartlomiej Przedwojewskiは1993年生まれの27歳。2018年のGolden Trail Series最終戦のAfrican Otter Trail Runで優勝して以来、世界のトップ選手の一人として注目を集めるようになりました。モード・マシス Maude Mathysは1987年生まれの33歳。昨年はSierra-Zinal、Pikes Peakで優勝、今年のタイムトライアル形式のSierra-Zinalでも首位でした。

これも読む
DC Weekly 2020年6月17日 - スカイランニングでレース再開、アメリカでレース再開、マウンテンランニングの最優秀選手

この記事の目次はこちらから

Golden Trail 第四ステージ

リザルト全体はこちらから。

Scratch

男子

  1. JIM WALMSLEY () TEAM : 02:43:43.947
  2. BARTLOMIEJ PRZEDWOJEWSKI (PL) TEAM SALOMON 02:45:30.180
  3. FREDERIC TRANCHAND (FR) TEAM Nvii SPORT: 02:49:35.140
  4. STIAN ANGERMUND (NOR) TEAM SALOMON: 02:52:44.363
  5. ELHOUSINE ELAZZAOUI (MAR) TEAM SALOMON: 02:52:44.367

41位 近江竜之介 Ohmi Ryunosuke (JPN) ADIDAS TERREX: 03:32:05.987

女子

  1. RACHEL DRAKE (USA) TEAM NIKE TRAIL: 03:15:44.517
  2. MAUDE MATHYS (CH) TEAM SALOMON: 03:17:15.483
  3. BLANDINE L’HIRONDEL (FR): 03:20:57.447
  4. JOHANNA ÅSTRÖM (SW) TEAM ARC’TERYX: 03:23:43.170
  5. MARCELA VASINOVA (CZ) TEAM DYNAFIT: 03:25:05.157
これも読む
これからもバーチャルイベントは続く!Thailand by UTMB®︎開催に合わせてUTMB®︎ for the Planetがバーチャルイベントを開催

19位 吉住友里 Yoshizumi Yuri (JP) Springs Inc: 03:49:44.153

Climb Ranking

男子

  1. REMI BONNET (CH) TEAM SALOMON: 00:08:18.843
  2. ANTONIO MARTINEZ (ESP) PRO TEAM: 00:08:39.316
  3. JIM WALMSLEY (USA) TEAM HOKA ONE ONE: 00:09:16.247
  4. FRANCESCO PUPPI (IT) TEAM NIKE TRAIL: 00:09:28.957
  5. ORIOL CARDONA COLL (ESP) TEAM DYNAFIT: 00:09:48.867

40位 近江竜之介 Ohmi Ryunosuke (JPN) ADIDAS TERREX: 00:11:47.996

女子

  1. IRIS PESSEY (FR) TEAM SCOTT: 00:10:04.824
  2. SARA WILLHOIT (GB) TEAM MERCIA FELL RUNNERS: 00:10:22.220
  3. MAUDE MATHYS (CH) TEAM SALOMON: 00:10:40.150
  4. RACHEL DRAKE (USA) TEAM NIKE TRAIL: 00:11:16.524
  5. (NZ) TEAM SCOTT: 00:11:49.120

23位 吉住友里 Yoshizumi Yuri (JPN) Mt. Fuji Springs Inc: 00:13:27.900

Downhill Ranking

男子

  1. ANDERS KJÆREVIK (NOR) TEAM BERGEN RUNNING: 00:03:08.660
  2. DARIO MOITOSO (POR) AZORES TRAIL RUN PRO TEAM: 00:03:20.104
  3. ANTONIO MARTINEZ (ESP) BUFF PRO TEAM: 00:03:24.964
  4. ORIOL CARDONA COLL (ESP) TEAM DYNAFIT: 00:03:27.983
  5. JOHN LUNA-LIMA (USA) TEAM ASCENT PROTEIN: 00:03:33.586
これも読む
大会は中止に・2020年ウルトラトレイル・マウントフジ Ultra-Trail Mt. Fuji、新型コロナウィルスの感染拡大のため

62位 近江竜之介 Ohmi Ryunosuke (JP) ADIDAS TERREX: 00:05:25.643

女子

  1. ANA CUFER (SLO) TEAM SALOMON: 00:03:28.320
  2. TOVE ALEXANDERSSON (SW) TEAM ICEBUG: 00:03:39.970
  3. RUTH CROFT (NZ) TEAM SCOTT: 00:04:13.340
  4. FANNY BORGSTRÖM (SW) TEAM SALOMON: 00:04:16.020
  5. RACHEL DRAKE (USA) TEAM NIKE TRAIL: 0:04:28.107

23位 吉住友里 Yoshizumi Yuri (JPN) Mt. Fuji Springs Inc: 00:05:14.363

Sprint Ranking

男子

  1. ANDREU BLANES REIG (ESP) TEAM CARNICAS SERRANO: 00:04:40.094
  2. THEO DETIENNE (FR) TEAM SALOMON: 00:04:42.140
  3. DAVID PELÍSK (CZ) TEAM AK OLOMOUC: 00:05:32.284
  4. ANTHONY BOUCARD (FR): 00:05:36.047
  5. 近江竜之介 OMI RYUNOSUKE (JP) TEAM ADIDAS TERREX: 00:05:41.706

女子

  1. GISELA CARRION (ESP) TEAM : 00:05:53.684
  2. SARA WILLHOIT (GB) TEAM MERCIA FELL RUNNERS: 00:06:28.654
  3. RUTH CROFT (NZ) TEAM SCOTT: 00:06:30.697
  4. MAUDE MATHYS (CH) TEAM SALOMON: 00:06:41.430
  5. JOHANNA ÅSTRÖM (SW) TEAM ARC’TERYX: 00:06:45.830

19位 吉住友里 Yoshizumi Yuri (JP) Mt. Fuji Springs Inc: 00:07:35.730

Golden Trail Championship 全四ステージの累計タイム

リザルト全体はこちらから。

Overall Ranking

男子

  1. BART PRZEDWOJEWSKI (PL) TEAM SALOMON: 09:10:10.653
  2. JIM WALMSLEY (USA) TEAM HOKA ONE ONE: 09:17:18.754
  3. FREDERIC TRANCHAND (FR) TEAM Nvii SPORT: 09:26:32.603
  4. ELHOUSINE ELAZZAOUI (MAR) TEAM SALOMON: 09:28:46.571
  5. STIAN ANGERMUND (NOR) TEAM SALOMON: 09:29:05.443
これも読む
#GoldenTrailChampionship が開幕、初日はウェット&マディなコンディションの24kmで男女ともにオリエンティアがトップに【第一日】

41位 近江竜之介 Ohmi Ryunosuke (JPN) ADIDAS TERREX: 11:39:27.203

女子

  1. MAUDE MATHYS (CH) TEAM SALOMON: 10:47:41.843
  2. RACHEL DRAKE (USA) TEAM NIKE TRAIL: 10:56:53.618
  3. BLANDINE L’HIRONDEL (FR): 11:02:42.441
  4. TOVE ALEXANDERSSON (SW) TEAM ICEBUG: 11:06:43.154
  5. JOHANNA ÅSTRÖM (SW) TEAM ARC’TERYX: 11:26:04.864

24位 吉住友里 Yoshizumi Yuri (JP) Mt. Fuji Springs Inc: 13:01:47.324

Climb Ranking

男子

  1. REMI BONNET (CH) TEAM SALOMON: 01:27:39.232
  2. JIM WALMSLEY (USA) TEAM HOKA ONE ONE: 01:29:32.492
  3. BART PRZEDWOJEWSKI (PL) TEAM SALOMON: 01:30:59.793
  4. STIAN ANGERMUND (NOR) TEAM SALOMON: 01:33:41.844
  5. FRANCESCO PUPPI (IT) TEAM NIKE TRAIL: 01:33:48.001

43位 近江竜之介 Ohmi Ryunosuke (JPN) ADIDAS TERREX: 01:58:58.011

女子

  1. MAUDE MATHYS (CH) TEAM SALOMON: 01:46:07.871
  2. IRIS PESSEY (FR) TEAM SCOTT: 01:48:50.569
  3. RACHEL DRAKE (USA) TEAM NIKE TRAIL: 01:51:12.993
  4. BLANDINE L’HIRONDEL (FR): 01:54:01.820
  5. TOVE ALEXANDERSSON (SW) TEAM ICEBUG: 01:57:13.274

26位 吉住友里 Yoshizumi Yuri (JPN) Mt. Fuji Springs Inc: 02:14:15.379

これも読む
IZU TRAIL Journey 伊豆トレイルジャーニー 2018 プレビュー

Downhill Ranking

男子

  1. ANDERS KJÆREVIK (NOR) TEAM BERGEN RUNNING: 00:21:56.66
  2. JOHN LUNA-LIMA (USA) TEAM ASCENT PROTEIN: 00:24:06.855
  3. BART PRZEDWOJEWSKI (PL) TEAM SALOMON: 00:24:11.373
  4. ANTONIO MARTINEZ (ESP) BUFF PRO TEAM: 00:24:35.789
  5. FREDERIC TRANCHAND (FR) TEAM Nvii SPORT: 00:24:49.242

45位 近江竜之介 Ohmi Ryunosuke (JP) ADIDAS TERREX: 00:31:05.335

女子

  1. ANA CUFER (SLO) TEAM SALOMON: 00:25:35.506
  2. TOVE ALEXANDERSSON (SW) TEAM ICEBUG: 00:26:37.138
  3. BLANDINE L’HIRONDEL (FRA): 00:29:08.000
  4. RACHEL DRAKE (USA) TEAM NIKE TRAIL: 00:29:36.993
  5. JOHANNA ÅSTRÖM (SW) TEAM ARC’TERYX: 00:29:50.474

27位 吉住友里 Yoshizumi Yuri (JPN) Mt. Fuji Springs Inc: 00:35:36.789

Sprint Ranking

男子

  1. THEO DETIENNE (FR) TEAM SALOMON: 00:26:32.106
  2. ANDREU BLANES REIG (SP) TEAM CARNICAS SERRANO: 00:26:38.274
  3. BART PRZEDWOJEWSKI (PL) TEAM SALOMON: 00:30:24.715
  4. ELHOUSINE ELAZZAOUI (MAR) TEAM SALOMON: 00:30:42.486
  5. FREDERIC TRANCHAND (FR) TEAM Nvii SPORT: 00:30:55.671

44位 近江竜之介 Ohmi Ryunosuke (JPN) ADIDAS TERREX: 00:37:40.260

女子

  1. GISELA CARRION (SP) TEAM LA SPORTIVA: 00:34:13.371
  2. MAUDE MATHYS (CH) TEAM SALOMON: 00:35:17.166
  3. BLANDINE L’HIRONDEL (FR): 00:35:24.293
  4. TOVE ALEXANDERSSON (SW) TEAM ICEBUG: 00:36:26.842
  5. RACHEL DRAKE (USA) TEAM NIKE TRAIL: 00:36:32.423

20位 吉住友里 Yoshizumi Yuri (JPN) Mt. Fuji Springs Inc: 00:40:41.519

Golden Trail Championship 2020の日程

  • 第1ステージ:24.1 km – 1 073 m D+、10月29日木曜日午前9時(日本時間同日午後7時)スタート
  • 第2ステージ:24.5 km – 1 158 m D+、10月30日金曜日午前9時(日本時間同日午後7時)スタート
  • 第3ステージ:30.8 km – 2 426 m D+から代替コースの30.9km 1,453mD+に変更、10月31日土曜日午前9時(日本時間同日午後7時)スタート
  • 第4ステージ:34.0 km – 1 488 m D+、11月1日日曜日午前9時(日本時間同日午後7時)スタート
Sponsored link